運営者 Bitlet 姉妹サービス
166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 この課題に対応するため、現在、都は、都心と臨海地域を結ぶBRTを計画しています。  臨海部に住む方の交通事情が早期に改善されるよう、一日も早いBRTの整備が必要と考えますが、今後の運行予定はどのようになっているのか伺います。   もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 次に、県土整備部関係については、県道太田桐生線バイパスについて、河川や道路の維持管理について、前橋市本町2丁目五差路交差点の改良について、群馬の森追悼碑訴訟について、BRT(バス高速輸送システム)の取組状況について、モビリティ・マネジメントについて、自動車運転代行業について、公共事業における住民説明会の周知について、県営住宅の同性カップルの入居について、群馬県無電柱化推進計画2019について。   もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会公共交通・観光振興特別委員会−12月12日-01号 BRTには交通系ICカードの導入が必須であるとの認識であるが、宇都宮市では、LRT導入に向けて、共通カードの導入が検討されている。  県内では、割引率の高い共通バスカードが導入されているので、県民やバス会社の意見を聞きながら、検討を進めていただきたい。 ◆伊藤祐司 委員   今年度、県で実施している新たな移動手段の導入支援事業について、進捗状況はどうか。 もっと読む
2018-12-10 群馬県議会 平成30年第3回定例会産経土木常任委員会(県土整備部関係)−12月10日-01号 ◆藥丸潔 委員   今、BRTの導入構想調査を実施していると思うが、その進捗状況はどうか。 ◎松岡 交通政策課長   進捗状況であるが、県・市町村・バス会社・鉄道事業者・有識者等で構成する「東毛広域幹線道路BRT構想策定協議会」を組織し、平成30年11月19日に第1回協議会を開催したところである。 もっと読む
2018-11-05 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.11.05 そのような中,先月,日立市で整備が進められているバス高速輸送システム「ひたちBRT」の自動運転走行の実証実験が始まり,私も試乗してまいりました。実用化できれば,人手不足にも左右されず,最先端技術を活用した特色ある地域づくりと活性化にもつがるものと期待をしているところであります。   もっと読む
2018-09-27 東京都議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第13号) 本文 しかし、その後の環状二号線本線全線開通のおくれによる知事の記者会見でのBRTについては大会後の発言には、多くの人が落胆しました。   もっと読む
2018-09-21 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-09月21日-02号 次に、BRTについて、県土整備部長、お願いいたします。 ○星名建市 副議長 県土整備部長、答弁席へ願います。            もっと読む
2018-06-29 千葉県議会 平成30年_総合企画水道常任委員会(第1号) 本文 2018.06.29 そして、圏央道の裏側のお話とか、新交通システムの話については調査しているものとしては、LRTとかBRTなどでございます。 ◯委員長(五十嵐博文君) 阿井委員。 ◯阿井伸也委員 あのバスみたいなやつか。BRTって登録したやつか。 ◯委員長(五十嵐博文君) 松尾空港地域振興課長。 ◯説明者(松尾空港地域振興課長) そうです。 ◯委員長(五十嵐博文君) 阿井委員。 もっと読む
2018-06-21 東京都議会 2018-06-21 平成30年都市整備委員会 本文 BRTもさることながら、検討会ではまだ具体的なルートや時期さえ定かではない。都市部と臨海部を結ぶ地下鉄新線にも言及がありました。   もっと読む
2018-06-13 群馬県議会 平成30年第2回定例会公共交通・観光振興特別委員会−06月13日-01号 ◆福重隆浩 委員   2020年にコンベンション施設が完成予定であり、東毛方面からの施設利用者を増やす一環として、個人的には東毛広域幹線道路におけるBRT導入という期待もある。これには、社会実験等を繰り返し実施していく必要があると思うが、今年度「(公財)日本交通計画協会」へ委託しているBRT導入構想調査のスケジュールはどのようになっているか。 もっと読む
