6029件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2022-12-08 2022-12-08 令和4年第4回定例会(第18号)(速報版) 本文

最後に、ICT支援員です。  現在、都はICT支援員として全ての都立学校デジタルサポーターを一人常駐させています。デジタルサポーターは、コロナ禍での子供の学びの充実のためにも必要です。  都は、こうしたデジタルサポーター能力を発揮できるよう、サポーターへの支援が重要と考えますが、都の見解を求めます。  

東京都議会 2022-12-07 2022-12-07 令和4年第4回定例会(第17号)(速報版) 本文

ICTの発達で、新しい働き方、働かせ方が生み出され、国内でも注目されているギグワーカーやフリーランスの議論を進めるために、都内での実態把握フリーランストラブル専門相談窓口設置など、都として着手可能なことに取り組むべきと考えますが、都の見解を伺います。  以上で再質問を留保して、質問の方を終わります。ご清聴ありがとうございました。

東京都議会 2022-10-18 2022-10-18 令和4年財政委員会 本文

ページの下段、主税局の電算化ICT化の流れという図にございますように、TACSSは、平成十七年七月の稼働から現在まで十七年が経過いたしました。税務行政デジタル化に向けて、令和八年度を目途にTACSSの再構築を進めてまいります。  恐れ入りますが、三九ページをお開きください。ここから六八ページまでは、第2章、都税のあゆみでございます。  四六ページをご覧ください。

新潟県議会 2022-10-18 10月18日-委員長報告、議長・副議長の選挙、閉会-06号

次に、教育委員会関係として ICT活用した教育については、個別最適な学びによる教育の質の向上が期待されるものの視力低下など健康面への影響が懸念されるので、国による調査結果を踏まえ対策を十分に検討すべきとの意見。 以上が、審査の過程で述べられた主な意見の概要であります。 

青森県議会 2022-10-14 令和3年度決算特別委員会(第2号)  本文 開催日: 2022-10-14

その結果、ICT活用により漁場探索効率化を図ることや、集魚灯を使用しない昼操業への転換等を進めてコスト削減に努めること、また、水揚げ後の鮮度保持を徹底し、産地価格向上につなげていくことなどを今後の経営改善方策として取りまとめ、漁業者に周知を図ったところです。

山口県議会 2022-10-07 10月07日-07号

これに関連して、O インクルーシブ社会の実現についてO あいサポート運動サポートマーク促進についてO 障害者ICTサポートセンター設置についてO 障害者情報コミュニケーション条例の制定について このほか、O 県立総合医療センター課題についてO 北朝鮮弾道ミサイルへの対応についてO 骨髄ドナー登録促進についてO 山口県医療人材総合相談窓口利用実績等についてO インフルエンザワクチン接種

滋賀県議会 2022-10-06 令和 4年10月 6日総務・企画・公室常任委員会−10月06日-01号

◎小林 私学・県立大学振興課長  私立幼稚園における遊具、運動具等整備ICT化促進等補助金となっています。現在、7園の予算を見積もっていますが、国庫補助事業追加募集がありましたので、8園分、512万円の増額をお願いするものです。 ◆大野和三郎 委員  コロナ対応地方創生臨時交付金について、今年度の実績は現時点で昨年度の実績の4割弱です。

熊本県議会 2022-10-05 10月05日-07号

加えて、新型コロナウイルス感染症対策としてのICT化や省エネ・脱炭素化対応する設備等私立学校対応すべき様々な設備には多額の経費を要する。 さらには、地震等災害発生時に地域緊急避難場所としての役割も期待される私立学校の非構造部材等を含めた耐震化促進に更なる支援が必要であり、また、令和2年7月豪雨に伴う災害により被災した生徒就学機会確保のため長期的な支援も必要である。 

滋賀県議会 2022-10-04 令和 4年 9月定例会議(第10号~第16号)-10月04日-06号

これをどういうふうに情報共有していくかということがあるわけなんですが、コロナ禍におきましても、オンライン診療であるとか、また、ICT活用などデジタル化コロナ禍を契機に加速する流れがありましたが、これらは医療と介護の連携にどのような影響を与えていくとお考えなのか、健康医療福祉部長に再度質問させていただきたいと思います。 ◎健康医療福祉部長市川忠稔) お答えいたします。  

