運営者 Bitlet 姉妹サービス
1222件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 福岡空港は、国内はもとより、アジアを中心に海外の多くの都市と福岡・九州をつなぐアジアの玄関口として極めて重要な公共インフラであるということは言うまでもありません。充実した航空路線や世界的にもトップクラスの都心部へのアクセス利便性を有していることなどが大きな魅力となっており、西日本地域における主要な拠点空港に発展しています。 もっと読む
2018-12-06 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号 蛇足になりますが、社会的共通資本とは車含めて、交通では道路・港湾・飛行場・鉄道などのハードインフラ、そのことが引き起こす大気汚染・温暖化・水や環境への影響を考えて自然を経済の上で財産と考える。仕組みとしての道路交通法を含め、また交通のスムーズな物・人の流れの運用は仕組みとしての財産として捉える考え方と理解すればわかりやすいと私は思っています。 もっと読む
2018-12-05 遠賀町議会 平成30年第 8回定例会−12月05日-03号 2期目は継承した施策と新たな潮流の中での対策として、まず、子どもたちの未来をひらく、そしてインフラ整備で未来をひらく、持続可能な未来をひらく、安全・安心な未来をひらく、協働のまちづくりで未来をひらくという、この五つの成長戦略を持って、笑顔と自然あふれる生き生きとしたまちづくりに邁進をしてまいりました。   もっと読む
2018-09-20 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第6日 9月20日) 防災に対する備え、そして公共インフラの更新に対する備えも必要。お金がたくさん必要な分、必要になる、かつ税収は本当に上がり続けられるのか、こういった問題も含めたところで、持続可能な市政にとって重要な財政状況をどう捉えているのか、今後の展望も含めてお伺いをいたします。  2点目、中心部商業活性化事業と、まちなか賑わい創造事業について質問をいたします。   もっと読む
2018-09-19 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−03号 これについて町長の立場として、町長の大事なもの、心は見えませんが、望むべくは町長の町民に対する率直な水道・下水道に対する思いを諮問されて、そして将来にわたって安心して町民が暮らしを維持していける安全安心な町になる諮問をされ、また審議会の中で慎重に審議をされる中で、先ほども言いました将来にわたって安心なインフラ、目に見えない下水道管・水道管の維持をしていっていただくことをお願いして、賛成の討論といたします もっと読む
2018-09-12 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第5日 9月12日) 今回の災害で都市のインフラとして最重要ポイントである中央浄化センターが、この線引きの中に入っております。  金丸川の河口付近にございますけれども、この中央浄化センターが開設45年、初めて冠水いたしました。それに伴いましてポンプが壊れ、実際、半日間の時間でしたが、下水道が使えなくなるという事態が発生しました。 もっと読む
2018-09-11 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月11日−04号 また、インフラにつきましては、数値目標は立てておりませんが、施設規模の縮小と長寿命化の推進を目標として、各施設の長寿命化計画を作成し、それにのっとった取り組みを進めるなど計画的な維持管理に努めております。   もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) 会見の中で、平野町長は「町の地盤かさ上げ工事とインフラ整備も進み、新しい町並みが見えてきた。しかし、整備区域に戻って来られた町民は予定の半数、にぎわいは戻りません。一方で、7年間の長期間、仮設住宅に住まわれている町民への対応や、多数の町外避難者、そして、漁業の衰退などなど課題は山積しておるけれども、子供たちがつくる新しいきずなをもとにして、この大槌町を前に進めていきたい」と述べておられました。   もっと読む
2018-09-10 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月10日) 一方、189団体の公共施設等総合管理計画を分析すると、インフラ・公共建築物の両者を対象とした長寿命化は、維持管理・更新費の大きな削減効果が期待できるとし、しかし、施設の統廃合などの施設縮減は一定程度にとどまる。全体に対する比率は、更新費削減率24%のうち、長寿命化によるものが20%、施設削減によるものが4%と、長寿命化のほうが効果を期待できるとしています。   もっと読む
2018-09-10 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月10日−03号 しかし、大きな災害が発生すると、人命救助や避難所運営、被災者の生活再建、インフラの復旧など、膨大な災害対応業務を行う必要があり、ふだんの業務では経験しない事案にも追われることから、被災自治体だけでは対応が困難になります。こうしたことから、現在では、被災自治体へ多くの機関が応援に入っていますが、各機関がばらばらに動いても、かえって被災自治体が混乱することもあると考えられます。   もっと読む
