506件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白井市議会 2020-06-12 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-06-12

工業団地アクセス道路の整備については、未相続共有地軟弱地盤対策工法の再検討などの課題から、第5次総合計画前期基本計画において、令和3年度末を目標としていた完成時期は延期せざるを得ない状況となっていますが、これらの課題にできる限り速やかに対応していくため、補正予算を計上しているところでございます。  

白井市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2020-03-23

また、工事については、総延長2,100メートルについて、平成30年度から軟弱地盤を安定させる圧密盛土工事をメインに、山林の伐採や排水施設の切り回し、田んぼの用水管の移設などの工事を実施しています。また、本体工事については、道路76メートルについて、表層を残して施工が終わっております。3.6%の進捗状況になっていますとの答弁がありました。  

茂原市議会 2020-03-13 第5号 令和2年3月13日

本納中は軟弱地盤であり、また、豪雨のときの 浸水の対策が必要です。そして、線路に隣接しており、条件が悪過ぎます。 一つは、教育環境であります。教育委員会小中一貫といっておりますが、小中一貫の定義 が不明確であり、また体育館や運動場施設利用の問題、そして、遊具の設置場所駐車場確保学校の諸行事や運動会等小中における学校運営の違いが懸念されます。

我孫子市議会 2020-03-05 03月05日-03号

NECの用地につきまして、例えば柴崎以外は全て埋まったという場合に、また市外から我孫子市内に新たな企業が出したいという方がいた場合に、その方の希望で先ほど軟弱地盤等でコストがかかるというようなお話をさせてもらいましたけれども、そういうリスク、そういうものを全て解消して、そういう点でもいいよというものが出てくれば、それは100%なしということではありませんので、その点については市のほうもNECとか、市内

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

116 ◯企画部長山口芳一君) あくまでも現時点でということで申し上げますと、受託者からは、プラットホーム延伸に当たっては、現況踏切列車信号設備等支障物件を考慮し、駅利用者に好ましい形状とはならないが、上り下りプラットホームともに、袖ケ浦方面側へ幅2.5メートル、長さ100メートルの延伸が必要となること、また、地質調査の結果により、現地軟弱地盤