987件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨城県議会 2020-06-18 令和2年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2020-06-18

4の事業内容でございますが,表の1つ目通所介護事業者等サービス継続支援事業長寿福祉推進課実施いたします事業で,休業要請を受けた通所事業者等代替サービスとして居宅訪問によるサービス提供実施した際に係る車のリース費用など462万円,その下の障害者福祉サービス継続支援事業障害福祉課実施いたします事業で,安否確認を行う際に使用するICT機器等リース費用等418万円,両課合計880万円でございます

宮崎県議会 2020-03-13 03月13日-07号

2013年より10年間で、PFI事業418件行われておりますが、整備費管理費を財源以外の収入で回収するというPFI本来の目的を達成したのは21件に過ぎないことを、内閣府も認めております。 PFI事業の狙いは、県外の大企業やゼネコンのための新事業をつくり出すために、従来の公共分野の仕事を広く民間に明け渡すものであります。

茨城県議会 2020-03-12 令和2年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2020-03-12

続きまして,418ページをごらん願います。  (2)資本的収入及び支出でございます。  支出予定額は,806万1,000円の減額でございます。  その内訳は,右端の備考欄記載のとおりでございます。  次に,収入予定額合計は,56万4,000円の増額でございます。これは,建設負担金の額の確定によるものでございます。  その結果,差引額は,862万5,000円の増額となっております。  

愛媛県議会 2020-03-10 令和 2年経済企業委員会( 3月10日)

418ページをお開き願います。  8は、外国人材の円滑な受け入れを推進し、労働力を安定的に確保するため、技能実習生等日本語能力の向上を支援するとともに、送り出し国との連携強化を図るための経費であります。  9は、県内中小企業人材確保を図るため、ふるさと愛媛Uターンセンター県外窓口を東京、大阪に設置し、Uターン就職希望者等に対する支援を行うための経費であります。  

千葉県議会 2020-03-06 令和2年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2020.03.06

同じ資料の418ページをごらんください。  第2款第8項第1目委員会費予算額896万円であり、その内容人事委員会委員に係る報酬等でございます。  次に、419ページをごらんください。第2款第8項第2目事務局費予算額3億366万7,000円であり、その内容は以下に記載のとおりですが、主なものといたしましては事務局職員人件費職員採用試験費及び警察官採用試験費等でございます。  

千葉県議会 2020-03-06 令和2年_商工労働常任委員会(第1号) 本文 2020.03.06

平成30年度の総利用者数は1万9,418人となっており、これは今から5年前の平成27年度の2万7,287人と比較して7,869人の減少となります。一方、ジョブカフェちばでは、利用促進に向けて魅力あるイベント開催に努めているところでございまして、平成30年度求職者向けイベント開催件数は323件で、平成27年度の146件と比較すると約2倍となっております。

滋賀県議会 2020-03-03 令和 2年予算特別委員会−03月03日-02号

この他、公債管理特別会計は約1,187億円、収入証紙特別会計は約23億円、市町振興資金貸付事業特別会計は約4億円、また企業会計でありますモーターボート競走事業は、収益的支出で約418億円、資本的支出で約13億円となっております。  続いて、当部の主要事業につきまして、5点申し上げます。  まず1点目は、私立学校振興対策です。

福島県議会 2020-02-26 02月26日-一般質問及び質疑(代表)-04号

議会に提案された新年度県予算案は1兆4,418億円、今年度比では185億円のマイナスですが、復興関連は5,043億円、除染関連費用減少等で今年度比958億円のマイナスとなりました。国の復興創生期間10年の最終年となりますが、国も県も福島の復興の中心にイノベーション・コースト構想を据え、復興関連事業の大部分をイノベ関連事業に費やしてきました。 

福島県議会 2020-02-21 02月21日-一般質問及び質疑(代表)-02号

年度当初予算は、1兆4,418億円となる予算案を示し、そのうちの震災、原子力災害対応分予算も5,043億円としており、夢と希望、笑顔に満ちあふれた新生ふくしまの実現に向けた積極的な予算であると受け止めておりますが、来年度復興創生期間総合計画最終年度であり、これまでの取組を踏まえ、県民が新たなスタートを切るための土台をつくる大変重要な年であります。