301件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-12-10 令和2年第4回定例会(第7号) 本文 2020-12-10

現場測量地質調査基本設計などを実施するとともに、11月の浅虫温泉バリアフリー整備勉強会において、エレベーター設置する位置など、具体的な整備内容を精査しているところであります。  本市といたしましては、駅利用者利便性向上や地域の活性化を図るため、浅虫温泉駅のバリアフリー化の推進に向けて、引き続き、県と連携して取り組んでまいります。  

十和田市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-04号

今後の予定といたしましては、来年度検討委員会を開催し、基本構想基本計画の策定、建設地測量を行い、令和年度基本設計実施設計令和年度工事着工を経て、令和年度供用開始を目指して進めてまいりたいと考えております。また、検討委員会の中では、設置場所や規模などの詳細を検討していく予定となっております。  以上でございます。

青森市議会 2020-09-25 令和2年第3回定例会[ 資料 ] 2020-09-25

1 「市が現在進めている篠田地区流融雪溝整備事業進捗状況について示せ」との質疑に対し、「市では、平成30年度から当該事業に着手し、同年度は、取水箇所検討概略での整備路線調査を行い、令和年度は、整備に向けた路線測量を行うとともに、同地区内の関係する町会長などを対象に、当該事業概要等に係る説明会や既に供用開始している地区での現地見学会を開催した。

十和田市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-03号

道路管理者である青森県では、現在老朽化対策として橋の架け替えを計画しておりますが、国の交通安全事業関係から、現道幅員のまま整備すると伺っており、令和年度測量詳細設計令和年度用地測量、令和年度から2か年で架け替え工事を実施するとのことでございます。  次に、稲生橋近隣利便性向上施策についてのご質問にお答えいたします。  

弘前市議会 2020-09-09 令和 2年第3回定例会(第3号 9月 9日)

これまで、平成28年度及び平成29年度に実施した道路融雪施設詳細設計用地測量業務により約500万円を執行しており、事業進捗率予算ベースで約5%と低い状況となっております。理由といたしましては、国からの交付金の配分が低いことから、事業進捗が図られていないものであります。  事業スケジュールでありますが、今年度設備設置に必要となる用地取得につきまして、地権者との用地交渉を進めております。

弘前市議会 2020-09-08 令和 2年第3回定例会(第2号 9月 8日)

次に、事業期間につきましては、令和年度基本設計を実施した後、令和年度以降に事業認定に向けた事務手続実施設計用地測量などを経て、令和年度からは用地買収令和年度から2年間の工事期間を見込んでおり、事業が順調に推移した場合、令和年度に完成する予定としております。  以上であります。 ○議長(清野一榮議員) 宮本議員。 ○27番(宮本隆志議員) ありがとうございました。

弘前市議会 2020-06-17 令和 2年第2回定例会(第3号 6月17日)

あとは、土木建設業なのですが、設計測量対象になるけれども、現場で作業する土木建築対象にならないと。あと家具修理業対象になるけれども、家具製造業対象にならないということで、職種で線を引いているために、どうしてもこの制度から漏れてしまうという業者もやっぱり存在しているということなのです。  

青森市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第2号) 本文 2020-06-10

年度は、測量、地質調査及び詳細設計を行い、東側用地の一部におきまして樹木伐採工事を行ったところでございます。今年度は、引き続き樹木伐採を行うとともに、広場緑地既存道路の拡幅などの工事に着手することとしております。  北側用地におきましては、鉄道駅の整備について関係機関と協議するとともに、自由通路駅前広場駐車場緑地アクセス道路整備することとしております。

弘前市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 6日)

市内小中学校設備に係る建築設計業務一般競争入札におきまして、特定業者最低制限価格と同額で複数落札したという極めてまれな事案を受けまして、市では昨年7月に、これまで建設工事入札において実施しております同日落札制限建築設計測量などの建設関連業務入札におきましても導入いたしました。

弘前市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 5日)

これまで、本制度を活用した事業者の中には、本社と拠点を結ぶ遠隔会議システムを導入したものや、工事現場とオフィスをつなぐ通信機器が搭載された測量機器を導入した事例がありまして、情報伝達効率化をはじめ、移動時間が不要になるということで、業務効率化省力化、経費の削減等が図られたとのことであります。  

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

年度は、東側用地及び西側用地測量、地質調査及び詳細設計を行うとともに、東側用地の一部において樹木伐採工事を行ったところでございます。詳細設計の結果といたしまして、東側における八甲田大橋付近道路につきましては、幅員約6.5メートルの車道を7メートルに、幅員約2.5メートルの片側歩道をそれぞれ4メートルの両側歩道とし、全体で約9メートルの既存道路を15メートルに拡幅することとしております。

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

年度は、東側用地及び西側用地測量、地質調査及び詳細設計を行うとともに、東側用地の一部において樹木伐採工事を行ったところであります。この詳細設計の結果として、東側における八甲田大橋付近道路については、幅員約6.5メートルの車道を7メートルに、幅員約2.5メートルの片側歩道をそれぞれ4メートルの両側歩道とし、全体で約9メートルの既存道路を15メートルに拡幅することとしております。