402件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問、討論、採決-04号

公民館職員は、地域づくりに主軸を置き、高齢者地域生活を支える生活支援体制整備事業伝統文化継承に関わるなど地域活動支援し、公民館子どもから高齢者まであらゆる世代が集う地域コミュニティー拠点となるよう努めていきます。 ○議長梅林厚子君)  廣田さん。 ◆8番(廣田憲徳君)  職員意識改革を持って公民館の強化って言うとなかなか難しいなと思うんですけど。 

大野市議会 2021-03-01 03月01日-議案上程、説明-01号

近年では、平成28年度から本年度までの5年間に、全小中学校地域と進める体験推進事業に取り組み、大野の歴史、自然や伝統、人、産業などを学ぶことに加え、地域活動への積極的な参加や体験を充実し、ふるさとへの誇りと愛着の醸成に努めてきました。 新年度は、それをさらに発展させ、ふるさと大野かがやき隊と銘打ち、体験活動を行い、本市を紹介する動画の作成に取り組みます。 

福井市議会 2020-12-08 12月08日-03号

また,移住まではいかなくとも,地域での活動を考えている方には二地域活動・二地域居住等促進事業において空き家を活用できる仕組みを取り入れております。 今後とも空き家の活用を含め,移住希望者の多様なニーズにきめ細かに対応することで,本市への移住推進につなげてまいりたいと考えております。 (8番 水島秀晃君 登壇) ◆8番(水島秀晃君) それでは,再質問させていただきます。 

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

また,福井県ひきこもり地域支援センターやふくい若者サポートステーション,地域活動支援センター等連携し,就労体験交流の場を提供することで就労に向けた支援を行っています。 次に,ひきこもり者を出さないための対策ですが,まずは今ほど自殺防止対策でお答えしました総合的な相談体制の中で,不安の解消や病気の兆候を見逃さず対応することで,ひきこもりにならないよう支援してまいりたいと考えております。 

越前市議会 2020-12-03 12月04日-04号

人口の大きな割合が高齢者であるならば、心身ともに元気で、経済活動地域活動に貢献できる高齢者をいかに形成するかが社会活力に直結するテーマではないかと考えるわけであります。既に自治体の在り方を左右するのが高齢者福祉計画であると考えるとき、優先すべきマスタープランとしての位置づけが必要ではないかというふうに思います。 

鯖江市議会 2020-11-25 令和 2年12月第427回定例会−11月25日-01号

引き続き、男女共同参画女性活躍推進地域活動拠点施設である夢みらい館さばえと連携協働により、本市のジェンダー平等の実現に向けて取組を進めるとともに、「行動する10年」に向けて市民皆様への啓発に取り組んでまいります。  次に、本市では「めがねのまちさばえ」を全面に打ち出したプロモーション活動により、国内外への認知度向上に努めてまいりました。

福井市議会 2020-09-08 09月08日-03号

また,福井県ひきこもり地域支援センター地域活動支援センター等連携し,障害のある方も含めて就労体験交流の場を提供するなど,就労に向けた支援を行っています。 次に,アウトリーチ支援取組についてですが,昨年,福井民生児童委員協議会連合会の協力の下,現在確実に把握されている本市のひきこもりの人数を集計したところ,150人を超えるひきこもりの方が確認されました。

おおい町議会 2020-06-24 06月24日-03号

このほかにも、公共施設の修繕や過年発生林道施設災害復旧事業など、住民の安全・安心につながる事業、また地域活動につながる事業について、遅延なく適切に対応できるよう予算化されております。 一方、これらの支出に対する歳入としては、エネルギー構造高度化転換理解促進事業補助金や県単林道改良事業補助金などが適正に見込まれ、健全な予算編成となっております。 

福井市議会 2020-06-08 06月08日-02号

次に,地域活動対策のうち,まず,公民館事業の再開について質問いたします。 このたびのコロナ禍において多くの市有施設利用自粛の措置を取ってきましたが,現在は少しずつ解除されてきました。このうち公民館については,3月19日の全事業中止から約2か月となる5月12日以降,一部利用が再開されましたが,公民館利用に当たっては,1団体のみの利用とし1回につき1時間までと制限されていました。

大野市議会 2020-06-08 06月08日-一般質問-02号

それが学校だけじゃなくて、スポ少とか、そういう地域活動とか、いろんなことがあったと思うんですが、そこが今、ことごとく中止という大人の判断で選択肢を奪われてます。 何かそういうものを市がやれとは言いませんが、どっかの事業者さんがやろうとしたときに、市としてそういうのを応援するよとか、学校間の調整はするよとか、そういったような歩み寄る姿勢っていうのは何か策として考えてないのか。