5544件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡県議会 2021-07-30 令和3年 国際化・多文化共生社会調査特別委員会 本文 開催日: 2021-07-30

(二)管理運営計画について、1)組織体制あり方では、美術館運営にとって望ましい部門構成あり方や、学芸員ICT、広報等に精通した専門人材の配置について説明をし、新しい美術館には美術と現代社会課題を結びつけた企画といった専門性が求められる。県職員民間事業者が連携し、形骸化しない本質的なワンチームを形成できるかが大事であるなどの御意見をいただきました。  

石川県議会 2021-07-20 令和 3年 7月20日総務企画県民委員会-07月20日-01号

具体的には、ウェブ会議活用であったり、行政手続オンライン化といったICT利活用に係る取組については、まさにその新型コロナウイルス感染症対応としても有効であるということから、より積極的に対応を取ってきたというところもあります。  そうした意味で、引き続きより質の高い、県民本位行政サービスの提供に向けて、このプログラムの推進にしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

石川県議会 2021-07-16 令和 3年 7月16日厚生文教委員会-07月16日-01号

また、これは国の制度ですが、ICT支援員GIGAスクールサポーターといった取組県内市町活用されていますので、確かに今、GIGAスクール構想がスタートして教員皆さん方負担が生じていると思いますが、それを少しでも緩和できるように様々な取組を行い、GIGAスクール構想が達成できるようにできるだけサポートをさせていただいていると御理解いただきたいと思います。

山口県議会 2021-07-09 07月09日-07号

このほか、O 山口県乳幼児の育ちと学び支援センター取組内容等についてO 空調設備活用した学力向上支援についてO 山口松風館高校の役割についてO 通信制高校に対する私学助成金についてO 学校における働き方改革加速化プランの改定についてO 県立学校におけるタブレット端末活用状況についてO 小中学校における端末活用及び県の支援についてO ICT活用に関する教員資質能力向上等についてO 不登校の

滋賀県議会 2021-07-06 令和 3年 6月定例会議(第2号~第8号)-07月06日-05号

少子高齢化グローバル化の進展、ICTの急速な発展など、社会が大きく変化していく中、それぞれの地域で、一人一人の生徒に合った多様な学びを選択することが大切であると考えております。  そのためには、それぞれの高校で提供する学びに応じた適正な規模があるものと認識をいたしております。  御質問の標準という考え方を今後も持つ必要があるのかどうか。

長野県議会 2021-07-02 令和 3年 6月定例会本会議-07月02日-06号

教育委員会からは、ICT教育推進センターによる支援内容や有識者との検討状況に関する説明と、タブレット端末によるクラウド活用した学びが重要であるとの答弁がありました。  このほか、委員からは、県立学校部活動公式大会参加における感染症対策や教職員の非違行為の根絶に向けた取組の強化などについても意見が出されたところであります。  次に、環境部関係であります。  

奈良県議会 2021-07-02 07月02日-06号

今後ますます発展するICTやAIなどの技術を用い、出発地から目的地まで利用者にとって最適経路を提示し、複数の交通手段やその他のサービスを含め一括して提供するサービスであるMasS(マース)など先進的な取組活用し、インバウンドを含め人が集まる仕掛けや、高齢化社会対応する交通手段など、快適に移動できる魅力あるまちづくり検討が必要であります。 以上が調査報告書の概要であります。 

長野県議会 2021-06-30 令和 3年 6月定例会総務企画警察委員会−06月30日-01号

また、在宅勤務やテレワークの定着によって、コロナ前の旅客需要が完全に戻るか予断を許さないところでございますけれども、地域の暮らしを支える公共交通を維持するためには、やはり、交通事業者をはじめ関係者が緊密に連携しまして、地域実情に応じて、医療ですとか、教育ですとか、まちづくり、そういった政策とのセットで、生活圏単位交通のネットワークの最適化を図る必要があると考えておりますし、ICT活用しながら、

長野県議会 2021-06-29 令和 3年 6月定例会総務企画警察委員会−06月29日-01号

今、デジタルというと、IT、ICTだとか、インフォメーションテクノロジーというものがどんどん進化しております。デジタル社会アナログ社会はどう違うのかといったときに、私の発想の中だと、どんどんデジタル技術が進化をして、先ほどありましたスマートフォンだとか、いろいろなセンサーだとかが、いろいろとついてきます。