9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

今年度はかづの観光ファンに新たに「LINE会員」制度を設けたほか、昨年から開始した楽天トラベルとタイアップした集中プロモーションでは、インスタグラムを取り入れたキャンペーンを展開するなどSNSを有効に活用して観光情報のリアルタイムな発信を行ったことが奏功したものと捉えております。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

7款2項2目観光振興費の観光宣伝推進事業では、誘客キャンペーンや葛飾区など首都圏での観光PR活動経費のほか、鹿角観光ファンの新規獲得を目指して新たに情報伝達率が高いLINE会員の新設や魅力拡散のツールとしてインスタグラムを活用したキャンペーン実施のための委託料等を計上します。また、来市された団体等が本市の郷土芸能をごらんいただけるよう、補助制度を新設いたします。  

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

窓口への問い合わせ件数も増加しており、平成27年度に比べ2.5倍ほどとなっているほか、今年度から開始したLINEの登録者数が200人に上り、15件ほどの具体的な相談も行われております。さらに、首都圏における移住フェアに出展し、来場された相談者や本市に興味を示している移住予備軍約150人に対し、月1回メールによる情報提供やダイレクトメールを送付しながら継続的に対応しております。

鹿角市議会 2017-05-12 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日)

また、移住コンシェルジュによる新たな取り組みとして、近年、コミュニケーションツールとして幅広い年齢層に普及しているLINEを活用した情報発信を開始しており、移住フェアへの参加LINEによる移住相談の回数に応じて「鹿角暮らしの必需品」をプレゼントするなど、移住希望の移住相談等への参加に結びつけ、移住者の増加につなげてまいります。  

鹿角市議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第6号 2月23日)

これに対し、メディアへの積極的な情報発信を行うため、LINEを活用した情報発信を計画しており、そのアカウントの管理料である。委託先についてはまだ決定していないが、企業委託することを想定しているとの答弁がなされております。  次に、同じく2款1項7目企画費の地域おこし協力起業支援補助金について、具体的な支援の内容についてただしております。  

北秋田市議会 2015-09-17 平成27年  9月 定例会-09月17日−03号

教育評論家の尾木直樹氏は、この事件を通してスマホ、LINE危険性を訴えています。被害に遭った生徒たちが映る防犯カメラの映像を見ると、ずっとスマホをいじり、頻繁にLINEのやりとりをして24時間つながっているんです。夜中に町を歩いていたら危険を感じて怖いはずですが、気軽につながれるので、いつも仲間と一緒にいるような感覚に陥り、怖さを感じなくなってしまいます。

鹿角市議会 2015-09-15 平成27年第6回定例会(第2号 9月15日)

また、夏休み明けの児童生徒が自殺率が一番高いことの原因ではないかと、このLINEなどのインターネットによるところが大きいと指摘されているところであります。  これを踏まえ、市内の現状と今後の対策についてお伺いいたします。 ○議長(田村富男君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) 兎澤祐一議員教育問題に関するご質問にお答えいたします。  

鹿角市議会 2014-09-16 平成26年第5回定例会(第2号 9月16日)

特に最近通話料がただだというLINEの活用の何かというのは、非常に心配な面が多々あります。そういう点では、特に学校の先生方、教職員の先生方についても大変それは心配されておられることだと思います。ただ、そのことと保護者のほうとの、その辺のところがどういうかかわりを持っているのかというのは、やはり常にいろんな形で共有をしていくということが大事になってくるのではないかと。

  • 1