5749件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2031-06-20 06月20日-総括質疑-05号

続けて伺いますが、何でそういうことを聞きたいかというと、実は既に当局では十分承知のことなのでしょうけれども、国においては2015年4月に全国的なワイファイ環境整備に向けた方策の最終報告というのを4月に出して、そしてさまざまな取り組みがされて、地方公共団体によるワイファイ環境整備で、2020年までに全国でワイファイ環境の敷設を完了させるのだという目標を持ちながら取り組んでおられる。

会津若松市議会 2022-12-12 12月12日-総括質疑-05号

これは、他の地方公共団体における取り組みについて調査を行うため、地方自治法第100条第13項及び会津若松市議会会議規則第164条の規定により、総務委員会に属する議員の派遣をしようとするものであります。 以上で提案理由説明を終わります。 ○議長清川雅史) 次に、議案第146号について提案理由説明を求めます。               

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

また、その取り組みに加え、市民市内を歩く楽しみをふやす取り組みとして、市道等公園、緑地、農村公園等植栽されている樹木や花についてネーム表示をつける取り組みを進めるなど、市民観光客等に名前や種類を知ってもらう取り組み植栽のことについてより深く知ることになり、まちなかを歩く楽しみにもつながると考えますが、見解をお示しください。 

会津若松市議会 2021-06-28 06月28日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

その取り組みは内外から評価を受けており、これもひとえに議員各位のご理解とご協力のたまものであります。この場をおかりしまして、議長として厚く御礼を申し上げます。 平成20年6月定例会議会基本条例議会議員政治倫理条例が制定されてから11年目となりました。市民に寄り添い、民意を吸収し、それらをもとに提案された議案審議市政運営の監視、また足らざるものには政策提言をしてまいりました。 

会津若松市議会 2020-12-20 12月20日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

以上の論点以外にも、下水道の接続率向上に向けた取り組みへの認識、事業統合についての市民への周知方法などについて質疑応答が交わされた経過にありますが、本案については特に異論がないことから、原案のとおり可決すべきものと決せられました。 最後に、議案第139号 会津若松上下水道事業経営審議会条例についてであります。

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

今後も引き続きドライバーに対し、横断歩道に関する交通ルールの遵守や歩行者優先に向けた取り組みを推進してまいります。 次に、関係機関と連携した歩行者優先意識向上を図る取り組みについてであります。警察では、学校周辺はもとより、市内全域において横断歩行者等妨害等違反の取り締まりを強化しているところであります。

郡山市議会 2020-06-19 06月19日-03号

(2)産業等の復興に向けた取り組みについて。 昨年の台風第19号による水害、このたびの新型コロナウイルス感染症により、郡山市の産業並びに経済にダブルパンチの影響を与えています。補正予算を組んでも、限られた財源の中でのことです。これらを立て直すために、今後どのような姿勢で臨んでいくのかお伺いします。 ○田川正治議長 藤橋産業観光部長

矢祭町議会 2020-06-18 06月18日-03号

又、「新しい生活様式」の定着に向けた取り組みについても伺います。 2.土木行政について(町長) (1)町営住宅の管理について ①町営住宅老朽化に伴い、修繕計画があるのか伺う。(特に中央団地の雨漏りや関岡団地の床の腐食など) (2)台風19号の被害復旧状況について ①昨年の台風19号から8ヶ月が過ぎ、被害復旧状況について伺う。

会津若松市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

企画政策部長福島一郎) 基本的に我々は自治基本条例の考え方に沿って取り組みを進めているということでございますが、地域の将来ビジョンについて、現時点におきましては湊地区、それから今後北会津地区河東地区取り組みがあると、予定されているということでございますが、これをほかの地区にも広げていく取り組みを今年度進めていきたいというふうに考えておりますが、これはもとより地域住民の意向を尊重しながら、丁寧

塙町議会 2020-05-13 06月11日-01号

塙町でも、当初道路や農地などの被災箇所約200箇所、復旧見込み額約6億円弱と見積もられ、被災直後から復旧に向けた取り組みが行われた。今年4月末現在の災害復旧事業実施見込みは、229箇所、512百万円であるが、そのうち約96%が契約済となっていた。工事の進捗率は、完了箇所が数か所あるものの、全体では10%~20%で本格的復旧は夏以降になると見込まれる。

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

アルコール等安定供給を一層進めるための措置を講じること 3 新型コロナウイルス感染症相談窓口周知徹底を図るとともに、相談体制PCR検査実施等強化充実治療薬早期開発を一層進めること 4 臨時休校となった児童生徒修業機会及び履修不足を保障し、受験や新学期に向けて不利益が生じないよう支援措置を講じること 5 保育所、幼稚園、放課後児童クラブ社会福祉施設等への正確な情報伝達及び感染症予防取り組み

南相馬市議会 2020-03-25 03月25日-06号

地域医療支援病院の承認に向けた取り組みについては、新たな市立病院改革プランの策定の中で整理をして、取りまとめていきたいとの答弁。 また、経営健全化取組として、救急患者を断らない体制を整えるとしているが、具体的にどのように充実させ、どのように整えるのかただしたところ、具体的な取組としては、令和2年4月から福島県立医科大学の協力を得て、土日の救急診療応援医師を派遣していただく予定となっている。