滋賀県議会 2022-10-03 令和 4年 9月定例会議(第10号〜第16号)−10月03日-05号

そこで、遠隔会議システムなどICT活用し、離れた学校の教室をつなぎ、合同で学ぶ授業を行うなど、心身ともに高め合う児童生徒教育環境整備や、地域の特色を生かした教育地域住民との交流活動展開といった地域に開かれた学校教育というのが、御質問の過疎の地域においても大変重要であると認識をいたしております。  

新潟県議会 2022-10-03 10月03日-一般質問-04号

昨年9月の定例会一般質問において、不登校や病気療養等児童生徒に対するICT活用した学習機会確保について質問したところ、オンライン授業実施教育用クラウドサービス活用した教材の配信などの取組が、一部の学校で始まっているとの答弁がありました。 現在の取組の広がりと課題についてお伺いいたします。 

鹿児島県議会 2022-10-03 2022-10-03 令和4年海外経済交流促進等特別委員会 本文

ICT化がすごく遅れている。それから全域をカバーできない。つまり数に限りがありますのでといった課題ですね。総じて、働く外国人側の多様なニーズには応えて切れていないという課題があります。  僕は全国の自治体を回っていろいろな調査をしているので、すごく面白いなと思っていることがあって、下の半分に書いているんですけれども、地域で働く外国人に対する姿勢というか取組は本当に協会によってまちまちです。  

新潟県議会 2022-09-30 09月30日-一般質問-03号

次に、県は、離島や中山間地域など人口減少影響生徒数が減り、教員の少ない学校対象として、ICT活用した遠隔授業実証実験を行っており、教員の少ない小規模な学校でも生徒ニーズに応じた選択科目等授業を受けることが可能となり、広い県土を有する本県において、教育環境を充実するためには有効な取組と考えます。本格導入に向けた課題と今後の取組について伺います。 

愛媛県議会 2022-09-30 令和 4年建設委員会( 9月30日)

具体には、まず建設産業生産性向上を目指しまして、担い手対策につなげるためにも建設現場でのICT施工の普及に努めております。これらにつきましてはモデル工事展開しておりまして、その工種の拡大ですとか対象を拡大するとともに、建設企業測量設計企業が各施工プロセスを分担して取り組む地域モデル展開企業経営者向け講習会の開催などに取り組んでいるところでございます。  

滋賀県議会 2022-09-29 令和 4年 9月定例会議(第10号〜第16号)−09月29日-03号

3点目、国からの情報収集についてでございますけれども、県教育委員会では、御指摘の滋賀県生きる力を育むための学校教育情報化の推進に関する条例に掲げる理念の達成に向けまして、ICT活用事例集の作成、教員への多様な研修の実施、また教科指導モデルとなる授業づくり研究などにより、授業改善を進めているというふうに聞いているところでございます。  

福島県議会 2022-09-29 09月29日-一般質問及び質疑(一般)-05号

したがって、教育ICT化を進めるに当たっては、児童生徒と先生、児童生徒同士が直接顔を合わせて心を通わせる機会を大切にする必要があります。 そこで、県教育委員会児童生徒コミュニケーション能力の育成にどのように取り組んでいくのかお尋ねします。 次に、県立学校におけるICT活用への支援について質問します。 ICT化を進める中で、教育現場からは様々な問題が報告されています。

奈良県議会 2022-09-29 09月29日-05号

ドローンを含め、農作業の省力化につながるICT活用した機械は高価であるため、導入には費用対効果、有効性の的確な検証が必要でございます。引き続き、新たな技術の研究開発や、現場実証実施するとともに、現場実証で有効と判断されたICT機械は、国・県の補助事業や有利な貸付金活用いたしまして、農業者コスト負担を極力抑えながら導入できるよう、支援を図ってまいります。以上でございます。