549件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会−06月13日-05号

◆5番(横田洋子) 公立学校の教職員法律例外的に残業代ゼロとされてきたことで、どのような教師が何時間残業したのか全く分からない状態が続き、長時間労働が野放しになってきたことがそもそもの原因と言えます。その上、学校が抱える課題が不登校の増加、いじめ、保護者との関わりも複雑さを増したもとで、教職員の負担は増える一方です。  

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

現在本市で導入している学校教育情報ネットワークシステムは、高いセキュリティーを誇るすぐれたシステムであると認識しておりますが、出席簿や成績資料等を一元管理して帳票出力できる統合型校務支援システムは導入されていませんことから、福島市公立学校ICT化推進委員会等の意見を伺いながら、現在のシステムの更新時期に合わせ、令和2年度の統合型校務システム導入について検討してまいる考えであります。

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会文教福祉分科会-03月18日-01号

◆小熊省三 委員  この概要のところの4ページのところなのですけれども、2節のところの公立学校の部活指導員の配置についてお伺いしますが、何校にというか、全ての中学校に配置というぐらいに見てよろしいのですか、この予算というのは。 ◎保健体育学校保健給食係長 今ほど資料の4ページのほうの歳入の予算となっておりまして、事業費の一部が県のほうからの補助として入ってくる部分になります。

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

また、福島県が2017年6月に実施した公立学校教員の勤務実態調査において、小学校教諭の約4割、そして中学校教諭の約7割が週20時間、月80時間の換算になりますが、以上の残業を行っております。  これだけ働いても授業の準備の時間と子供とふれ合う時間がとれない、子供たちがいじめや困っていてもかかわれる時間やゆとりの時間がないと言わざるを得ない状況が広がっています。

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

そのため、福島市公立学校ICT化推進委員会において、複数の業者によるプレゼンテーション及び操作検証を行い、本市のネットワークに最適な校務支援システムについて研究してまいりました。  今後、福島県市町村学校統合型校務支援システム在り方検討協議会の動向も注視しながら、現行システム平成32年度に更新になることも踏まえ、早期の統合型校務支援システムの導入について検討してまいる考えであります。  

いわき市議会 2018-12-13 いわき市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月13日−06号

その際、400万円と定められている文部科学省が所管する公立学校施設防災機能強化事業に係る補助対象事業の下限額について、広域での申請を認めるなど弾力的に運用すること。  以上、会議規則第14条第1項の規定により提出いたしますので、何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由にかえさせていただきます。 ○議長(菅波健君) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。

会津若松市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−代表質問−02号

さらには、子供たちの安全、安心を確保するため公立学校施設耐震化を計画的に進めており、耐震化率は今年度末で90%を超える見込みとなっております。また、平成26年度に創設いたしました小中学校児童生徒文化芸術全国大会出場激励金につきましては、国や地方公共団体等が主催する音楽大会などの全国大会に出場する児童・生徒に対し激励金を交付し、子供たちの活動意欲を高め、さらなる活動を促進してまいりました。  

いわき市議会 2018-12-04 いわき市議会 会議録 平成30年 11月 定例会-12月04日−03号

教育部長(柳沼広美君) 本市における公立小・中学校の通学区域につきましては、いわき市公立学校の通学区域に関する規則に基づき指定しております。  なお、通学区域の設定・変更につきましては、いわき市公立学校通学区域審議会に諮問し、調査・審議された結果の答申を受けて、市教育委員会が定めることとしております。

福島市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号

さらに、東京都江東区行政視察により、区内全ての公立学校において計画的、継続的に展開しているオリンピック・パラリンピック教育について、詳細な調査を実施いたしました。  以下、調査の結果についてご報告申し上げます。  初めに、東京都及び江東区におけるオリンピック・パラリンピック教育について申し上げます。  

須賀川市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会−09月11日-03号

公立中学校教室におけるエアコン設置率については、文部科学省が2017年6月に発表した公立学校施設の冷房設備設置状況調査によりますと、全国の公立中学校における普通教室の空調冷房設置率は49.6%です。温暖化が進むこの20年の間に、普通教室へのエアコン設置率は大幅に高まっています。猛暑や寒暖の差をなくすための措置がされているということです。  

いわき市議会 2018-06-14 いわき市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−05号

教育部長(柳沼広美君) 白水小学校の学区につきましては、いわき市公立学校通学区域審議会に諮問し、その答申を受け、市教育委員会において、9月ごろを目途に決定する予定となっております。 ◆10番(伊藤浩之君) 3点目、廃校に当たっての保護者及び地域の住民への説明はどのようにされてきたのでしょうか。

福島市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会議-03月09日-04号

東京都教育委員会の実施方針では、2016年から都内全ての公立学校で、年間35時間程度を目安に、オリンピック・パラリンピック教育の実践が示されております。  それから、大規模なイベント運営にはボランティアの力が欠かせません。2012年ロンドンオリンピックでは、約7万人のボランティアが活躍いたしました。今回の大会でも1万人以上が参加したと言われております。

いわき市議会 2018-03-02 いわき市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-03月02日−06号

教育部長(柳沼広美君) 好間第三小学校の通学区域については、いわき市公立学校通学区域審議会からの答申を踏まえまして、平成30年度から、基本的には好間第一小学校の通学区域に編入する予定でございます。 ◆32番(石井敏郎君) それでは次に、他の地域における通学区域の見直しの予定はあるのか伺います。

いわき市議会 2018-02-27 いわき市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月27日−03号

2015年の公立学校教員法定労働時間は1,891時間で、加盟国の平均より200時間以上多く、一方、労働時間に占める授業に充てる時間は、中学校教員で加盟国平均が44%に対し、日本の場合32%に過ぎないというのであります。  この状況についてOECDは、日本教員の場合、教育相談や課外活動など授業以外に多くの時間を費やすことが求められているためと分析しています。

福島市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会議−12月19日-03号

公立学校耐震化は進んできておりますが、次の課題は避難所として求められる機能を十分に確保することであります。東日本大震災をはじめ多くの大規模災害で得られた教訓を無駄にしてはなりません。本市の公立中学校避難所機能の現状と今後の対応についてお伺いします。  次に、公立中学校のトイレ洋式化についてお伺いします。

棚倉町議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−02号

次に、入学時から卒業までの費用の認識と調査、中学生時における費用の告知と相談体制につきましては、町独自での調査は行っておりませんが、県が作成した将来の夢応援ガイドブックによりますと、高校入学時から卒業までの平均的な費用は、公立学校で約107万円、私立学校で約245万円であると言われております。