13266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮崎県議会 2023-09-13 09月13日-03号

報道では、「1割強で低迷している普及率を高めるため、公務員本人扶養家族の計700万人超が率先して取得を済ませる。マイナンバーカードは2021年3月に健康保険証としての本格運用が始まる予定。これに伴う申請増加に備え、公務員が先につくって事務集中を避ける狙いもある」となっていました。 扶養家族もとらせるということは、家庭内のプライバシーを侵害しかねない事態も想定されます。取得の強制はできません。 

宮崎県議会 2022-12-02 12月02日-04号

そうした中で日本だけは、約700年にわたる武家政権が続いても、一度も途切れることなく、連続して一つ皇室が続いております。存続する世界の王室の中で、日本皇室は最も長い歴史を誇っております。それは、日本世界最古の国家だということを意味しております。 皇室、そして天皇という存在は、日本にとって何物にもかえがたい存在であります。

宮崎県議会 2021-06-13 06月13日-03号

警察本部長郷治知道君) 県内の65歳以上の免許保有者数につきましては、平成28年が20万2,404人、平成29年が20万8,778人、平成30年が21万4,104人であり、平成28年と比較しますと1万1,700増加しております。 昨年の年代別高齢者免許保有者数は、65歳から69歳が8万920人、70歳から74歳が6万977人、75歳以上が7万2,207人となっております。

宮崎県議会 2020-11-28 11月28日-02号

このため、県の発達障害者支援センターでは、事業所支援員対象としたスキルアップ研修ですとか、自閉症セミナーなどに毎年取り組みまして、昨年度は、これらの研修を述べ30回開催し、参加者も延べ700名に及んでおります。 また、関係団体主催の発達障がいに係る意見交換のほか、年1回、県内の全事業所を集め、サービス提供留意事項などを周知する集団指導も実施しております。 

兵庫県議会 2020-08-19 令和 2年警察常任委員会( 8月19日)

本年6月末で、ツイッターの違法有害情報削除依頼を約1,700件行い、約9割が依頼に応じて削除した。日々、有害情報の検索と削除依頼に取り組んでいる。  ② サイバー防犯ボランティアについては、社会全体でサイバー空間の安全を確保しようという趣旨に賛同いただいた、有志の方々や団体に参加してもらっており、現在2団体92名の登録がある。

茨城県議会 2020-07-29 令和2年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2020-07-29

患者の大幅な増加に備えまして,既に人工呼吸器24台,ECMO2台,個人防護具3,850人分簡易陰圧装置6台を整備しましたほか,次の帰国者接触者外来等への整備費補助の欄にございますように,外来機能強化を図るため,帰国者接触者外来等空気清浄機6台,パーティション39台,個人防護具1,700人分簡易診療室5室を整備しております。  

茨城県議会 2020-07-29 令和2年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2020-07-29

県におきましては,国の第2次補正予算に連動して,医療提供体制等強化に関する事業や,新しい生活様式への対応及び経済活動の回復に向けた本県独自の対策に必要な事業等について,スピード感を持って対応するため,459億4,700万円を計上することとしたものでございます。  この補正予算に係る所要の一般財源については,一般財源基金からの繰入金を充当することといたしました。  

茨城県議会 2020-07-27 令和2年魅力向上に関する調査特別委員会  本文 開催日: 2020-07-27

分譲価格の見直しを行った平成30年2月以降では,66.6ヘクタールを分譲するとともに,約700億円の投資と,約1,600人の雇用を創出することができました。  また,令和元年11月には,市町村が主導する開発計画を支援する新たな取り組みといたしまして,未来産業基盤強化プロジェクトを立ち上げております。

兵庫県議会 2020-07-27 令和 2年 7月第350回臨時会・速報版(第1日 7月27日)

軽症・無症患者が待機療養する宿泊施設も最大700室を確保します。陽性患者入院治療を行う医療機関に対する運営費支援対象に、PCR検査の結果が判明する前の疑似症患者受入を加え、患者の円滑な受入を促進します。  新規感染者感染経路をできるだけ早く特定し、濃厚接触者関係者PCR検査を実施し、2次・3次感染が起こらないよう封じ込めをしていくことが感染症対策基本です。

兵庫県議会 2020-07-27 令和 2年総務常任委員会( 7月27日)

その中で、無症状者軽症者への対応ということで、ピーク時には700室を確保していくということが出されているが、県として、これで十分に対応できると考えているのか、見通しを聞かせてほしい。 ○復興支援課長(前阪一彰)  患者数発生見込みについては、健康福祉部において想定されたものであり、詳細については存じ上げないが、フェーズに応じたホテルの確保をしていこうとしている。