518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-12-20 令和元年第5回定例会(第5日目) 名簿 開催日: 2019-12-20

     │提案理由の説明    │      │採         決│      └─         ─┘ 第 2 市長提出議案第65号から議案第75号まで   ※ 小松基地空港対策特別委員会の飛行の安全に関する調査・飛行場周辺まちづくりに関する調査   ※ 人口問題対策調査特別委員会人口減少社会における少子化対策、高齢化対策等に関する調査   ※ 交流人口拡大に関する調査特別委員会北陸新幹線開業

小松市議会 2019-12-20 令和元年第5回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-12-20

記 ┌───────┬──────────────────────────┬──────────┐ │事 件 番 号│       件          名       │継 続 の 理 由 │ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │北陸新幹線開業に向けた交流人口拡大に関する調査   │引き続き調査を要する│ └─────

能美市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-12-11

ことし9月に実施された九谷陶芸村まつり(秋の茶碗まつり)は、九谷焼団地組合及び石川県陶磁器工業協同組合が連携し、一丸となって取り組むイベントとして実施され、業界からは2023年の北陸新幹線県内全線開業に向け取り組んでいくことで、能美市への開業効果を高める起爆剤としていきたいという強い決意をお聞きしているところであります。  

能美市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-12-10

2023年北陸新幹線敦賀開業に向けて市民有志や団体が取り組む活動。女性の声、町会活動へのさらなるサポート。施設の大規模改修。学力向上に向けた教育支援員の大幅な支援。観光誘客に向けた能美古墳群のより一層の活用、周知。来年秋に完成する博物館のソフト面の充実などなど考えられるわけであります。  

小松市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-12-09

先日、新幹線議連で建設中の北陸新幹線小松駅の高架に視察をしてまいりました。着々と建設が進んでおり、いよいよ新幹線時代が小松にも来るのだと実感いたしました。残念ながら、前に議会で申し上げていた新幹線在来線の中2階での乗りかえ口はないようでございましたが、次にはハードがそろいますので高架下の活用というふうになるわけでございます。  

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-12-06

タイから小松空港に来、小松空港をおり、北陸方面で一、二泊し、北陸新幹線東京へ移動し、また1泊または2泊し、そして羽田空港から帰途に着くと、このような日程の組み方ができるわけであります。また、その逆も可能となってくるわけで、大変旅程を組みやすくなる、こういう有効性について向こうの皆さんが指摘をされております。  このことはタイだけではございません。

小松市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-09-25

2023年には北陸新幹線小松開業を控えており、利常公380年を全国発信し、その業績を市民に広めるなど、基礎づくりにしっかり取り組んでいくよう求める意見が出されました。  やさしいまちづくり推進費については、こまつ芸術劇場うらら及び博物館1階、河田山古墳史跡資料館の洋式トイレ化や温水洗浄化する経費、障害者等の利用を考慮したトイレ改修の経費などであります。

小松市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-09-25

記 ┌───────┬──────────────────────────┬──────────┐ │事 件 番 号│       件          名       │継 続 の 理 由 │ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │北陸新幹線開業に向けた交流人口拡大に関する調査   │引き続き調査を要する│ └─────

小松市議会 2019-09-13 令和元年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2019-09-13

特に佐々木代議士におきましては、北陸新幹線、それからまた小松白川連絡道路の要望など、我々地元にとっては本当に重要な案件があると思います。今後のさらなる御活躍を御期待申し上げたいというふうに思っております。  また、そういった中で、2020年、来年、東京オリンピックが開催されるわけですけど、15日にマラソングランドチャンピオンシップ、日本代表の選考レースが開催されます。

小松市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-09-10

2014年というのは、実は北陸新幹線の金沢開業前であります。翌年には木場潟公園にて第66回全国植樹祭、その翌年には曳山子供歌舞伎250年祭、その後も那谷寺開創1300年祭、粟津温泉開湯1300年祭とビッグイベントが続き、新幹線の金沢開業と絡めての誘客促進策が図られようとしておりました。

能美市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-09-10

また、2023年には、北陸新幹線県内全線開業や能美郡誕生1200年を迎えようとしております。  私たちにとって、能美市の魅力を市内外に向けて発信する大変重要な機会であり、郷土への誇りと愛着心の醸成、行政市民企業等が一体となり未来へつなぐ施策を展開したいと考えております。  

珠洲市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第4回定例会(第2号)  本文

今後につきましては、羽田空港を経由することで割引率が高くなる乗り継ぎ利用の推進や、北陸新幹線を組み合わせたプランなど、これまで以上に利用しやすいツアーを計画していくほか、「のと里山空港ウイング・ネットワーク」につきましても、実施主体である「のと里山空港利用促進同盟会」や関係機関と連携しながら周知に努め、入会者を増やしていくことで、地元利用の促進につなげてまいりたいと考えております。  

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-09-09

ノウハウの活用について    │ │2 │○ │  │南藤 陽一 │  ・持続的な体制づくりに向けて                  │ │  │  │  │      │ (2) 暮らしを支えるバス路線の維持について             │ │  │  │  │      │  ・コミュニティバス運行事業者の選定について           │ │  │  │  │      │ (3) 北陸新幹線小松開業

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-09-09

最後3点目は、北陸新幹線小松開業を見据えたネットワークの充実についてであります。  2023年春の北陸新幹線小松開業まで3年半となりました。首都圏東北、信州方面からの観光やビジネスの両面での交流が拡大し、地域経済への恩恵が大いに期待されるところであります。  さらに、新幹線小松駅とわずか4.4キロメートルの位置には国際化が進む小松空港があります。

小松市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会 目次 開催日: 2019-09-02

持続的な体制づくりについて(答       弁:市長,市民共創部長)       ・地域議会を中心とした「乗り合いワゴン」の運行について       ・日野自動車などの実証実験におけるノウハウの活用について       ・持続的な体制づくりに向けて      (2) 暮らしを支えるバス路線の維持について(答弁:市民共創部長)       ・コミュニティバス運行事業者の選定について      (3) 北陸新幹線小松開業

小松市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-09-02

3年半後に迫った北陸新幹線小松開業の2023年には加賀の国立国1200年を迎えます。時代が大きく変化する中、こうした節目を成長や飛躍の転換点と捉え、誇れる自然、食、文化産業地域のきずなに恵まれた小松のパワーを結集し、みんなの笑顔膨らむ未来へ向かってまちづくりを加速させていきましょう。  では、最近の主な市政の執行状況についてであります。