82件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2020-10-19 2020-10-19 令和元年度各会計決算特別委員会第1分科会(第3号) 本文

総務局実施している、主導している国際競争力強化プロジェクトがありますけれども、これでも昨年財務局からは、まさにEBPM事例研究で海外に行かれているということでありました。事業評価制度の深化に生かしていただきたいというふうに要望しておきます。  次に、都民提案事業について二点お伺いしたいと思います。  

東京都議会 2020-09-30 2020-09-30 令和2年第3回定例会(第17号) 本文

また、出生率など解決が難しい社会課題には複数要因が絡んでおり、統計処理により、要因を切り分けて評価する試みが、私が一年目から重要性を訴えてきたEBPM、証拠に基づく政策立案です。ランダム化比較試験を用いた研究が昨年のノーベル経済学賞に選ばれたことは記憶に新しいところですけれども、結果の信頼性を高めるにはデータの量が必要です。  

徳島県議会 2020-07-06 07月06日-04号

このほか、   EBPMモデル研究事業報告書における賃金転出者数相関関係について   阿南市特別職指定条例に係る審査申し立てへの対応について等々の議論がなされた次第であります。 以上、審査の概要を申し上げまして、総務委員長報告といたします。   ──────────────────────── ○議長(寺井正邇君) 経済委員長南恒生君。   

岡山県議会 2020-06-24 06月24日-05号

次に,晴れの国ブルースカイ事業についてでありますが,推進会議を設置して関係団体が一体となって取り組む体制を整えた上で,農業団体等と連携し,稲わら等を焼かずにすき込むなどの有効活用について複数の方法で啓発を行うとともに,一部の地域では,お話の補助も実施することとしており,EBPM考え方を踏まえたこれらの取組の成果を衛星写真活用して検証したいと考えております。

東京都議会 2020-06-05 2020-06-05 令和2年文教委員会 本文

私は以前より、子供たちの将来に大きく影響する教育政策の質の向上のために、EBPM、エビデンスベース政策立案を導入するべきだと訴えてまいりました。早稲田大学准教授松岡亮二先生も、従来の日本教育政策が場当たり的、思いつきで行われ、迷走してきたこと、そして、その改善のためには、まずはデータの収集であると述べられています。  

香川県議会 2020-06-04 令和2年6月定例会(第4日) 本文

本県においても、新型コロナウイルスによる様々な被害・影響を、EBPMによる政策立案PDCAサイクルによる行動により防止し、豊かな香川、誇れる香川をつくり上げる責務があると考えます。  それでは、一般質問をさせていただきます。  大きな一点目は、地方鉄道公共交通に対する支援策についてであります。  

栃木県議会 2020-06-04 令和 2年 6月県政経営委員会(令和2年度)-06月04日-01号

今、私たちのほうにもどんどんデータが届くような環境になってきていますので、実行したことに対して、どれだけ効果的だったかという観測がしやすい世の中になってきたことを、きちんと考えて、EBPMという、エビデンスとしてきちんと根拠とするようなデータを管理できるような事業展開を進めていくような、企画段階から将来的に観測できるデータというものを考えて事業を進められる職員、人づくりをしていきたいと思っております

山形県議会 2020-06-01 06月22日-03号

以来、EBPの実践は、政治学行政学にも及んでおり、エビデンスベーストポリシーメーキング・EBPMすなわち科学的根拠に基づく政策形成重要性が昨今強く指摘されています。 日本においては、二〇一七年八月に政府EBPM推進委員会の初会合を行うなど、その意義は徐々に重要視されつつありますが、残念ながら、まだまだ日本においては、その本質が議論され、欧米のようにそれが実践されているとは言い難い状況です。

奈良県議会 2020-06-01 06月26日-05号

EBPとかNPMとかEBPMと言われるエビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング、それは統計活用ということをベースにしてきたわけでございます。新しい「都」づくりの中でも、奈良県庁の流儀は一番で統計重視だと、こういうことをいまだに言っているものでございます。その統計活用の延長に議員がご唱道のビッグデータ活用が位置しているものと思われます。 

群馬県議会 2020-05-28 令和 2年 第2回 定例会-05月28日-02号

また、官民ビッグデータ活用したEBPM――横文字をあまり言うと、久保田先輩に怒られますので、――EBPM推進ということで、国内外のデジタル産業を誘致する新しい視点の中心市街地の再開発にSociety5.0を取り入れて取り組んでおります。  そういったことを鑑みると、冒頭言いましたけれども、市町村によって、それぞれの取組のバランスが違うと思うんです。

東京都議会 2020-03-19 2020-03-19 令和2年総務委員会 本文

一、未来の東京戦略ビジョンでは、プロジェクトごとに目指す方向性取り組みを進める上での課題施策のスキーム、実現に向けたロードマップなどを整理するとともに、EBPM考え方戦略を絶えず見直すなど、ビジョン実現に向けた取り組みを今後一層具体化されたい。  次に、都民安全推進本部関係について申し上げます。  

東京都議会 2020-03-16 2020-03-16 令和2年文教委員会 本文

令和元年十二月三日に文部科学省が発表した教育政策におけるEBPM強化では、各都道府県、指定都市英語教育改善プランの作成を要請しておりまして、新学習指導要領全面実施を機に、外国語教育プログラミング教育を初めとするEBPM取り組み、そして、教育政策EBPMを加速するという記載もございます。  

東京都議会 2020-03-12 2020-03-12 令和2年予算特別委員会(第3号) 本文

エビデンスベース教育改革、ひいてはEBPMのためには、義務教育を担う区市町村との連携は不可欠です。  現状は、クラウド系民間企業とのパスがあり、情報収集できている自治体もあれば、そうでないところもありまして、このままでは区市町村ごとICT整備格差、これが発生することが予想されます。