300件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2020-12-18 令和 2年12月18日広域観光交流促進調査特別委員会−12月18日-01号

まず今後どうしていくのかというところになりますが、やはり先ほどの課長のお話のとおり、今コロナ禍ということで、まず飲食、観光業宿泊業の皆さんの支援というものがメインになっていくだろうと、今もやっていますが、しばらくはこの様相になると思っています。それから、既に動かれていますが、新しい観光スタイルの確立ということで、これが今後の一つの軸になっていく感じがしています。

胎内市議会 2020-12-18 12月18日-03号

しかしながら、コロナウイルス感染拡大現状を見ますと、この年末年始も飲食においてはかなり冷え込みが予想されますことから、実施中の飲食券事業によりその減収が低く抑えられることを願っている次第ではございますけれども、今ほど申し上げましたことから、状況を注視して、年明けからさらに何らかの新しい方策等も視野に入れておく必要はあろうかと認識している現状にございます。  

五泉市議会 2020-12-18 12月18日-委員長報告、討論、採決-03号

ただ、やはり県からもらった事業者を、飲食関係ですよね、こういったところをやはり、20万円に満たないような方々も大勢いらっしゃると思いますんで、ぜひともその辺り後に勘案していただいて、その方たちも、実際に今新型コロナ拡大している状況ですので、3密対策もっと十全にできるような補助制度をつくっていただきたいというところをしまして、あとは一人親世帯補助金、これは国の制度ですけれども、やはりしっかりと漏れがないようにちゃんとしっかりと

新発田市議会 2020-12-16 令和 2年12月定例会−12月16日-04号

間違いなく言えることは、我々が中心的に支援をさせていただいている飲食、宿泊業が一番厳しい状況と考えている。それに伴う食材等納入業者影響が出ている。一方で、小売製造業者においては、巣籠もり需要等々もあり、売上げが増えているところもある。流通業全般飲食宿泊小売も含めて全体的に停滞していることは承知している。

阿賀町議会 2020-12-16 12月16日-02号

本町におきましても、観光飲食をはじめとし、幅広い業種において売上げの低迷により、大幅な減収が予想されます。これまでにも、緊急経済対策として各種事業者への事業継続支援経済活性化を目的としました支援や取組を行ってまいりましたが、依然として終息の見通しのない感染症拡大により、今後もより一層の厳しさを増すものと感じているところでございます。 

十日町市議会 2020-12-14 12月14日-委員長報告、質疑、採決-05号

当市では、関係者の懸命なご努力により幸いにも直接の感染者は出ておりませんが、製造業観光飲食中心に大きな打撃を受け、経済も逼迫しております。  2つ目は、新潟県が発表した令和2年10月1日現在の当市の推計人口は4万9,791人と初めて5万人の大台を割りました。今朝のニュースでは、来年上半期6か月間の出産予定者の数が地方では前年比37%減少していると衝撃的な報道をしております。

柏崎市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会議(第32回会議12月14日)

業種別では、製造業が1万4,929人で最も多く、続いて、飲食が1万732人、小売業で初めて1万人を超えたとも報道されております。年末に向けて、中小企業などの経営は、一段と厳しく、解雇、雇い止めが増加することも、各種報道がされておるとおりであります。  一方で、自殺者の増加であります。

新潟市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会本会議−12月10日-04号

このように、新型コロナウイルス感染症による経営状況の悪化は、飲食に限らず様々な業種影響していることから、飲食固定費に対してのみ支援を行うことは難しいと考えていますが、引き続き、地元飲食店地域交流応援事業などの本市事業や国の事業実施状況を見ながら研究していきたいと思います。                

新潟市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会本会議-12月09日-03号

1、飲食支援についてであります。  新型コロナウイルス新規感染者数重症者数が過去最多となり、重症者向け病床はもとより、軽症・中等症病床も逼迫しています。ベッドの数だけでなく、人員が確保され実際に運用できる病床数を見たときに、強い危機感を抱くとともに、医療崩壊が目前に迫っていると危惧します。  

新潟市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会本会議−12月08日-02号

(2)、コロナ禍の中での経済対策観光宿泊飲食への支援効果の振り返りとこれからの対策はどうかであります。  本年年明けからコロナ禍が始まり、観光宿泊飲食の急激な客離れとなり、本市も的確な支援として、岩室温泉への1人5,000円の補助を打ち出したことは高く評価されるものであります。そのほか多くの支援策を行ってきましたが、振り返りとこれからの支援策及び対策を聞かせてください。

十日町市議会 2020-12-07 12月07日-市政に対する一般質問-02号

ますと3月はマイナスの0.07ポイント、4月は0.18ポイント、5月が0.27ポイントのマイナス、6月が0.36ポイントのマイナス、7月が0.35ポイントのマイナス、8月が0.44ポイントのマイナス、9月がまた0.45ポイントのマイナス、10月が前年同月比0.37ポイントのマイナスということで、有効求人倍率だけ見ると昨年度よりもよくない状況なのかなというふうに思いますし、私個人の実感としても、特に飲食

新潟市議会 2020-12-02 令和 2年12月定例会本会議−12月02日-目次

(2) コロナ禍の中での経済対策観光宿泊飲食への支援効果の振り返りとこれからの      対策はどうか。     (3) 次年度予算事業内容について      ア 次年度予測される予算はどうか。削減は考えているのか。      イ 事業見直しはどう予測されるか。     (4) 急がれる拠点化についての振り返りとこれからはどうか。