2018-09-06 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号 また、老朽化している公共施設やインフラ施設への対応も大きな課題となります。これからは、学校施設への空調設備の設置などの新たな課題にも対応しつつ、平成28年度に策定した公共施設等総合管理計画に基づき、施設の安全性の確保や長寿命化などの取り組みを継続して実施していくことが必要です。  さらに30年後を見込んだ場合、団塊ジュニア世代も高齢者となります。 もっと読む
2018-06-29 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第7日 6月29日) これから市営住宅、学校、体育施設、文化・スポーツ施設、上下水道などのインフラも含めて、どれだけの将来負担があるのか、施設の価値をどんな基準で市民が評価するのか、考え方を市民に示し、一緒に議論していく必要があると改めて思いました。  公共施設の廃止を提案した議会の一員として、私たちも市民への説明責任を負っているからこそ、市長にも求めていると御理解ください。   もっと読む
2018-06-19 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号 このうち輸出量は2港よりも少ないものの、輸入量に関して言えば、この2港よりも多い状況になっておりますし、三池港は交通インフラも十分整っておりますので、他の2港にも負けないような状態にはあると私は考えております。   もっと読む
2018-06-19 春日市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018-06-19 1の証明書発行専用コーナーは2課での手続を1カ所に集約するもの、2のコンビニエンスストアでの交付においては、今や重要な社会インフラとも言えるコンビニでありますから、納税手続の処理件数の増大同様、拡大が期待できること、3の休日開庁においては本年の実績が示すとおりであります。いずれの事業も、御説明から確実に市民の利便性の向上に寄与するものと思われます。   もっと読む
2018-06-18 小郡市議会 平成30年 6月定例会-06月18日−03号 インフラを含む市が所有する公共施設の老朽化に伴い、今後公共施設の維持管理費のコストが市の財政を圧迫することが見込まれているため、これらの課題の解決に向けて一昨年度、平成28年度、小郡市公共施設等総合管理計画を策定しています。計画策定で、総務省の指針が公共施設などの現在の状況や将来の維持管理費の見通しを分析することを定めていて、総務省の試算方法に基づく将来更新費用の推計を行っています。 もっと読む
2018-06-15 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月15日−02号 また、高度経済成長期に整備された橋や道路、上下水道など多くのインフラが耐用年数を迎えつつあります。そこで莫大な費用を必要とするインフラの維持管理、老朽化対策など、どのように進めていくのかも大きな課題です。そこで、アンケートでは自然災害への備えを強化するため、地域の危険箇所や行政に求めたい対策などを聞いております。  このように、今、現場でさまざまな声を聞いております。 もっと読む
2018-06-08 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月08日−01号 しかしながら、地方交付税の合併算定から一本算定への移行や人口減少、高齢化社会の到来に伴う税収減少と社会保障経費の増嵩、さらには公共施設及びインフラ設備等の老朽化に伴う更新経費の財源確保など、いよいよ本格的に厳しい財政運営を強いられる時期を迎えており、さらなる聖域なき行財政改革の取り組みが必要と考えております。   もっと読む
2018-06-07 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月 7日) そこで、道路や橋梁、農道や用排水路など老朽化した公共インフラの長寿化対策に取り組みます。  また、快適な生活環境整備として、広域幹線道路網の整備や基幹公園等の整備、老朽化した市営住宅の建てかえ、さらには、自転車走行空間の整備やコミュニティサイクルの利用促進、放置自転車対策の強化など自転車利用の促進を進めます。  5点目は「都市開発・地域開発のまちづくり」です。 もっと読む
2018-06-05 春日市議会 平成30年地域建設委員会 本文 2018-06-05 どうしても、商店会の人たちが、この駅前のインフラ整備をどういう形で商売に結びつけていくかというところも、かなり重要な要素ではあるんですけど、前回、残念ながら商店会の方の参加人数が少なくて、今後、やはり御商売の時間とかですね、曜日とかというのを、商店会を優先させられるなら、なるべく商店会の方が多く参加できるような形でやっていこうということにはなりました。   もっと読む
2018-03-26 福岡市議会 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-26 75 ◯黒子委員 Society5.0の実現に向けた具体的な進め方について、政府は未来投資戦略2017の中で、戦略分野への選択と集中や新しい社会インフラとなるデータ基盤の構築、そして、まずはやってみるという実証による政策形成にかじを切ることなどをうたっている。 もっと読む