ツイート シェア
  1. 光市議会 2009-11-20
    2009.11.20 平成21年第6回臨時会(第1日目) 本文


    取得元: 光市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-08
    2009.11.20 : 平成21年第6回臨時会(第1日目) 本文 ( 47 発言中 0 件ヒット) ▼最初の箇所へ(全 0 箇所) - この発言をダウンロード - 全発言をダウンロード ※ヒット箇所をクリックすると、次のヒット箇所へジャンプします。 :                  午前10時0分開会   開  会 ◯議長(中本 和行君) おはようございます。ただいまから平成21年第6回光市議会臨時会を開会いたします。       ───────────・────・────────────   開  議 ◯議長(中本 和行君) 直ちに本日の会議を開きます。       ───────────・────・────────────   議事日程 ◯議長(中本 和行君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしておりますとおりでございます。       ───────────・────・────────────   日程第1.会議録署名議員の指名 ◯議長(中本 和行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員は、笠井議員、磯部議員、加賀美議員、以上3名の方を指名いたします。  議事参与員は、お手元に配付いたしておりますとおりでございますので御了承願います。       ───────────・────・────────────   日程第2.会期の決定 ◯議長(中本 和行君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
     お諮りいたします。この度の臨時会の会期は、きょう1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、この度の臨時会の会期は、きょう1日と決しました。       ───────────・────・────────────   日程第3.報告第14号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第3、報告第14号に入ります。  本件について、市長の説明を求めます。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) おはようございます。報告第14号、自動車事故に係る損害賠償の額を定める専決処分の報告については、平成21年9月25日午後1時10分頃、光市丸山町の市道丸山町3号線と市道丸山町13号線との交差点において、本市環境部職員が運転する公用車が相手方自動車と接触し、損害を与えたことによる損害賠償の額を11万981円と定め、平成21年11月9日に専決処分をしたことを報告するものであります。  御理解賜りますようにお願い申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 説明は終わりました。ただいまの説明に対し、質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  以上で報告第14号を終わります。       ───────────・────・────────────   日程第4.議案第68号〜議案第70号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第4、議案第68号から議案第70号までの3件を一括議題といたします。  これらの事件について、提出者の説明を求めます。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) 議案第68号は、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)についてお諮りをするものであります。  第1条、歳入歳出予算の補正におきましては、歳入歳出それぞれ1億2,917万円を追加し、予算の総額を221億2,238万7,000円にしようとするものであります。  今回の補正予算につきましては、7月の集中豪雨により被災した箇所の災害復旧事業のうち、国の災害査定により補助災害復旧事業として認定された事業を中心に計上いたしたもので、早急な復旧を行うために御審議をお願いするものであります。  それでは、歳出から御説明を申し上げます。  まず、災害復旧費のうち耕地災害復旧事業におきましては、藤谷農道や高尾水路など農道6カ所、水路17カ所の農業用施設計23カ所及び水田など農地11カ所の補助災害復旧工事費4,230万円及び災害復旧事務費147万円を計上いたしました。また、周南広域農道法面崩落復旧に伴い土地保全工事を実施するための用地取得や、用地取得に伴う測量登記委託料など520万円を計上いたしました。  次に、土木施設災害復旧事業では、山田川など河川7カ所及び市道上岩田中岩田線など道路7カ所、合わせて14カ所の補助災害復旧工事費3,650万円及び災害復旧事務費264万6,000円を計上いたしました。  さらに、都市公園施設災害復旧事業では、スポーツ公園西側法面の災害復旧工事費として3,390万円を計上いたしました。  次に、予備費では715万4,000円を追加し、今後の財政需要に備えることといたしました。  これらの財源といたしましては、災害復旧事業に伴う国庫支出金7,124万5,000円をはじめ、農地災害復旧事業に伴う地元負担金772万5,000円、財政調整基金からの繰入金2,000万円及び市債3,020万円を充当いたしました。  第2条地方債の補正につきましては、市債の補正額に応じて追加を行おうとするものであります。  議案第69号、光市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例は、国家公務員等の給与改定方針に準じて、12月期に支給する議会の議員の期末手当の額を0.1カ月分減額しようとするものであります。  