運営者 Bitlet 姉妹サービス
2383件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-26 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第8日 3月26日) また、この条例は、森を守る力が低下してきている中で、市民・行政・事業者の力を結集して森を守り、次の世代に伝えていこうという思いを大きく捉え明文化し、他の関係法令と連動させて実現しようとするものであり、この理念は事業等実行性を伴う前提として力を発揮し育っていくことが大事なので、いろんな分野で事業が展開するよう努力するとの答弁でありました。   もっと読む
2019-03-11 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第5日 3月11日) ○生活文化部次長兼関支所長(青木正彦君)(登壇)  美し国三重市町対抗駅伝大会につきましては、平成20年の初開催から本年で第12回を迎えたもので、県内のスポーツの推進を図るため、ジュニア世代の発掘・育成と、全ての県民の意識の高揚、また、各市町の活性化や交流、連携を目的として毎年開催され、県内29市町の対抗で行う駅伝大会でございます。   もっと読む
2019-03-08 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第4日 3月 8日) そのことによりまして、源流域の自然環境等を大切する心の醸成を図るとともに、その自然環境と歴史的資源に愛着と誇りを感じていただき、これらの自然環境等を守って、次の世代に継承していく必要のある大切なものであることを広めてまいりたいと考えておるところでございます。 ○議長(小坂直親君)  豊田議員。 もっと読む
2019-03-07 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第3日 3月 7日) つまり、市の北東部で子育て世代向けの宅地開発が進んで、中心市街地では人口が減少していると、こういう市街地の拡散に歯どめがかかっていないということを言っているわけです。  そこでまず、市街地の拡散に歯どめをかけるために、このマスタープランではどのような手だて、対策を講じられているのか、お聞きしたいと思います。 ○議長(小坂直親君)  16番 服部孝規議員の質疑に対する答弁を求めます。   もっと読む
2019-03-06 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第2日 3月 6日) ご案内の、例えば全ての団塊世代の皆さんが75歳を迎えられる2025年問題は遠い先の話ではなくて、今まさに私たちの目の前の問題であります。また、医療や介護の需要の増加への対応は急務であるとともに、市民の幸福実感が向上する持続可能な社会の実現が望まれております。   もっと読む
2019-03-01 名張市議会 平成31年第384回( 3月)定例会 これらの中、平成31年度一般会計予算は、国におきまして全世代型社会保障制度の設立に向け、消費税率引き上げを初めとする各種税制改正や幼児教育、保育の無償化などの取り組みが予想されており、当市財政に及ぼす影響が不透明である中、扶助費や繰出金の増大が見込めるなど厳しい予算編成となったとの報告を受けました。  もっと読む
2019-02-25 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日) このような中、国においては、防災・減災対策による国土強靱化や生涯現役社会を目指した雇用制度改革、全世代型の社会保障制度改革などにより、少子・高齢化、激動する国際情勢に真正面から立ち向かうとしております。 もっと読む
2019-02-18 志摩市議会 平成31年全員協議会( 2月18日) この間、新聞にも載っておりましたけども、そういうふうな若い世代に真珠というものを身近に感じてもらうと。それはいいとは思うんですけど、じゃあ、これをして、今からただ協定を結んで、ただそれだけですということであっては、パフォーマンスにしか受け取れません。じゃあ、どうやって生かしていくのか。 もっと読む
2019-02-12 志摩市議会 平成31年第1回臨時会(第1号 2月12日) 市内の志摩高校、水産高校とも協働し、志摩の真珠の魅力づくりに若い世代が参画することで盛り上げ、志摩の真珠の魅力をPRしていくということであります。  「志摩と真珠~次世代へのメッセージ~」と題したシンポジウムにおきましては、次代を担う若い世代に向けて、現在から今後の取り組みの期待を込め、メッセージを送り、志摩の真珠にまつわる産業とそのPR、発展などについての意見交換を行います。 もっと読む
