336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2020-05-29 05月29日-03号

(4)新ガイドライン策定についてであります。 本市には現在2つガイドラインがあります。平成25年4月策定手続ガイドライン平成30年6月策定小形風力ガイドライン2つであります。 手続ガイドライン風力発電導入基本としていますけれども、小形風力ガイドラインは市民の安全性を考慮し中止を求めるなど事業者への規制を示しています。 

北秋田市議会 2020-03-12 03月12日-05号

当局からは、国のガイドラインではタクシー料金の半分程度料金となっていますが、当市ではさらに下げて2割程度料金を設定しており、このことが利用者の方を市全体で支えていくという姿勢の現れになっている。また、利用回数制限もない。利用していない方にも理解をしていただけるという意味でも、距離制での料金設定が一番明確と考えるとの答弁がありました。 

能代市議会 2020-03-11 03月11日-04号

この事業に関しまして令和元年度より開始しまして能代市だけではなく全国の市町村におきまして、どう進めていくべきなのか、林野庁のほうでも具体的なガイドラインを示すわけでもなく、戸惑いが多いものであったと思いますけれども、この1年間におきまして、そういった課題解決に向けて何か新たな進展があったものかどうか、最後お伺いいたします。 ○議長(渡辺優子君) 環境産業部主幹

由利本荘市議会 2020-03-06 03月06日-04号

今後は、発電機の性能が向上する一方で、固定価格買い取り価格の下落や、新たな入札制度の検討など、風車や太陽光パネル設置動向を踏まえながら、特に住宅等からの離隔距離や再エネ施設が多く設置されている地域へ配慮したガイドライン見直しを含め、地域との共生について引き続き検討してまいりたいと考えております。 次に、3、イノシシ対策についての(1)現状の把握はについてお答えいたします。 

仙北市議会 2020-03-04 03月04日-02号

文科省が2019年1月に「公立中学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドラインを示してます。これによりますと1カ月45時間以内、年間に360時間以内となってますが、仙北市の状況を伺います。 そして5番ですが、教員業務負担軽減には、非常に多い事務処理を、教員でなくてもできるものは他に処理をしていただくということで、相当の負担軽減につながると考えます。

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

ただ、残業についてはガイドラインがありますけれども、残業が月45時間、年360時間というのは遵守されるようではありますけれども、現場の実態から見ますと勤務時間の割り振り変更が厳しくなるとか、勤務時間の虚偽報告の解消問題が出る可能性があると。今もあるそうでありますけれども。また、勤務管理上のタイムカード等問題等が寄せられています。 

由利本荘市議会 2019-12-17 12月17日-05号

最後に、陳情第16号加齢性難聴者補聴器購入に対する公的補助制度の創設を求める意見書提出についての陳情でありますが、公的補助必要性は理解できるものの、ガイドライン、ルールが必要と考えられ、また、ほかの自治体状況や市内の難聴者現状などについてさらに調査研究する必要があるのではないかとの意見があり、全会一致で継続審査すべきものと決定した次第であります。 

男鹿市議会 2019-12-10 12月10日-04号

改正の概要といたしましては、スイッチング業務標準化にあわせた条文の整理、託送供給引き受け条件明文化ガス事業法第14条第1項の規定による説明をするときに交付する書面ガイドライン表記にあわせる改正ワンタッチ卸の場合においても託送依頼者託送供給約款義務履行、協力を行うことを明文化供給条件説明を行う際、書面に代えて電子情報処理組織を使用する方法、その他情報通信の技術を利用する方法を認める改正

男鹿市議会 2019-12-09 12月09日-03号

また、「熱中症予防運動指針」「熱中症対策ガイドライン参考に、児童生徒活動時間、気温、湿度に配慮し、常に健康観察するとともに、水筒の持参を奨励し、休み時間等にこまめに水分補給をすること、体調不良を感じた場合の早めの休憩、申出を指導しております。 次に、熱中症児童生徒教職員についてであります。 

由利本荘市議会 2019-12-09 12月09日-04号

先日、正木議員への市長答弁のあたりではガイドライン見直しには言及されておられましたが、ゾーニングについてはにかほ市の動向などを見られるということですが、環境省のゾーニング事業でいくと、促進をすることを目的にという項目もありましたので、どちらにしても、いわゆる制限のない開発と言えば表現が悪いのかもしれませんし、風力発電の乱立というのもちょっと表現が悪いんですが、そういうものを避ける意味と、それから