2018-03-23 東京都議会 2018-03-23 平成30年オリンピック・パラリンピック及びラグビーワールドカップ推進対策特別委員会 本文 オリンピックのときにはBRTの活用というのも当初の計画の中で入っていたわけですが、改めて環状二号線の本線の開通計画がおくれていることで、BRTの準備もおくれているのは間違いありません。   もっと読む
2018-03-20 群馬県議会 平成30年 第1回 定例会-03月20日-07号 また、今定例会中、3月6日に開催された委員会におきましても、交通まちづくり戦略の目標について、東毛広域幹線道路におけるBRT構想調査について、高齢者の運転免許返納に関する取組について、山村振興に関する支援について、多文化共生推進指針の取組について、多文化共生推進士の状況について、買い物弱者対策について、児童養護施設退所者への支援について、ぐんま暮らし支援事業について、公立高校入学者選抜における海外帰国者等入学者選抜 もっと読む
2018-03-15 東京都議会 2018-03-15 平成30年予算特別委員会(第4号) 本文 また、選手村と隣接して、マルチモビリティーステーションとなる交通広場を整備して、路線バスを初め、新たなバス輸送システムであるBRTやシェアサイクルなどの導入を支援し、暮らしの足を支えてまいります。   もっと読む
2018-03-09 滋賀県議会 平成30年 3月 9日県民生活・土木交通常任委員会−03月09日-01号 これは土木交通部だけの責任ではありませんが、その辺が主眼で始まっていることなので、BRT等の導入に向けた検討も書いてありますが、それよりも、平成34年には県立体育館、平成32年3月には美術館というタイムスケジュールの中で、具体のアクセス向上をどう打ち出すのかが見えてこないと。 もっと読む
2018-03-08 京都府議会 2018.03.08 平成30年高齢社会の安心・安全対策特別委員会2月定例会 本文 LRTとかBRTについても、私も導入のお手伝いしているところはあるんですけれども、これを導入したら何とかなるじゃなくて、必要に応じてこういうものをうまく全体の中で調和のある仕組みをつくっていきましょうということで、新しいモードを入れたがるのはよくわかるんですけれども、それはうまく地域の実情を考えながら導入をしていきましょうということですね。   もっと読む
2018-03-06 群馬県議会 平成30年第1回定例会ぐんまの暮らしづくりに関する特別委員会-03月06日-01号 ◆藥丸潔 委員   東毛広域幹線道路BRT構想調査について、平成30年度で計上している調査事業の内容はどのようなものか。 ◎松岡 交通政策課長   東毛広域幹線道路沿いには、中規模な都市が連続して形成されていることから、都市間を広域的に繋ぐ、新たな公共交通軸として、バス高速輸送システムBRTの導入可能性について検討するものである。   もっと読む
2018-03-01 群馬県議会 平成30年 第1回 定例会-03月01日-05号 高齢者の免許返納や、移動手段を持たない交通弱者への対策、運転手不足や赤字に悩むバス路線の存続や、中心市街地の活性化に向けたLRT(ライト・レール・トランジット)や、前議会で公明党福重議員が提案したBRT(バス・ラピッド・トランジット)などの都市型公共交通システムの導入などについて、実用化が間近に迫る自動運転の技術をいち早く計画に取り込み活用することは、今我々が抱えている課題の解決に向けて必要なことであると もっと読む
2018-02-26 滋賀県議会 平成30年 2月定例会議(第22号〜第30号)−02月26日-04号 例えば、近江鉄道は今、全線直流化でございますけれども、過去をさかのぼりますとレールバスが投入された時代があったようでございまして、それは電力供給のコストを削減するという目的は違いますけれど、そういうことを考えますと、実は今、東日本大震災でJR東日本が気仙沼線に取り入れましたバス専用道を走る路線バス、BRTとか、それから、今、国土交通省で次世代の路面電車というてありますけれども、LRT、こういったことも もっと読む
2018-02-15 北海道議会 平成30年第3回北海道地方路線問題調査特別委員会会議録−02月15日-01号 また、日高線(鵡川−様似間)におきましては、線路と海岸線が近接し、自然災害が頻発していることや、DMVやBRTなど他の交通モードに関する地域での検討協議の状況なども踏まえまして、「他の交通機関との代替も含め、地域における検討・協議を進めていくことが適当」との考え方が示されたものでございます。 もっと読む
2018-01-11 北海道議会 平成30年第1回北海道地方路線問題調査特別委員会会議録−01月11日-01号 沿線自治体におきましては、昨年4月から、DMV、BRTの導入のほか、バスを運行した場合の運行システムも含めた調査研究など、持続可能な地域交通のあり方について、道も参画し、検討協議が進められ、昨年11月に、初期費用や収支等について調査結果が示されたところでございます。   もっと読む