5146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-06-17 令和 元年  6月 生活産業常任委員会-06月17日-01号

契約の相手方、郡山市久留米三丁目27番地、株式会社ホシノ郡山支店、支店長、六角篤。  以上でございます。  消防ポンプ自動車につきましては、現在14台、市では所有しております。積載車58台と合わせますと72台でございますが、これらについては23年経過した段階で更新するというふうなことで、財政計画を立てております。

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

協定という形ではなく、企業大学と常につながりを持ちながらいつでも声をかけられる関係を構築しているつくば市、ソフトバンクグループ株式会社社会貢献プログラムの活用により、国に先駆けたペッパーを活用したプログラミン教育を実践している岐阜市など、企業大学との連携、社会貢献活動等を積極的に活用しながら子供たちに先進的なICT教育の機会を提供している状況があります。  

須賀川市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会−06月13日-05号

市内のタクシー業者にデマンドタクシー運行を委託することで、交通弱者の救済になり、タクシー会社雇用も増えて会社の経営安定にもつながります。  昭和交通体系から平成を経て令和の時代に須賀川市もデマンドタクシーを全市に網羅するという新交通体系にシフトチェンジすることを期待し、私の一般質問を終わります。 ○議長(佐藤暸二) 最後に、5番 横田洋子議員。      

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

第2部では、総合プロデュース支援業務を委託している株式会社ファーマーズ・フォレスト代表取締役松本氏の講演が行われた。第3部には、市長と松本社長の対談ということでございました。  さらに、先ごろ新聞報道によりますと、子供遊び場を整備、施設配置を見直すとの内容でございました。  

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

これらのロケ実施にあたっては、制作会社が求めるロケ地イメージなどの情報収集を行い、撮影候補地の提案や候補地の関係者等との調整を行い、撮影下見や撮影への同行を行うとともに、エキストラの手配やスタッフの宿泊施設食事などの必要な情報提供を、市が中心となり、関係団体へ働きかけながら対応してまいりました。  

須賀川市議会 2019-06-06 令和 元年  6月 定例会−06月06日-02号

平成23年度から、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による警戒区域等からの避難世帯について、国民健康保険税の減免措置を実施していますが、国の財政支援が延長されたため、この基準に基づき本年度分の国民健康保険税を減免するものとありますが、該当件数と該当者数について質疑いたします。 ○議長(佐藤暸二) ただいまの8番 本多勝善議員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

タクシー会社での10%割引サービスなんかも実施していますが、福島市としても運転免許証を自主返納した方に対する独自の支援策を実施するべきですが、見解を伺います。 ◎都市政策部長(遠藤徳良) 議長都市政策部長。 ○議長(半沢正典) 都市政策部長。 ◎都市政策部長(遠藤徳良) お答えします。  運転免許証自主返納者の移動手段の一つとして、公共交通機関の利用が考えられます。  

福島市議会 2019-05-24 令和元年5月24日議会運営委員会-05月24日-01号

会社名でいいですか。東京インタープレイもしくは富士ソフト。東京インタープレイがサイドブックス、富士ソフトがモアノート。  それでは、真政会さん、お願いします。 ◆川又康彦 委員  いろんな意見出たのですけれども、日付とのひもづけがわかりやすいということで、富士ソフトさんという形になりました。 ○後藤善次 委員長  それでは、市民21さん。

須賀川市議会 2019-05-08 令和 元年  5月 建設水道常任委員会−05月08日-01号

道路河川課長(小針成次) この事故の発生したのが昨年7月7日の土曜日ということで、次の日、日曜日に守衛のほうにそういった事実があったということで連絡がありまして、火曜日、7月10日に相手方のほうに行ってその事故車両と現場の状況、そういったものを聞き取りしまして、その後、弁護士それから保険会社のほうといろいろ協議させてもらった中で、落下が予見できなかったということで、これは市の管理瑕疵(かし)にはならないでしょうというようなことで

須賀川市議会 2019-04-24 平成31年  4月 生活産業常任委員会-04月24日-01号

◆委員(市村喜雄) どうしても、中心市街地商工部の部門の話になるけれども、都市計画都市整備のほうとの絡みも相当大きくあるし、あとは公共交通網の整備の問題もあって、うまく有機的に結び付けるような方向性というか、それにプラスして、やっぱり定住人口というか都市整備のほうの絡みにはなるかと思うんだけれども、行政主体で多分今後は再開発とか区画整理じゃなくても民間主導というか、そういうまちづくり会社的なものでやるようになっているのかなというふうには

福島市議会 2019-04-11 平成31年4月11日議会運営委員会−04月11日-01号

◆梅津政則 委員  サーバー側のメモリーの容量ということでわかったのですけれども、あとWiFi以外の通信費というのがこれから金額の目安とか見るときの、さっきも言いましたけれども、パケットのシェアパックでも何でも、そこら辺の通信費用みたいなやつというのは通信会社側のやつだから、ソフト提供者とは違うから、外れているということなのですか。 ◎議事調査課議事係長 そのとおりでございます。

福島市議会 2019-03-26 平成31年3月26日議会運営委員会−03月26日-02号

したがいまして、市当局と契約関係の細部について今後協議、調整が必要でありますが、選考会を開催する前に事前準備として、ソフト会社の2社に情報提供が可能なソフトの概要あるいは実績などの情報提供をしていただく情報提供依頼書なるもの、RFIというふうに呼んでいるそうですけれども、それを作成していただきまして、提出をしていただきたいと考えております。  

福島市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議−03月26日-08号

これまで、市当局から詳細な説明を聴取するとともに、参考人として、福島テレビ株式会社営業営業部長、木村毅氏、メディア戦略部長、仲川史也氏を招致し、さらに愛知県岡崎市静岡県磐田市、東京都杉並区、東京都八王子市行政視察を行うなど、詳細な調査を実施いたしました。  以下、調査の結果についてご報告いたします。  初めに、本市の広報の現状について申し上げます。  

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会建設水道分科会−03月19日-01号

◎市街地整備課長 現在、準備組合と、あとそこで事業協力者、建設会社やコンサルタントも含めた会合を月2回のペースで開催しておりまして、市のほうでも一緒に参画しております。 ◆須貝昌弘 委員  どのぐらい前からこれ参加されているのですか。 ◎市街地整備課長 平成29年度の当初から会合は続けて持っております。 ◆村山国子 委員  90メートルというと、大体何階ぐらいの建物になるのですか。

須賀川市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会-03月19日-06号

本案は、茶畑地区産業拠点整備事業に係る事業用地8万7,686.26㎡を大和ハウス工業株式会社福島支社に13億2,000万円で売却する土地売買契約締結するに当たり、地方自治法などの規定により議会議決を求めるものであります。  引き続きまして、補正予算について御説明を申し上げます。  今回の2件の補正予算は、国の平成30年度補正予算第2号における国庫補助事業内示に伴うものであります。