運営者 Bitlet 姉妹サービス
2539件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 続いて、多少年度は違いますが、小学校1学級の学生数は2016年度桑名市全体平均で27.4人、OECD加盟国平均で21.2人、多度地区で21.2人、これはWHOの勧告、最も教育効果が高いと実証されている16人以下に近づいているのですが、小・中一貫教育校をつくると約35人に、先進地と言われる品川区では40人学級となり、半世紀以上も教育環境が逆行、悪化し、次の世代を担う子や先生方にツケを回すことになるのですが もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 議員御質問の空き家バンクの活用につきましては、本市から若い世代が流出しないよう、また、本市に若い世代を迎え入れられるよう市の魅力を発信していくことが空き家化の予防の促進には不可欠であると考えておりますことから、その手段の一つとして、今年、平成30年9月から全国版空き家バンクへの登録の運用を開始しております。 もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 持続可能な社会につきましては、現在、世界的な課題になっておりますけれども、大きな定義といたしましては、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会と認識しております。 もっと読む
2018-12-19 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-12-19 この消費税増税の目的は、全世代型の社会保障制度への転換と財政健全化を同時に進めていくというもので、あらゆる施策を総動員して経済に影響を及ぼさないよう全力で対応するとしております。増税で得た税収の半分は子育て世代への支援を充実させるために使い、残りは政府の借金返済に充てるとしております。今後は景気に影響が出ないよう、政府の取り組みに注視していきたいと考えております。   もっと読む
2018-12-17 伊賀市議会 平成30年総務常任委員会(12月17日) これを受けまして国家公務員は世代間の給与配分の観点から若年層に重点を置いて、行政職俸給表については400円から1,500円の範囲で引き上げることとしております。二つ目に期末手当の支給率の変更についてでございますが、平成31年度以降においては6月期及び12月期の期末手当が均等になるように配分することといたしております。なお、こちらについては支給率の変更はございません。 もっと読む
2018-12-14 伊賀市議会 平成30年教育民生常任委員会(12月14日) 諦めてるわけではないんですけども、いろんな情報を得ながら、また事業者さんのお考えとか、状況も聞かせてもらいながら、今の世代ちゅうんか、若い世代にもターゲット当てて、進めていかなければならないなと。実績は上がってきておりませんけども、そのようにちょっと考えております。 もっと読む
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) その中で、世代ごとに関心のある情報、あるいは広報紙の情報量、発行回数、読みやすさに関すること、こういったことを、また世代別に現在、情報を得るのに利用している情報媒体、こういったこともそういう設問を設定して調査する予定でございまして、この中でこうしたアンケートをいただいた上で、再度わかりやすい広報とするための方法を検討してまいりたい。こういうふうに思っております。 ○議長(岩田佐俊君)  安本君。 もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) じゃ何で人件費がどんどん上がっていってるのとなったときに、これは団塊の世代のジュニアの方々、私より少し上の世代の方々が役職につかれると。そういった方々が役職につく手当が含まれてくるので、人件費がどんどん上がっていってるんです。ですから人件費が膨らんでいくのは仕方ないんです。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第3日) 本文 Suicaに代表される交通系ICカードやnanaco、WAONなど、ポイントシステムを連携させた電子マネーが浸透してきており、現金派が多いとされてきた日本の生活者にも若い世代を中心に変化が起こってきているのも事実であります。  資料ありがとうございました。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 やはり、子供たち、子育て世代を支援するという意味でも、こういう情報は市としてしっかりと流していただきたいなと思います。学童保育所というのは、社会的に必要がある福祉事業です。しっかりとその辺やっていただきたいなと、このように思います。  続きまして、中学校給食についてお聞きしたいと思います。  中学校給食について、中間報告が説明されました。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 (防災教育の推進) 第19条 市は、家庭、職場、地域等における自主的な防災活動が促進されるよう、  学校教育及び社会教育を通じ、あらゆる世代を対象として防災教育を推進し、防災  ・減災に関する知識の普及を図るものとする。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第7日) 本文 また、将来世代の負担軽減という観点から消費税を赤字国債の返済に活用することについても理解するところであり、貴重な財源の確保に向けて消費税の増税については国民に協力をお願いしていかなければならないと考えるため、本請願の採択に反対するとの意見がありました。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第4日) 本文 これ、話をさかのぼりますと、昭和30年代から昭和40年代にかけまして、青年団が急激に減少をして、今、青年団はほぼ消滅をしておりますが、そういった世代の、いわゆる青年団に入らなかった世代の人たちが高齢化をして、今、老人会にも入らない、こういった状況が生まれています。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文 こにゅうどうくんのこうした力を活用しまして、さまざまな世代、さまざまな立場の人へ、市内の人へは行政情報をわかりやすく伝えまして、市外の方へは四日市の地域資源のPRを変わらず今後も続けてまいりたいというふうに考えております。 もっと読む
2018-10-02 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2018-10-02 子育て世代も子供の問題も教育の問題もじいちゃん、ばあちゃんも全ての方が使えて多世代型交流できる施設、また、収益も何とか財源を、みずからが収益事業を行っていかないと、人口減になる特に2025年問題が叫ばれている今日、今日的課題として非常に重要な課題になってくると考え、私は公民館法を外していただくように訴えておりました。   もっと読む
2018-09-28 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第7日 9月28日) 子供たちや高齢者・障がい者・若者・子育て世代などの居場所と活動場所となる地域福祉の拠点、ふれあいプラザがなくなろうとしているのだから、ボランティア活動の支援も含めてここでやればいいと思います。 もっと読む
2018-09-27 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日) また、本年6月15日に閣議決定されました「経済財政運営と改革の基本方針2018」、いわゆる今年度の骨太の方針においても、世代を超えた貧困の連鎖を断ち切るため、一人親家庭の支援や子どもの学習支援、スクールカウンセラーなどによる教育相談の充実、配偶者暴力被害等、困難を抱えた女性への支援、無戸籍者を生じさせないための施策を推進する。 もっと読む
2018-09-22 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月22日) がおっしゃっていました導水管の一番大きいやつの問題については、これは貸借対照表を見ていただくとわかるんですが、百何十億だったと記憶しておりますが、これが一定期間に集中してすごく一遍に悪くなる可能性を感じてますので、今回も出していただいているのは長期の計画ですね、10年で出していただいてるんですけど、3年ぐらいでやっぱり毎年毎年見直していただいて、その中で料金の値上げ等も含めて考えていただいて、我々の世代 もっと読む
2018-09-21 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月21日) その中で、効果がということでございますけれども、サミットの中でも的矢湾からの漁業者のアマモ再生への取り組みが一旦活動休止していた部分もありましたのですが、このアマモサミットの開催に伴う関連行事の中で、地元の小中学生、高校生と連携して、アマモの造成を再開し、共同で作業するような中で、未来ある若い世代と一緒に海の環境づくりを考えるということは大切なことであり、すぐさまそのような結果が出るような取り組みではないのですけれども もっと読む
2018-09-20 伊賀市議会 平成30年教育民生常任委員会( 9月20日) ○委員(生中正嗣君)  私ら古い人間ですさかいに、団塊の世代ですから、私、小学校で55人一クラスでしたから、あんまりぴんとこないんです。それはともかく昨年から特に教職員の働き過ぎ、過重労働、それが社会問題になって、結局、国としても働き方改革、そういうことも提言かされたような記憶しているんですけどね。今、請願者は先生と思われるんですが、現実に昨年から比べて、働く時間とかそういうのどうですか。 もっと読む