議案第70号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、国家公務員等の給与改定方針に準じて、一般職の職員の給料を平均で0.2%引き下げるとともに、12月期に支給する期末手当及び勤勉手当を合計で0.15カ月分引き下げようとするものであります。なお、本年4月から11月までの給与の官民格差相当分を解消するため、本年12月期の期末手当で所要の減額調整を行うことにいたしております。  以上、よろしく御審議の上、御議決賜るようにお願いを申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 説明は終わりました。ただいまの説明に対し、質疑がありましたら御発言を願います。土橋議員。 ◯18番(土橋 啓義君) 議案第70号のことについてちょっとお尋ねいたしますけれども、これまで人事院勧告が始まって、回数的にどのぐらい、あるいは年度的にどのぐらいの形で引き下げが行われているか、このことについてお尋ねをいたします。 ◯議長(中本 和行君) 嶋原総務部長。 ◯総務部長(嶋原  章君) 今お尋ねの職員の給与に関する人事院の勧告の過去の状況でございますけども、実は人勧というのが昭和35年から始まっております。そして、出ない場合もありましたけども、高度成長の右肩上がりに応じて民間の給与が上がってくる、その中で人勧が勧告されてきたということがありまして、ずっと上がってきたんですが、平成14年に初めて引き下げ勧告というのがございましてマイナス2.03、平成15年にも引き下げでマイナス1.07、平成16年は勧告がありませんでしたけれども、平成17年はマイナス0.36。そして、間は勧告なし、または多少の引き上げはありましたけども、平成21年、ことしですがマイナス0.22の引き下げ勧告、これは基本給に関してのことでございます。  また、期末手当につきましては、平成3年が年間、これはいわゆる冬と夏でございますが、最高の5.45月というのが一番ピークでございましたが、ことしの勧告後になりますと、きょうの議案を議決していただきますと年間4.15と、5.45から4.15に下がるということ、こういうような状況になっております。  以上であります。 ◯議長(中本 和行君) よろしいですか。他にありませんか。四浦議員。 ◯9番(四浦 順一郎君) 議案68号について、委員会で審査されるでしょうから、ここではアウトラインだけお尋ねをいたしますが、7月の豪雨によりましての災害で、その復旧が求められるというか、その件数と総金額、並びに9月の議会で補正予算が組まれておりますので、それと合わせて今回で何件かということ。そして、今回以降に持ち越されるものが何件あるか、金額は幾らか、それだけお尋ねしたいと思います。 ◯議長(中本 和行君) 森重政策企画部長。 ◯政策企画部長(森重 正一君) ただいまの御質問でございます。それでは、順次御説明をさせていただきますが、9月の補正予算でお諮りをさせていただいた件数でございますけれども、現年度の耕地災害復旧工事でございますが30件、ということで、現年度耕地災害復旧費といたしまして4,840万円を補正予算でお願いをしたところでございます。また、現年度土木施設災害復旧費といたしまして、災害復旧工事といたしましては18カ所でございますが、それ以外に、実は測量設計であったり機械器具借り上げであったりというので、それを含めますと、全体では55カ所で、予算額といたしましては1,950万円でございます。また、その他の公共施設災害といたしまして、9月のときには冠山総合公園他3カ所を330万円の措置をさせていただいたところでございます。  また、この11月に本日お諮りをさせていただきますのは、先ほど市長のほうから御説明をさせていただきました箇所と金額でございます。  以上でございます。 ◯議長(中本 和行君) 四浦議員。 ◯9番(四浦 順一郎君) 質問に1つ答えていない部分がありますが、残されたもの、今後、次年度を含めて、それはどういう件数になるか、金額はいかほどか。並びに今後の工事の見通し等も含めて触れていただければと思います。 ◯議長(中本 和行君) 森重政策企画部長。 ◯政策企画部長(森重 正一君) どうも失礼いたしました。9月の補正予算並びに本日お諮りをさせていただく災害復旧工事以外で積み残しをという御質問でございましたが、私どものほうで把握をしておりますのは、小規模治山工事が、地元のほうで災害が発生しておりますことから数カ所残っておるというふうに聞いておるところでございます。  それと、今後の工事の発注見通しということでございますけれども、災害復旧工事ということでございますので、極力早急に対応していきたいというふうに考えておりますが、相当箇所数がありますので、年度内での完工を目指していきたいと思っておりますが、一部繰り越しになることも考えられますが、極力年度内での完工を目指していきたいというふうに考えているところでございます。  以上でございます。 ◯議長(中本 和行君) 四浦議員。 ◯9番(四浦 順一郎君) ちょっと今の答弁があいまいなところもありますので、具体的にはですね、経済部長にお尋ねをしたいと思いますが、農林水産関係についてはですね、なかなか山合いの重機が入らないような箇所も結構たくさんあります。担当者並びに業者の皆さん方が非常に苦労されるところです。したがって、そういうものを含めて、ちょっと今の政策企画部長の答弁の補足をしていただければと思います。 ◯議長(中本 和行君) 山本経済部長。 ◯経済部長(山本 孝行君) ただいまの御質問は、要するに事業の積み残し部分といいますか、そういったお尋ねでよろしゅうございますか。  私ども経済部所管では、御承知のとおり、治山事業、それと耕地災害と2つ持っております。耕地災害のほうから申し上げますと、今回補正をお願いしております公共債、これについてはこれがすべてということでございます。あと単独の災害復旧工事がございます。これは9月議会でお願いいたしましたものが、先ほど政策企画部長から御説明いたしましたとおり、全部で30件で、それ以外のものが現在確認できているもので35件残っております。