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 続いて、多少年度は違いますが、小学校1学級の学生数は2016年度桑名市全体平均で27.4人、OECD加盟国平均で21.2人、多度地区で21.2人、これはWHOの勧告、最も教育効果が高いと実証されている16人以下に近づいているのですが、小・中一貫教育校をつくると約35人に、先進地と言われる品川区では40人学級となり、半世紀以上も教育環境が逆行、悪化し、次の世代を担う子や先生方にツケを回すことになるのですが もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 議員御質問の空き家バンクの活用につきましては、本市から若い世代が流出しないよう、また、本市に若い世代を迎え入れられるよう市の魅力を発信していくことが空き家化の予防の促進には不可欠であると考えておりますことから、その手段の一つとして、今年、平成30年9月から全国版空き家バンクへの登録の運用を開始しております。 もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 持続可能な社会につきましては、現在、世界的な課題になっておりますけれども、大きな定義といたしましては、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会と認識しております。 もっと読む
2018-12-21 志摩市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月21日) 志摩市民の所得がふえ、市民から生活が楽になったとの声が聞かれればまだしも、現状では、まだまだ職員と市民との給与格差はあり、また、この格差は、特に子育て世代に広がっているように私は感じております。このような状況下で、人事院からの給与勧告に基づき、職員の給与を増額することなど、私には到底理解できません。  また、この補正予算には、災害時における職員の時間外勤務手当の増額も含まれています。 もっと読む
2018-12-19 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-12-19 この消費税増税の目的は、全世代型の社会保障制度への転換と財政健全化を同時に進めていくというもので、あらゆる施策を総動員して経済に影響を及ぼさないよう全力で対応するとしております。増税で得た税収の半分は子育て世代への支援を充実させるために使い、残りは政府の借金返済に充てるとしております。今後は景気に影響が出ないよう、政府の取り組みに注視していきたいと考えております。   もっと読む
2018-12-14 伊賀市議会 平成30年教育民生常任委員会(12月14日) 諦めてるわけではないんですけども、いろんな情報を得ながら、また事業者さんのお考えとか、状況も聞かせてもらいながら、今の世代ちゅうんか、若い世代にもターゲット当てて、進めていかなければならないなと。実績は上がってきておりませんけども、そのようにちょっと考えております。 もっと読む
2018-12-13 亀山市議会 平成30年12月定例会(第5日12月13日) また、若い世代や次世代の子供たちにリニアを身近に感じていただけるよう、例えばSNSなどの手段を用いながら情報提供、発信の充実に努めてまいりたいと考えているところでございます。 ○議長(小坂直親君)  森議員。 ○3番(森 英之君)(登壇)  ありがとうございます。   もっと読む
2018-12-12 亀山市議会 平成30年12月定例会(第4日12月12日) それでは、この高齢化を迎えた井田川地区の再生ということで、そのエリアに求められる実現目標の中に、多世代循環型コミュニティ形成という言葉が、これが目標なんですね、実現目標。では、この多世代循環型コミュニティ形成とはどんなイメージなのか、お示しをいただきたいと思います。 ○議長(小坂直親君)  草川参事。 もっと読む
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) その中で、世代ごとに関心のある情報、あるいは広報紙の情報量、発行回数、読みやすさに関すること、こういったことを、また世代別に現在、情報を得るのに利用している情報媒体、こういったこともそういう設問を設定して調査する予定でございまして、この中でこうしたアンケートをいただいた上で、再度わかりやすい広報とするための方法を検討してまいりたい。こういうふうに思っております。 ○議長(岩田佐俊君)  安本君。 もっと読む
2018-12-06 志摩市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日) 今回も、志摩市の未来を見据え、未来を担う世代に対して責任のとれる行政運営を行うことを目的とし、質問していきます。今回の一般質問においても、本質の議論でよろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) じゃ何で人件費がどんどん上がっていってるのとなったときに、これは団塊の世代のジュニアの方々、私より少し上の世代の方々が役職につかれると。そういった方々が役職につく手当が含まれてくるので、人件費がどんどん上がっていってるんです。ですから人件費が膨らんでいくのは仕方ないんです。 もっと読む