1754件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

現在の施設では、特に宮の森において競技運営や良好な観戦環境を確保するための敷地面積が不足していることから、今後、オリンピックを初めとするさまざまな国際大会を開催していくことを見据え、大倉山に集約、再整備することで、将来にわたる施設の価値向上を図っていきたいと考えております。  

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

大きな面積の空き地は地域内にはなかなかないものの、一宅地程度の空き地であれば市内に多数あるのではないかと思われます。地域内雪処理の対象として、潜在的に大きな可能性を有しているのではないかと考えられます。ぜひ、町内会などと協力体制を構築しながら推進していくべきであると考えます。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)厚生委員会−10月25日-記録

省令では、1室の床面積(収納設備を除く)は7.43平米以上とすること、ただし、地域の事情によりこれによりがたい場合にあっては4.95平米以上とすることと定めておりますが、札幌市地域住居事情や適切な居室面積を確保する観点を踏まえ、このただし書きを削除するものでございます。  次に、3点目の設備における居室面積に係る経過措置につきましても、2点目と同様の理由から削除するものでございます。  

札幌市議会 2019-09-18 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−09月18日-記録

11番線ホーム新設に伴う札幌市施設への影響については、7ページ下段、左側の断面図に示しますとおり、駅舎の外壁ラインが北側に約5メートル移動することにより、北口広場面積が減少することとなります。また、地下1階の地下歩道には、11番線ホームや駅舎外壁を支持、支えるための柱が設置されまして、地下2階の地下駐車場には外壁や柱などを支えるための基礎が設置されることとなります。  

札幌市議会 2019-09-17 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月17日-記録

工事概要でございますが、西区保育子育て支援センターを併設して二十四軒団地1号棟を建てかえるものでございまして、建物の構造規模は鉄筋コンクリートづくり、一部鉄骨づくり地上6階建て、住戸数は56戸、延べ面積は5,857平方メートルでございます。  契約の相手方は新太平洋建設株式会社契約金額は13億9,078万600円となってございます。また、竣工期限は令和3年7月15日でございます。  

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

95 ◯保健福祉部長(重松紀行君)  きのうの利用調整のお話だと思うんですけれども、いろいろ御希望がその年その年にございまして、配置基準に従って配置していくわけでございますけれども、当然その配置基準は守って、施設面積等も考えながら、受け入れ機関と、きのう申し上げましたけれども、綿密な打ち合わせをした上で加配している。

音更町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-09-10

6款産業振興費、1項農業費、1目農業振興費の19節負担金、補助及び交付金に2億7,537万8千円の追加でありますが、説明欄上段の環境保全型農業直接支払交付金につきましては、農業者の方が、化学肥料や化学合成農薬北海道が定める基準から原則5割以上低減するとともに環境保全に配慮した営農活動に取り組む場合、その内容に応じて10アール当たり3千円から8千円を交付するもので、取り組み面積が当初の予定より増加することから

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月25日-02号

また、パーゴラ単独での活用よりも、より大きな面積の日よけ、雨よけを確保できることから、災害時のみならず、地域のイベントの開催時にも使い勝手のよい空間となります。  この市民交流広場は、冬の期間は現在では新さっぽろ冬まつりの会場でもあります。災害時の緊急的な使用を想定することは、防寒対策の充実にもつながりますし、さらなる冬期間の利用促進ともなります。

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

また、IC工業団地完成土地等については4件、6区画の分譲及び1件、1区画の貸付特約付分譲が行われ、平成30年度末残高は1億8,192万1,418円、保有面積は完成土地2万4,721.17平方メートルで、未造成土地はございません。  次に、2点目の理事会の開催状況でございます。平成30年5月7日を1回目として合計2回の理事会が開催されております。  次に、3点目の決算の状況でございます。

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

次に、発生した災害廃棄物の処理年数及び仮置き場の必要面積並びに仮置き場所の想定についてでありますが、災害廃棄物の処理年数は、国が示している指針に基づいて設定することになりますが、他市町村の計画のほとんどが大規模災害時の処理スケジュールの目安を3年としておりますので、本町の場合も同程度の設定になるものと考えております。  

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

あわせて、公共施設マネジメントの取り組みにおいて、50年先の人口減少を踏まえた公共施設の維持・更新に係る将来推計と、それに基づく10年間の事業費や施設の床面積の数値目標などについてもお示しをし、市民情報共有を図りながら中長期の財政運営について検討してまいりたいと考えております。  次に、100年先を見据えたまちづくりについてお答えをいたします。  

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

また、現状では、会議室等が不足していることや、別施設で執務をしている教育委員会の一部を役場に集約するには、面積が不足している状況にありました。  このように、建物の耐震化とあわせて大規模な改修が必要であることから、建て替えを含めた各種工法について検討を行ったところです。  

音更町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 2019-06-13

44 ◯経済部長(傳法伸也君)  今、議員がおっしゃいました各自治体の割り振りにつきましては、議員がおっしゃいましたとおり、人工林面積、それから林業就業者、それから人口などによって算定されるものでございますので、それが結果としてそういうふうな、横浜が多く譲与税がいただけるとか、そういう結果になっているんだと思いますので、それは今の国の制度のあり方でございますので

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

札幌市下水道の整備状況ですが、表の右から2列目、平成30年度末で、管路延長が約8,300キロメートル、処理面積は約2万4,800ヘクタールとなり、処理人口普及率は99.8%の水準に達しております。  次に、6ページをごらんいただきたいと思います。  建設事業の概要についてでございます。  当初予算で206億1,100万円を計上しております。  

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

開進地区の整備状況でございますが、前回御質問いただいたときは面積で御質問いただいておりましたので、今回面積で用意させていただいておりますが、平成30年度末全体の整備面積が、整備区域内面積35.2ヘクタールのうち約8.41ヘクタールが整備されております。そして、整備率はこれで23.9%となっております。平成31年度予算どおり整備できた場合の進捗率は35.3%となる予定でございます。

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

これは、国税である自動車重量税として徴収された千分の407が、都道府県を通じて市町村に譲与されるものですが、その譲与額は、2分の1を市町村道路の延長、残りの2分の1を道路面積で案分することとなっております。  2項地方揮発油譲与税につきましては、2.0%減の9,700万円を見込んでおります。