京丹後市議会 > 2019-06-20 >
令和元年予算決算常任委員会( 6月20日)

ツイート シェア
  1. 京丹後市議会 2019-06-20
    令和元年予算決算常任委員会( 6月20日)


    取得元: 京丹後市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-26
    令和元年予算決算常任委員会( 6月20日)   ───────────────────────────────────────────                予算決算常任委員会会議録 ───────────────────────────────────────────  1 開催年月日 令和元年 6月20日(木曜日)       開会 午前11時26分       閉会 午前11時37分  2 開催場所 京丹後市役所 議場  3 出席委員   ┌────┬─────────┬─────┬─────────┐   │委員長 │金 田  琮 仁 │副委員長 │吉 岡  豊 和 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │池 田  惠 一 │委 員  │櫻 井  祐 策 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │田 中  邦 生 │委 員  │谷 口  雅 昭 │
      ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │谷 津  伸 幸 │委 員  │中 野  正 五 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │中 野  勝 友 │委 員  │橋 本  まり子 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │浜 岡  大二郎 │委 員  │東 田  真 希 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │平 井  邦 生 │委 員  │平 林  智江美 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │藤 田    太 │委 員  │松 本  経 一 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │松 本  直 己 │委 員  │水 野  孝 典 │   ├────┼─────────┼─────┼─────────┤   │委 員 │行 待    実 │委 員  │由 利  敏 雄 │   ├────┼─────────┼─────┴─────────┘   │委 員 │和 田  正 幸 │   └────┴─────────┘  4 欠席委員 なし  5 委員外議員 なし  6 会議録署名委員 櫻井委員  7 議会事務局出席職員    議会事務局長   西 山 茂 門   議会総務課長補佐  西 村   隆    議会総務課主任  藤 田 美 紀  8 説明のための出席者   ┌────────────┬────────┬───────────┬────────┐   │市長          │三 崎 政 直 │副市長        │梅 田 純 市 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │副市長         │佐 藤 博 之 │教育長        │吉 岡 喜代和 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │教育次長        │横 島 勝 則 │消防長        │上 田 一 朗 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │政策総括監       │新 井 清 宏 │商工観光部長     │高 橋 尚 義 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │危機管理監       │安 田 悦 雄 │総務部長       │中 西 俊 彦 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │市民環境部長      │柳 内 研 一 │地域支援・定住対策監 │川 口 誠 彦 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │建設部長        │吉 岡 浩 司 │農林水産部長     │荻 野 正 樹 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │医療部長        │上 田 雅 彦 │会計管理者      │中 村 和 幸 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │健康長寿福祉部長    │藤 村 信 行 │健康長寿福祉部理事  │小 谷 要 子 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │教育委員会事務局理事  │引 野 雅 文 │上下水道部長     │大 木 保 人 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │総務部理事       │辻 村   実 │都市計画・建築住宅課長│山 本 亮 介 │   ├────────────┼────────┼───────────┼────────┤   │都市計画・建築住宅課主任│安 達 信 貴 │政策企画課長     │谷 口 敏 典 │   ├────────────┼────────┼───────────┴────────┘   │政策企画課長補佐    │平   勝 行 │   └────────────┴────────┘  9 付託事件審査   (1) 議案第133号 令和元年度京丹後市一般会計補正予算(第2号) 10 議  事                                開会 午前11時26分 ○(金田委員長) ただいまの出席委員数は21名であります。定足数に達しておりますので、ただいまから予算決算常任委員会を開会いたします。  初めに本委員会記録の署名委員に櫻井委員を指名いたします。  本日の委員会の審査日程はお手元に配付のとおりです。  委員会審査におきましては、活発な質疑をしていただく中で審査を深めてまいりたいと思いますので、委員皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。  それでは、本委員会に付託を受けました議案第133号、令和元年度京丹後市一般会計補正予算(第2号)について、質疑を行います。谷口委員。 ○(谷口委員) 7番の谷口です。7ページに京都丹後鉄道利用促進対策事業ということで、乗車券類販売業務経費が不足するということの説明がありました。それから、令和元年8月から長期継続契約を3年締結ということで説明があったのですが、少しその説明について、こちらで聞きにくかったものですから、改めてここの分について説明をお願いしたいと思います。 ○(金田委員長) 総務部長。 ○(中西総務部長) 済みません。私の補足説明が少し聞き取りにくかったことであったと思います。再度、御説明申し上げますと、現在、今月末を期限といたしまして、3年間の長期継続契約で業務を実施いたしています。この7月から次の3年間の契約を締結しようとして準備をいたしましたところ、既決予算額では契約が困難であるということがわかりましたことから、市民や利用者の方に御不便をおかけしないように不足見込額を追加させていただこうということで、今回、御提案申し上げているものでございます。 ○(金田委員長) よろしいですか。谷口委員。 ○(谷口委員) 一応、契約が困難という説明があったのですが、例えば、どのような形で困難性があったのか。少し言える範囲で改めて説明をお願いします。 ○(金田委員長) 政策総括監。 ○(新井政策総括監) 今、総務部長から説明をしていただきました。この契約につきましては、本年6月30日までの3年間の契約が終わるということで、7月から新たな長期継続契約を締結するために契約事務を進めていましたが、業者との価格が折り合わず、契約締結には至りませんでした。この要因といたしましては、この契約につきましては、合併後、観光協会に委託をしていたものを、平成23年からは民間事業者に委託をさせていただいてしていましたが、当然、経年的にこの契約、最終的には、積算につきましては経年的な補正は加えていましたが、基本的にはそういったあたりが基本ベースになっていたということでございまして、この3年間の契約が本年で終わるということではありますが、近年、御存じのように最低賃金の大幅な改定が今続いているということでありましたり、また、働き方改革の中で、長時間労働の抑制であったり、事業者にしては人手不足の中でのやはり人員確保といったあたりで、労働環境が大きく変化をしてきていましたが、今回の当初予算での積算に当たりまして、当方でその部分が吸収ができておらず、3年前の契約金額を基本に積算をしていたところでございますが、今回の見積もりというか、その中では少し折り合わなかったということでございます。 ○(金田委員長) よろしいですか。平井委員。 ○(平井委員) 12番、平井です。一般会計補正予算(第2号)の7ページの継続費の補正ですが、網野庁舎解体撤去等の事業について、先ほどの説明では、アスベスト関連での増額ということで、繰り越しの金額が出ているのですが、私の認識の中ではアスベスト関連の工事は、どちらかというと前半的なところでの工事費の計上であると思いますが、それが、なぜ翌年度の令和2年度として上がっているのか、ここのところを御説明ください。 ○(金田委員長) 政策総括監。 ○(新井政策総括監) 今回、基本設計で概算工事費は出させていただいていまして、予算を組んで継続費の設定をさせていただいているところでありますが、今回、実施設計がおおむねくくれる段階に来まして、当初の想定以上にアスベストの含有範囲が多かったということでございまして、その事業費の増額を今回させていただくわけですが、今後のスケジュールの中で、この取り壊しにつきましては、9月に契約の同意をまた議会で御議決をお願いして、来年の6月ぐらいに完了するという予定で今進めているのですが、その中で、工事の契約をするに当たっては、予算がないと契約ができませんので、今回、そちらで増額をさせていただいているということで、継続費ですから、来年度に向かっての予算、全体予算がないと契約ができないということがございますので、そこでふやさせていただいていると。 ○(金田委員長) 総務部長。 ○(中西総務部長) 今の御質問は、なぜ、ことしではなく、来年度かということでございますが、継続費の設定自身が1つの契約で全体をするということでございます。その額の要因としては、アスベストに関係する部分でございますが、この継続費、複数年契約の性質上、初年度の出来高というのは想定以上のものを求めているわけでございますし、2年度、来年度についても、全体2カ年で工事を完了していただきたいという部分の元年と2年度の支払いの総額を設定しているということでございます。  したがいまして、具体的な契約になったときに前金払いでありますとか、中間前払い、部分払い等がございます。そうした中で、業者との具体的契約の中での話ではございますが、予算としてはアスベストのことでの総額はふやさせていただきますが、具体的工程等も今後という中で、次年度で総額を確保する方向で選択をさせていただいたというものでございますし、また、業者への支払い等のことにつきましても、元年度の出来高は元年度末でございますし、具体的に令和2年度になれば、すぐさま前金払いということも可能になるということから、業者に支払い等で御迷惑をかけることがないという想定の中で、次年度での総額の増額をさせていただいたということでございます。 ○(金田委員長) 平井委員、よろしいですか。平林委員。 ○(平林委員) 21番、平林です。今、平井委員の質問に関連しましてアスベストということですが、では確認ですが、総額としては、2億7,600万円が3億円にふえるということで、今度令和2年度にふえる分は、これはアスベストだけの予算ではなくて、総額としてふえるという理解で、要するに、ここを撤去するにはこれだけ金額的には少しふえて3億になるのですよという説明でよろしいのでしょうか。 ○(金田委員長) 都市計画・建築住宅課長。 ○(山本都市計画・建築住宅課長) 増額につきましては、ほぼアスベストの部分の増額ということになっています。 ○(金田委員長) 平林委員、よろしいですか。ほかにありませんか。よろしいですか。これで議案第133号の質疑を終結します。  次に、意見交換を行います。これで意見交換を終了します。  次に、討論を行います。反対の方。賛成の方。これで討論を終了します。  これから採決を行います。議案第133号 令和元年度京丹後市一般会計補正予算(第2号)について、原案のとおり決することに賛成の委員は挙手願います。        (起 立 全 員) ○(金田委員長) 挙手全員です。  したがって、議案第133号は原案可決すべきものと決定しました。  以上で、本日の日程は全て終了いたしました。  これをもって本日の予算決算常任委員会を閉会いたします。御苦労さまでした。                                閉会 午前11時37分 ┌────────────────────────────────────────────┐ │                                            │ │会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。          │ │                                            │
    │                    委員長   金 田 琮 仁           │ │                                            │ │                    署名委員  櫻 井 祐 策           │ └────────────────────────────────────────────┘...