798件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2020-06-03 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第11号) 本文

また、再エネ電気地産地消を進めるためには、地域内での電力需要と再エネ発電量、さらには蓄電池EVなどを用いました再エネ電気充電放電量とをバランスさせることも有効でありまして、その手法等についての調査も予定しております。  加えまして、再エネ電気の一層の活用を図るためには、送電系統への優先接続が必要でありまして、国に対して、制度設計を行うことを引き続き強く求めてまいります。  

東京都議会 2020-06-03 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第11号) 本文

また、再エネ電気地産地消を進めるためには、地域内での電力需要と再エネ発電量、さらには蓄電池EVなどを用いました再エネ電気充電放電量とをバランスさせることも有効でありまして、その手法等についての調査も予定しております。  加えまして、再エネ電気の一層の活用を図るためには、送電系統への優先接続が必要でありまして、国に対して、制度設計を行うことを引き続き強く求めてまいります。  

東京都議会 2020-06-03 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第11号) 本文

また、再エネ電気地産地消を進めるためには、地域内での電力需要と再エネ発電量、さらには蓄電池EVなどを用いました再エネ電気充電放電量とをバランスさせることも有効でありまして、その手法等についての調査も予定しております。  加えまして、再エネ電気の一層の活用を図るためには、送電系統への優先接続が必要でありまして、国に対して、制度設計を行うことを引き続き強く求めてまいります。  

東京都議会 2020-06-03 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第11号) 本文

また、再エネ電気地産地消を進めるためには、地域内での電力需要と再エネ発電量、さらには蓄電池EVなどを用いました再エネ電気充電放電量とをバランスさせることも有効でありまして、その手法等についての調査も予定しております。  加えまして、再エネ電気の一層の活用を図るためには、送電系統への優先接続が必要でありまして、国に対して、制度設計を行うことを引き続き強く求めてまいります。  

栃木県議会 2020-04-20 令和 2年 4月農林環境委員会(令和2年度)-04月20日-01号

こちらはEV、PHVFCV導入促進に要するものでございます。  事業の概要の欄2番ですが、EV観光推進事業費の(2)になります。奥日光を環境に優しい観光地として構築することを目指しまして、MaaSを活用し、鉄道やEVカーシェアリング等の二次交通利便性向上を図るための交通モデルの構築を地元と連携し進めるものであります。  その下、3、FCV導入促進事業費ですが、(2)は新規でございます。

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年環境・建設委員会 本文

一、自動車部門CO2削減のため、EVなどの次世代自動車普及促進に向けた助成措置を実施すること。また、EV充電設備整備のため、集合住宅商業施設民間駐車場などのさまざまな場所への導入支援を実施していくこと。  一、環境性能にすぐれ、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインタクシーを、中小タクシー事業者も含め、また、ZEV化も見据え計画的に普及させること。

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年公営企業委員会 本文

一、都営バスにおける車両のさらなるゼロエミッション化に向け、燃料電池バス導入拡大を図るとともに、EVバスについても検討を進められたい。  一、都電荒川線は、施設設備の適切な維持管理更新を進め、安定輸送基盤充実に努めるとともに、沿線地域活性化に寄与されたい。また、経営安定化に向けて一層努力されたい。  

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年公営企業委員会 本文

一、都営バスにおける車両のさらなるゼロエミッション化に向け、燃料電池バス導入拡大を図るとともに、EVバスについても検討を進められたい。  一、都電荒川線は、施設設備の適切な維持管理更新を進め、安定輸送基盤充実に努めるとともに、沿線地域活性化に寄与されたい。また、経営安定化に向けて一層努力されたい。  

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年環境・建設委員会 本文

一、自動車部門CO2削減のため、EVなどの次世代自動車普及促進に向けた助成措置を実施すること。また、EV充電設備整備のため、集合住宅商業施設民間駐車場などのさまざまな場所への導入支援を実施していくこと。  一、環境性能にすぐれ、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインタクシーを、中小タクシー事業者も含め、また、ZEV化も見据え計画的に普及させること。

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年公営企業委員会 本文

一、都営バスにおける車両のさらなるゼロエミッション化に向け、燃料電池バス導入拡大を図るとともに、EVバスについても検討を進められたい。  一、都電荒川線は、施設設備の適切な維持管理更新を進め、安定輸送基盤充実に努めるとともに、沿線地域活性化に寄与されたい。また、経営安定化に向けて一層努力されたい。  

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年環境・建設委員会 本文

一、自動車部門CO2削減のため、EVなどの次世代自動車普及促進に向けた助成措置を実施すること。また、EV充電設備整備のため、集合住宅商業施設民間駐車場などのさまざまな場所への導入支援を実施していくこと。  一、環境性能にすぐれ、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインタクシーを、中小タクシー事業者も含め、また、ZEV化も見据え計画的に普及させること。

東京都議会 2020-03-17 2020-03-17 令和2年環境・建設委員会 本文

都は、コミュニティバスを運営する地方自治体バス事業者対象に、令和二年度から四年度までの三年間で、EVバス五台に導入補助を行うこととし、その経費として約一億円を計上しております。  補助率は、車両本体価格の三分の一、上限一千六百六十万円としており、国補助と合わせることで従来の車両と同程度負担EVバスが導入可能となります。  

東京都議会 2020-03-17 2020-03-17 令和2年環境・建設委員会 本文

都は、コミュニティバスを運営する地方自治体バス事業者対象に、令和二年度から四年度までの三年間で、EVバス五台に導入補助を行うこととし、その経費として約一億円を計上しております。  補助率は、車両本体価格の三分の一、上限一千六百六十万円としており、国補助と合わせることで従来の車両と同程度負担EVバスが導入可能となります。  

鹿児島県議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年企画観光建設委員会 本文

それから、やはり、水素エネルギーに関しましては、新しいエネルギー、車の中でもガソリン車から、今、特にEV、電気自動車というところに移ってきている。さらに水素というのは、非常に利便性の高いエネルギーでもあります。そうは申しながらも水素に関して、まだ十分に多くの県民の方々も理解ができていない部分というところもあるかと思います。