2659件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2020-03-10 令和 2年 2月第 1回定例会-03月10日-05号

このため、県では川上の生産現場では林内路網の整備、あるいは高性能林業機械の導入支援、さらにはコマツと連携をしたICTを取り入れた作業の効率化や低コスト化などに取り組むと同時に、川下のほうではいわゆるCLTの加工施設などの整備の支援、あるいは住宅分野から公共建築物における県産材の積極的な利用拡大にも取り組んできたところでございます。

東京都議会 2020-03-09 2020-03-09 令和2年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文

そして、公立中学校へのICT教育環境をさらに整備していくことを求めます。  次に、環境施策の充実についてです。  地域の風土、気質、伝統文化を育み、先人たちが切り開き守ってきた里地里山を次世代に受け継いでいくために、里山保全の取り組みを求めるとともに、より多くの都民が自然に親しみ、多摩森林に愛着を持つ機会を提供するため、森林ボランティア参加しやすい体制づくりを求めるものです。  

石川県議会 2020-03-05 令和 2年 2月第 1回定例会−03月05日-04号

ICTを活用した業務効率化のベースとなるものとして、自治体クラウドがあります。二〇〇九年から総務省自治体クラウドの導入を推し進めており、十年以上が経過しています。また、私も二〇一二年三月の一般質問にて質問していますが、あれから丸八年。石川県内において自治体クラウドの導入はなかなか進んでいません。昨年の四月一日時点で、クラウドを導入している県内市町村の割合は四十七都道府県中、下から三番目。

東京都議会 2020-02-28 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

ICTの活用が官民問わず重視され、デジタルガバメントの動きが進んでいます。都政においても、大学研究者による事業提案制度で、都民が道路の損傷を見つけた際にアプリを介して行政に通報できる仕組み、マイシティーレポート、いつでも質問できるAIチャットボットや、行政手続ワンスオンリーなど、ICTを活用した事業が幾つも出てきています。

東京都議会 2020-02-27 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

ICT活用によるデータ集積により、介護の予防や介護度の軽減、事業所や施設の評価などができるようになり、業務改善も進みます。  このように、ICTの活用を含め介護事業者が業務の効率化と介護の質の向上に取り組めるよう支援をするべきと考えますが、都の見解を伺います。  最後に、教員の働き方改革についてです。  

東京都議会 2020-02-26 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

そのためには、急速に変化し続ける時代の中で、子供たちが笑顔で健やかに育っていけるよう教育のあり方もまた変わっていくことが求められており、ICTを活用したスマートスクールやソーシャルインクルージョンの理念を教育の場で実現し、学びの個別最適化を進めることが重要です。  

石川県議会 2020-02-25 令和 2年 2月第 1回定例会−02月25日-01号

また、業務負担の軽減に加え、介護の質の向上を図るため、ICT・IoT機器を導入する事業所を支援することにいたしました。  今後とも、団塊の世代が後期高齢者となる二〇二五年を見据え、人材確保にしっかり取り組んでまいります。  第七は、安全・安心と豊かな里山里海に包まれる環境づくりについてであります。  

東京都議会 2020-02-17 2020-02-17 令和2年財政委員会 本文

令和二年度予算においては、新たにICT関係評価を導入するなど、創意工夫を凝らして事業評価に取り組みました。一千二百六十六件の評価結果を公表し、評価の結果を通じて約一千三十億円の財源確保につなげるとともに、施策の新陳代謝を促進することで、四百二十件の新規事業を構築いたしました。  一ページおめくりいただき、二〇ページをごらんください。基金の活用でございます。  

茨城県議会 2020-02-17 令和2年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2020-02-17

また,(2)の訪問看護ステーションの機能強化につきましては,ICTを活用して,在宅の患者情報をステーションにおいて遠隔で把握することで,訪問看護の効果や効率性を高めることを目的としたモデル事業に取り組んでおります。  さらに,(3)の介護職員等に対する人材育成につきましては,医療依存度の高い利用者にも適切に対応できるよう,介護職員等に対する研修を行っております。  

茨城県議会 2020-02-13 令和2年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2020-02-13

次に,2)生産性の向上として,施工時期の平準化に取り組むことや,ICT施工を積極的に導入することによりまして,効率的な施工手法への転換を進めております。  なお,ICT技術の活用につきましては,別添の資料3のほうになりますが,参考資料になりますけれども,こちらの1ページにも記載してございますので,あわせてごらんいただければと思います。  

滋賀県議会 2020-02-13 令和 2年 2月13日行財政・働き方改革特別委員会−02月13日-01号

まずその基本認識に立っていますが、そのために今、説明させていただいたとおり、内部事務の効率化、外部人材の確保、ICTの活用を申し上げています。今、川島委員が言及された制度的な改変は、一朝一夕にいかない部分があるかもしれませんけれども、そういったことも念頭に置きながら、基本に立ち返った上で、この取り組みを進めたいと思います。  

茨城県議会 2020-02-04 令和2年文教警察常任委員会  本文 開催日: 2020-02-04

次に,2,安全・安心な学校施設づくり,ICT教育など社会の変化に対応した教育環境づくりでございますけれども,校舎・校地等の整備を進めますほか,下のほうになりますが,ウ,みんなに優しい学校施設づくり推進事業におきまして,特別支援学校中等教育学校を対象といたしまして,トイレの洋式化及び多目的トイレの整備を実施しておりまして,さらに高等学校につきましても,昨年9月の県議会におきまして,補正予算の御議決をいただきましたので

茨城県議会 2020-02-04 令和2年営業戦略農林水産常任委員会  本文 開催日: 2020-02-04

総合計画に掲げる農林水産部関係の主な施策としまして,まず施策(1)農業の成長産業化につきましては,生産性の向上を図るため,農地中間管理事業を活用した農地の集積・集約の加速化,ICT等の先端技術を活用したスマート農業の導入,水田の大区画化・汎用化や畑地整備などを推進してまいります。  

青森県議会 2020-01-21 令和2年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2020-01-21

MaaSとはMobillity as a Serviceの略で、ICTを活用して交通をクラウド化して、個々人の移動を最適にするためのさまざまな移動手段を活用し、利用者の利便性を高めるものであります。  またこれに加えて、観光資源の活用に向けて、ナイトタイムやスノーリゾート形成促進事業にも新たに予算が計上され、インバウンド需要を的確に取り込むことを目指しているとのことであります。  

石川県議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日厚生文教委員会-01月17日-01号

◎岡崎裕介 庶務課長  ICT教育の充実ということで、国では、ICTを活用した学習活動の充実を図ることを目的として、まず平成29年度に教育ICT化に向けた環境整備5か年計画を策定しています。その計画では令和4年度までに小中高等学校児童生徒3人に1台の端末を整備することを目標としています。