623件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栃木県議会 2020-04-20 令和 2年 4月経済企業委員会(令和2年度)-04月20日-01号

右から3列目、増減B-Aの欄でございますが、対前年比30億3,538万6,000円の増となっているところでございます。これは、グループ補助金及び地域企業再建支援事業実施によります増額制度融資減額などによるものでございます。  同じく、1ページの下の段になります。中小企業高度化等資金貸付事業特別会計でございます。  

栃木県議会 2020-03-12 令和 2年 3月経済企業委員会(令和元年度)-03月12日-01号

一般会計ですが、産業労働観光部全体で、左から3列目、令和年度当初予算額B欄、その下の計のところになりますが、597億5,268万6,000円を計上しており、右側から3列目、増減B-A欄のとおり、対前年比30億3,538万6,000円の増となっております。  これにつきましては、グループ補助金及び地域企業再建支援事業実施によります増額制度融資減額などによるものです。  

茨城県議会 2020-03-12 令和2年文教警察常任委員会  本文 開催日: 2020-03-12

次に,厚生諸費538万1,000円の減でございます。これはメンタルヘルス対策として,専門機関へ委託して設置している教職員相談窓口への相談件数減少に伴う減でございます。  次の289ページにお移りいただきまして,恩給及び退職年金費でございますが,1,234万円の減でございます。  これは,恩給退職年金などの受給者数減少に伴う減でございます。  

福井県議会 2020-03-11 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-03-11

平成30年度福井県特定不妊治療助成件数であるけれども1,236件中、県内での治療が698件、そして県外での治療538件と、県外での治療する人が44%、約半数の人たち県外治療をしている。治療せざるを得ない状況だということである。多い多いとは思っていたけども、この数字を見るとこれはやはり何とかしないといけないのではないかと強く思った。  

栃木県議会 2019-11-27 令和 元年度栃木県議会第361回通常会議−11月27日-01号

予算は、随行職員1人を加えた経費として538万6,000円で、旅費281万9,000円、添乗員等委託費231万円などとなっております。議会と知事部局を合わせた全体の総予算は3,600万円になります。知事部局では、知事初め職員15人前後が現地に赴くとのことです。これは県民の置かれた状況から見て適切と言えるのでしょうか。規模の縮小なども含め再検討すべきだったのではないでしょうか。

茨城県議会 2019-11-18 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-11-18

次に,3)の歳出において500万円以上の不足を生じたものでございますが,表に記載の生活環境費国庫補助金収入不足額として,右から4つ目の欄ですが,538万6,000円となっております。この主な要因は,自然公園施設管理整備費工事請負費を翌年度に繰り越したことに伴うものでございます。  続きまして,13ページをごらん願います。4)の翌年度繰越額繰越明許費)でございます。  

愛媛県議会 2019-11-07 令和元年スポーツ文教警察委員会(11月 7日)

次に、63ページにまいりまして、上から3行目、社会教育総務費でございますが、予算額4億7,868万3,000円、決算額4億7,538万6,010円、不用額329万6,990円でございまして、これは職員経費及び生涯学習の普及推進に要した経費でございます。  なお、不用額につきましては、職員人件費実績減等によるものでございます。  

茨城県議会 2019-10-09 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-10-09

予算現額2億6,538万8,000円に対し,支出済額は2億6,239万6,000円で,不用額は299万2,000円でございます。  次に,2)の100万円以上の歳出不用でございますが,秘書諸費不用額230万7,000円につきましては,右側の理由の欄にございますが,旅費需用費等の額の確定によるものでございます。  次の3)以降は,該当がございません。