143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

なお、派遣社員の中には日系人も含まれておりまして、国籍の多様化も見られる一方、外国研修者は在留期間が今は最大でも5年間というふうに限られているということもございまして、海外本社の方針といたしまして、外国研修生は今後も採用する見込みはないというふうにお聞きしております。

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

続いて、施設整備を進める一方、介護事業での人材不足に関して、外国労働者雇用も含め今後の解消に向けた見通しはあるのかとの質疑があり、現在のところ、施設等での人材不足は緊迫していないものの、ホームヘルパーが慢性的な人材不足の状況である。市内事業者だけではサービス提供体制が不十分なところもあり、市外事業者でのサービス利用に頼っている状況もある。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

そこで、国は人手不足が深刻な分野におきまして、外国労働者の受け入れを拡大する方針を打ち出してきました。この外国労働者質問に入る前に、これまでの全国や福井県、そして鯖江市での外国の数などについて調査しましたので、少し背景としてお話をしたいと思います。  在留外国統計によりますと、全国で2015年6月には、外国は約217万人だったそうであります。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

1つは、今後増加が期待できる訪日外国向けの土産品の開発を目的に、本市と連携協定締結している津田塾大学慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の協力を得て、学生のアイデアに基づき試作した漆塗りのスプーンを先月5日から14日まで、東京浅草にある商業施設、「まるごとにっぽん」で試験販売を行いました。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

学習指導要領の全面実施に伴いまして、小学校では外国語活動、それからプログラミン教育、そして道徳教科化と、この3点が大きく変わるというふうなところでございまして、これらの学習内容が加わることによりまして、教職員の負担を少しでも軽減するために、そして指導力の向上のために、まず外国語活動におきましては、外国語活動・外国語科におきましては、全小学校外国講師を派遣し、児童が楽しく授業を受けられるように

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

明年にはラグビーワールドカップが全国12の都市で行われますし、2年後には東京オリンピック・パラリンピックといった大きな祭典が開催となり、参加国の選手団や外国観光客等、これまでにない外国の入国等によってはしか感染のリスクが高まることが考えられるのではないでしょうか。また、この秋には福井元気国体、障がい者スポーツ大会がございます。

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

そうすると、後を始末するのが町内会役員ということになってしまいますので、本当にこういった方への周知というのを考えていただきたいと思いますし、ましてや、最近は外国労働者がたくさん入ってきております。そうしますと、どう分けていいのかさえもわからない人がいらっしゃると思いますので、そういう人たちに対して、きちんと啓発・周知をしていくということも徹底していただきたいと思います。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

次に、大学との連携事業についてでありますが、昨年度より津田塾大学と連携し、東京オリンピック・パラリンピックを見据え、地場産品を用いた外国向けの土産品開発を進めております。去る3月には3日間、学生12名が鯖江を訪れ、地場産業の体験や工場見学等を通して鯖江を体感してもらい、土産品開発に向けてのアイデアを検討していただきました。

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

まず1番目の新学習指導要領に伴う英語教科化に対しての外国英語教師の派遣についてを質問させていただきたいと思います。英語が小学生の5年から6年生に教科化されるに当たり、外国英語教師の派遣回数をふやすとのことだが、その授業内容についてお伺いをしたいと思います。最近の英語教科書は私たちが学校で習った内容とは変わり、実用化されたように感じられます。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

このほかにも、来年度から県内の全小学校で3、4年生に導入される外国語活動、そして教科となって授業時間が倍増となる5、6年生の外国語科につきましては、全体での外国講師の派遣回数を増加させまして、グローバル化に対応した人材育成を目指していきたいというふうに考えております。  

鯖江市議会 2018-02-21 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号

まず、基本目標Ⅰ「魅力ある雇用の創出」に向けた取組についてですが、国の地方創生推進交付金を活用して、東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた訪日外国向けの土産品等の開発に取り組んでおります。3月下旬には、本市と連携協定締結している津田塾大学の学生らが鯖江を訪問し、地場産業の見学および体験を行った上で今後の製品開発の計画を策定します。

小浜市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

また、今後ますますの増加が見込まれる訪日外国対応といたしまして、市では、ハード部分についてはトイレをはじめとする施設整備やWi−Fi整備に補助することにより対応いたしております。  ソフト部分につきましては、英語など外国語対応などが求められている中で、スマートフォンなどの翻訳アプリを使った外国語講座を開くなど、地道な取り組みを続けております。  

小浜市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号

昨年までの2年間で市内の観光事業者のインバウンド受け入れ意識調査、外国語会話集の作成、外国モニター調査、重伝建地区におきますエリアリノベーションのための調査および計画作り、京都・滋賀エリアでのアンケート調査に基づくマーケティング分析および情報発信、戦略立案など多岐にわたる事業を展開いたしました。  

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

新たな学習が加わることですから、教職員の方、負担感は確かに増すということも懸念されますので、これは教職員指導力向上のための研修を充実したり、音声とか動画、教科書ソフトなどの教材についても整備していく必要があると考えておりますし、電子黒板とかタブレットの配備、それから英語に関しては外国講師の充実などを通して支援体制を図っていく必要があるというふうに考えておりますし、また、専門的な知識とか技能を持たれた

鯖江市議会 2017-08-30 平成29年 9月第411回定例会-08月30日-01号

昨年11月のジャパン〈漆〉サミットの共同宣言採択を受けて、全国漆器産地において文化遺産登録に向けた機運が高まる中、ことしは、漆芸分野の第一人者である東京藝術大学名誉教授の三田村有純先生と、同大学に在学中の外国留学生5人を講師に、6月から今月末までの期間、3回シリーズで越前漆器夜学塾を開催し、海外に通用する新しい越前漆器の開発に取り組みました。