23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿児島県議会 2019-06-19 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文

働き方改革・長時間労働撲滅の機運醸成など、働き方が大きくさま変わりしている中、行政サービスの質を確保するためには、AIやITなど新たなテクノロジーの活用が求められており、その一環であるRPA導入も検討すべきだと考えます。  RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、昨年度は、県と県内IT企業との間で、RPA等の活用可能性について意見交換が二回開催されたとお聞きします。

富山県議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第10日・6月13日) 本文

今回は川越市情報化推進プランをベースにさまざまお聞きしたいと思っておりますが、この中にも書かれておりますビッグデータやオープンデータRPAなどを使った業務の効率化などについて少し、この川越市でもしそれらを取り入れたときどうなるかシミュレーションをさせていただきました。  

鹿児島県議会 2019-06-10 2019-06-10 令和元年第2回定例会 目次

         東條教育長)    郷 原 拓 男 君……………………………………………………………………………………………三六一     本県の財政について      ・次年度予算の収支見通しの公表の目的について      ・来年度予算に活用可能な対策としての見込み     宿泊税導入検討について      ・宿泊税の導入について     「働き方改革」と持続可能な行政構造に向けた取組について      ・RPA

千葉県議会 2019-06-07 令和元年6月定例会(第7日目) 本文

1つ目は、庁内業務の効率化として、端末での作業を自動化するRPAの実証実験に取り組み、市町村等を対象とした報告会を本年12月ごろに開催いたします。2つ目は、現場業務改革として、児童相談所の現場における効果的な情報共有進行管理の実現に向け、本年11月末までにモバイル端末などを活用した業務手順の見直し案を検討いたします。

群馬県議会 2019-05-29 令和 元年 第2回 定例会-05月29日-05号

また、前橋は、このほかにも、いろいろ先進的な取組をしているようでございますが、県庁では、ICTに対するこれまでの取組、また、AI、人工知能やRPA、ロボティックの最新技術への対応についてどう考えているかお伺いをいたします。 ◎友松寛 企画部長 県庁ICTの取組についてお答えをいたします。  

富山県議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第15日・3月7日) 本文

次に、二項目め、RPAによる業務効率化についてでございます。  RPAは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、ソフトウエア型のロボットにより入力作業などの単純な提携業務を自動化する取り組みでございます。労働付加価値の低い業務にRPAを導入することによって、人にしかできない業務に人を回すことができる。

栃木県議会 2019-03-06 平成31年 3月予算特別委員会(平成30年度)-03月06日-01号

加えまして、大量かつ定型的な業務を自動化するRPA技術RPAは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略でありますが、この技術によりまして一つは税務部門において自動車税等のデータ入力を自動化するほか、さらに幅広い行政分野での活用に向けまして、幾つかの業務で実証運用を行う予定としております。  労働人口が減少する中で、県庁組織の生産性向上は喫緊の課題であります。

富山県議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第13日・3月5日) 本文

確かに、BIツールやRPAを使うとなると専門的な知識も必要になると思いますし、それを職員の方にやってくださいという話をしてしまうと、それを学ぶだけで膨大な人件費がかかってしまいますので、川越市も今後テクノロジーを活用する際には、業務委託というものを視野に入れながら、ぜひ検証を行っていただきたいと思います。  これまで、ある程度情報の扱い等について確認をさせていただきました。

北海道議会 2019-03-01 平成31年第1回予算特別委員会−03月01日-04号

そこで、初めに、内部業務の減量化についてでありますけれども、道が昨年8月に策定をいたしました、内部業務の減量化方針においては、内部業務減量化の手法の一つとして、情報システムのさらなる活用や、AI、ロボティック・プロセス・オートメーション、いわゆるRPAの導入など、ICTの積極的な利活用を図ることとしております。  

富山県議会 2019-02-01 平成31年第1回定例会〔2月〕 一般質問通告事項書

                      │     │     │ │  │       │三、(仮称)西公民館建設について          │     │     │ ├──┼───────┼───────────────────────────┼─────┼─────┤ │ 23 │川 口 啓 介│一、アクティブシニア応援施策の推進について      │     │三九四~ │ │  │       │二、RPA

千葉県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会  予算委員会会議録

具体的には、AIやRPAといった先端技術を活用した庁内の業務改善などについて、導入するシステムや費用対効果の検討、実証試験などを行ってまいります。 ◯委員長(臼井正一君) 水野委員。 ◯水野友貴委員 今、庁内の業務改善ということでAIやRPAを活用していくというようなお話がありました。この業務改善につきましては、午前中の関委員の児童相談所のところででもICTの利活用ということがありました。

高知県議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第346回)-12月12日−03号

近年、RPAなる業務の自動化の動きが進んでいます。RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略語で、ホワイトカラーのデスクワーク、主に定型作業を、ルールエンジンやAIなどの技術を備えたソフトウエアのロボットが代行、自動化する概念定義されています。業務を代行、自動化するソフトウエア型ロボット自体のことは、仮想知的労働者などと呼ばれています。

滋賀県議会 2018-12-07 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号

事務の推進・改善における取り組み項目、ICTの活用による事務の効率化や県民サービスの向上では、AIやRPAを初めとするICTを活用した自動化の推進が掲げられております。ここで述べられておりますRPAとは、ロボット・プロセス・オートメーションの略称で、ロボット技術による業務プロセスの自動化を意味します。

北海道議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会−11月30日-02号

また、道庁内の内部業務について、業務自体の効率化を図るため、本年度中に内部業務減量化計画を策定すると承知しておりますが、和歌山県静岡県などでは、膨大な単純作業を自動化し、業務を効率化して、働き方改革や住民サービスに割く時間をふやすことを目指し、ロボティック・プロセス・オートメーション――RPAの実証実験を行っております。  

千葉県議会 2018-10-17 平成30年_決算審査特別委員会(第3号) 本文 2018.10.17

名前はロボティック・プロセス・オートメーション、RPAと言われるものであります。これは市町村課とか税務課、また調査統計などの業務時間を、より効率よくするもので、作業手順を設定し、また、記憶させることでパソコンを使った定型作業を自動化するシステムというふうに聞いております。実はたまたまきのうの読売新聞の夕刊に、このことが記事になっておりました。

  • 1
  • 2