これにつきましては、今後の対応ということになってまいろうかと思います。  それから、治山事業のほうでございますが、これも9月の補正でお願いしているもの以外で、地元のほうがそういった工事、これについてはどうしても地元負担金が伴いますことから、その辺で御了解いただけているが現在までまだ予算化できていないもの、これにつきましては6件ございます。それ以外9件ございますが、これはその辺の地元との調整がまだできていない、地元のほうが事業を実施という結論が出ていないというものでございます。  以上でございます。 ◯議長(中本 和行君) よろしゅうございますか。森重政策企画部長。 ◯政策企画部長(森重 正一君) 先ほど四浦議員さんの御質問に対しまして、私のほうから説明をさせていただきました中で、1件訂正をさせていただければと思っておりますので、この場をお借りいたしまして訂正をさせていただきます。  9月議会の補正予算の際に、その他の公共施設災害で冠山総合公園他3カ所というふうに申し上げたんですが、含め3カ所でございますので、4カ所から3カ所への訂正をお願いいたします。 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  これらの議案は、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託し、審査をお願いいたします。  なお、この後、休憩をいたしますが、この休憩中に、これらの事件について各常任委員会を開催し、審査をお願いいたします。委員会の会場については、総務文教委員会を第1委員会室、環境経済委員会を第2委員会室で開催していただきますようお願いいたします。  なお、委員会審査終了後、議事の報告の整理がつき次第再開をしたいと思いますので、御協力をよろしくお願いいたします。  それでは、ここで暫時休憩をいたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。                  午前10時20分休憩       ……………………………………………………………………………                  午前11時35分再開 ◯議長(中本 和行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。  引き続き、日程第4、議案第68号から議案第70号までの3件を一括議題といたします。  これらの事件については、先ほどの休憩中にそれぞれの常任委員会において審査されておられますので、その概要と結果について各常任委員長から御報告をお願いいたします。  最初に、環境経済委員長よりお願いいたします。縄重環境経済委員長。 ◯22番(縄重  進君) 先ほどの本会議休憩中、全委員出席のもと付託事件について審査を行いましたので、その概要と結果について御報告をいたします。  今臨時会においては、水道局と環境部の所管の付託議案はありません。  まず、建設部関係の審査に入り、議案第68号、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)建設部所管分を議題といたしました。執行部の説明の後、現年度土木施設災害復旧費及び現年度都市施設災害復旧費に関する数点の質疑がありましたが、討論はなく、全会一致で、議案第68号、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)建設部所管分は、原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、経済部関係の審査に入り、議案第68号、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)経済部所管分を議題といたしましたが、執行部の説明の後、現年度耕地災害復旧費に関する数点の質疑がありましたが、討論はなく、全会一致で、議案第68号、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)経済部所管分は、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上が環境経済委員会の審査の概要と結果であります。 ◯議長(中本 和行君) ただいまの報告に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  次に、総務文教委員長よりお願いいたします。西村総務文教委員長。 ◯19番(西村 憲治君) それでは、総務文教委員会の報告をいたします。  先ほど、本会議休憩中、全委員出席のもと総務文教委員会を開催し、本会議から付託を受けました事件について審査をいたしましたので、その概要と結果を御報告申し上げます。  最初に、議案第69号、光市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例を議題とし、執行部からの説明を了として、質疑・討論はなく、採決の結果、議案第69号、光市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第70号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を議題とし、委員より数点の質疑がございました。  主なものとして、1、市職労と妥結した際の交渉の状況はどうだったのかと質したのに対し、この度の人事院勧告の取り扱いにつきましては、職員組合と交渉を重ねてきておりまして、御承知のように、この度の人勧については、月例給の引き下げ、さらに期末勤勉手当の引き下げ、持ち家に係る住居手当の廃止というようなものがございます。持ち家に係る住居手当の廃止につきましては、見直しに向けて組合と継続交渉ということになっており、それ以外につきましては、人勧どおり実施することで組合と妥結をしておりますという答弁がございました。  2、交渉で妥結した詳しい内容はどうだったのかと質したのに対し、この度の人事院勧告につきましては、月例給につきましても、期末勤勉手当につきましても引き下げという勧告内容でございます。