運営者 Bitlet 姉妹サービス
3245件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 次に、都立高校におけるICT活用について伺います。  文部科学省は、昨年三月に高等学校の新学習指導要領を公示し、二〇二二年度から学年進行で実施していく方針を発表しましたが、そのポイントの一つとして、学校のICT環境整備とICTを活用した学習活動の充実に配慮すると掲げられております。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 まず、行政のICT活用です。  来年度、政策企画局に戦略政策情報推進本部が設置されます。予算案では、都全体での先端技術を活用した予算は七百二十億円に上ります。都はICTの活用について、都民への旗振り役にもなるわけですが、まずは都職員みずからがICTを理解し使いこなす必要があります。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 1番のICT推進戦略の実施の80万3,000円、4番の産学官連携によるデータ活用推進事業の180万円がありますが、研究会を開かれて、将来の滋賀の情報をどうしていくか話し合われると思うのですが、ビジョンについて教えてください。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号 京都府などでそういった対応が徐々に広がってきていると聞いていますのと、2015年4月から文部科学省は直接先生を派遣できなくても、ICTを活用した遠隔教育ができるように制度を変えました。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 どんどんICT化が進むと、大規模の北海道や、秋田、新潟は、どんどんコストダウンしていく可能性があります。滋賀県がこれから迎えるであろうICT農業の姿が、市場で米が安く出たり、利益幅がふえることは考えられるわけです。なるべく早く機械の価格を下げる努力とか、ドローンに関してもですが、百点満点ではないけれども、コストが安くて使えるようなものなど、滋賀県なりに頑張ってほしいと思います。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 今テレビ局がやっている芝政リレーマラソンは、何千人が参加して100チームぐらいで何十周もリレーするが、あれはずるしようと思ったらできるが、今はAIとかICTというのが発達して、たすきにICチップをつけてすれば管理ができると。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 既にESG投資を進めている先駆的な民間事業者においては、プラスチックにかわる紙や、生分解性プラスチックや植物由来のバイオマスプラスチックなどへの転換を図っているほか、ICTやAIを活用して効率的にプラスチックを回収し、再使用や再生利用を進めていく取り組みなども進みつつあります。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 介護におけるICT活用について伺います。  東京では、今後深刻な介護職の不足状態に陥ることが予想されており、私たちは繰り返し介護人材への支援を求めてきました。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2019-02-18 四、(二)の2)ですが、一次計画では、この項目はICTの活用により売り上げ拡大の支援としておりましたが、広く生産性向上という観点から捉え、項目の表現を見直したものでございます。また、四、(二)の3)は、地域の特性を活かした付加価値の向上支援ということで追加をしております。 もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-01-08 このため県では、ICTのさらなる活用と官民データの利用環境の整備を促進することにより、住民及び事業者の利便性向上、地域課題の解決、行政事務の効率化を推進するために、本計画を策定するものです。  二、策定の過程についてです。まず、国の基本計画及び国が示した策定の手引に基づき、各部主管課長等で構成する計画策定会議において協議を重ね、計画素案を作成いたしました。 もっと読む
2018-12-21 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月21日-07号 そのためには、これまでの日本の教育の良さを活かしつつ、AI、IoT等の革新的技術を始めとするICT等を活用した新たな教育の展開が不可欠である。  そのような中、一人一人の進度や能力、興味関心に応じて公正に個別最適化された学びを可能とするだけでなく、管理に伴う教員の負担軽減にも資するEdTechによる教育イノベーションの波が世界各国の教育現場に及び、「学びの革命」が進んでいる。   もっと読む
2018-12-21 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月21日-05号 学校教育環境のICT化に反対するものではありませんが、意見書案にある教育の質の向上、学習教育環境の整備充実を進めるというなら、殊さらソサエティー五・〇と結びつけるまでもなく、教員定数の改善で教員をふやしていくこと、現場からの要望である電子黒板ではなくパソコンがつなげる大型モニターの設置をなどの実現が急がれます。こうした観点から賛同できません。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 都は、平成二十七年より、私立学校に対してタブレット端末や無線LAN等の利用環境の整備促進のため、ICT教育環境整備補助を実施していますが、学校現場からの需要は依然として高い状況にあります。  私立学校の児童生徒の学習理解促進に向けて、今後とも、引き続きICT教育環境の積極的な支援を行っていくことを強く求めます。  以上、都政には解決すべきさまざまな重要な課題が数多く横たわっております。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 現在、県では建設現場における作業効率の向上を図るため、河川や道路工事などにおいてICT、いわゆる情報通信技術を活用したモデル工事を実施していると聞いておりますけれども、どのような効果が確認されているのか、お伺いをしておきたいと思います。 ◎板屋英治 土木部長  本県では、建設現場における生産性向上を図るため、平成27年度よりICT施工のモデル工事を実施しております。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 農政部関係では、ロボット技術やICTなどの先端技術を活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業を目指す鹿児島県スマート農業推進方針案に関して、委員から、中山間地域でも活用できるスマート農業の取り組みの方向性について質問があり、「高齢化や人口減少が進む中、中山間地域などにおいてもスマート農業を活用して、経験の少ない若者でも取り組みやすい仕組みづくりや、小規模農家でも先端技術が使えるような、経営規模 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 また、林業収益力の向上により山林所有者が意欲を持てるよう収益を還元するとともに、主伐を促進するため、森林資源量調査にドローンを活用するなどICTを取り入れた低コスト作業システムの導入を進めております。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 ICTを活用した公文書データは無料で提供いたしております。そして、公金支出情報を七十万件公開をいたしております。都政の見える化、着実に進んできたところでございます。   もっと読む
2018-12-12 鹿児島県議会 2018-12-12 平成30年産業経済委員会 本文 これらの課題を解決するためには、ロボット技術ですとかICTなどの先端技術を活用して、超省力・高品質生産を実現する新たな農業でありますスマート農業を推進していくことが必要であるということを策定の背景としております。  二ページをごらんください。  本県が目指すスマート農業の将来像を五つの柱に整理しております。  一つ目につきましては、広大な畑地・水田を活用した大規模農業の実現でございます。   もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回文教委員会会議録−12月12日-01号 ◎(伊賀服務担当課長) 時間外勤務の状況と対照実験との関係についてでございますが、今般の対照実験は、文部科学省が示す、ICTの活用やタイムカードにより、勤務時間を客観的に把握、集計するシステムにつきまして、どのような方法が教職員の勤務実態に沿うものかを検討するために行ったものでございまして、勤務時間や時間外勤務の状況などの分析につきましては、行っていないところでございます。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回総合政策委員会会議録-12月12日-01号 道の事務においてもICTは効率的な業務の執行や道民への質の高いサービスを提供する上で欠かせないものとなっており、サイバーセキュリティーの脅威が増す中、庁内ネットワークの三層分離などセキュリティー機能の向上に向け、さまざまな対策を講じてきたところと承知をしております。   もっと読む