引き下げにつきましては、平成14年、平成15年、平成17年と引き下げをしておりますし、また、引き下げる手法につきましては、いわゆる不利益不遡及の原則がございまして、引き下げの場合には4月に遡って引き下げはできないということもありますので、組合とすれば、4月から11月分については、今後到来する12月期末手当で引くことについてもどうであろうかというような話はございました。また、妥結につきましても、即妥結ということではございません。職員の給与に関することでございますので、やむを得ないと過去の人事院勧告を尊重する立場の中で、地方公務員法の趣旨に基づき、国、県あるいは他の地方公共団体と均衡を失しないようにするというようなことの中で、やむを得ず妥結したということでございますとの答弁がございました。  質疑終了の後、討論において、3つの観点から反対の発言がございました。1、この改定は、光市のまちづくりの重要な柱である、光市職員の待遇を引き続き引き下げるということになる。2、光市の職員数は2大企業に近く、地域経済に大きな影響を与えることになる。3、この時期に改悪を発表するのは、民間のボーナスに大きな悪影響を及ぼすことになるとの反対討論がありましたが、採決の結果、議案第70号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、議案第68号、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)のうち政策企画部所管分についてを議題といたしました。執行部の説明を了とし、質疑・討論はなく、採決の結果、議案第68号、平成21年度光市一般会計補正予算(第5号)のうち政策企画部所管分は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上が総務文教委員会での審査の概要と結果でございます。 ◯議長(中本 和行君) ただいまの報告に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  以上で委員長報告は終わりました。  続いて討論に入ります。議案第68号について、討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第68号については、先ほどの各常任委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。  よって、議案第68号については各委員長報告のとおり可決されました。  次に、議案第69号について、討論がありましたら御発言を願います。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第69号については、先ほどの総務文教委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。  よって、議案第69号については委員長報告のとおり可決されました。  次に、議案第70号について、討論がありましたら御発言を願います。土橋議員。 ◯18番(土橋 啓義君) 議案第70号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、極めて簡単に反対の立場で討論に参加をいたします。  職員の給与引き下げの理由は、官民格差の相当分を解消するためということでありますけれども、以前は、公務員と民間の関係は3倍ぐらい違っていた時期もございました。古い話で恐縮でありますけれども、私が大和の町会議員になったのがですね、昭和50年でございましたけれども、当時は町職員の給与は徐々に引き上げられていっておりました。しかし、市民の中にはですね、批判的な発言をしておられた方も結構おられたことを覚えております。でも、当時の職員の給料は、民間との格差というのはまだまだ民間のほうがはるかに多かったように思います。当時のことを知っておられる職員の方もおられるんではないかと思います。  先ほどの執行部の説明によると、人事院勧告が始まって以来、給与の引き下げは4回目となるとのことでございました。今回は、平均で年額として、期末手当等も含めまして、約15万円程度の減額になるんではないかというふうな話も聞いております。自分と比べて職員の給料が高いのはけしからんというふうに思われる方もいらっしゃるかもしれませんけれども、官民格差を口実にして公務員の給与を下げさせなければならない人達もいるんだということも忘れてはならないと思うわけであります。それはだれなのかということでありますけれども、このことにつきましては、補正予算の出てきます12月議会の討論で明らかにしたいというふうに思っております。  以上によりまして反対討論とします。 ◯議長(中本 和行君) 他にありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第70号については、先ほどの総務文教委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。                  〔賛成者起立〕 ◯議長(中本 和行君) 起立多数と認めます。  よって、議案題70号については、委員長報告のとおり可決されました。       ───────────・────・────────────   閉  会 ◯議長(中本 和行君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。  これをもちまして、平成21年第6回光市議会臨時会を閉会いたします。  御協力ありがとうございました。                  午前11時50分閉会       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。                     光市議会議長   中 本 和 行                     光市議会議員   笠 井 弥太郎                     光市議会議員   磯 部 登志恵                     光市議会議員   加賀美 允 彦...