2189件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2020-11-16 令和2年_決算審査特別委員会(第6号) 本文 2020.11.16

その結果、令和元年度の教育委員会全体における決算歳出総額は、一般会計において3,745億5,288万8,768円、特別会計において3億3,518万2,800円でございます。  主要事業等の概要は以上でございます。  なお、平成30年度決算審査特別委員会における要望事項に係る経過報告該当課教育施設課でございます。また、監査委員令和年度決算審査における改善すべき事項はございません。  

千葉県議会 2020-10-08 令和2年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2020.10.08

また、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、利用者数が大幅に減少し、厳しい事業環境にある地域公共交通事業者への支援金のほか、過年度統計調査委託費国庫返還金など、合計で2億8,288万1,000円を増額し、既定予算と合わせた総合企画部人事委員会事務局予算を134億4,575万5,000円としようとするものでございます。  

福井県議会 2020-10-02 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-10-02

これも何人かの委員とかぶるけれども、いまだ終息が見えないという状況であるけれども、これからPCR検査の数を増やして、1日3,000件に広げるということで、9月22日には嶺北、嶺南合わせて2会場で288機関が参加して、県医師会と共催で検体採取感染対策に関する研修会を行ったところである。  

宮崎県議会 2020-09-30 09月30日-08号

放課後児童支援員のうち、保育資格保持者が387人、教員免許保持者288人となっております。 なお、障がい児の受入れ児童数につきましては、令和元年は276人、平成30年は236人となっております。 ◆(前屋敷恵美議員) では続いて、特別養護老人ホーム待機者の現状、それから、このうち要介護3以上の方の状況について、前年度との比較で伺いたいと思います。

福島県議会 2020-09-30 09月30日-一般質問及び質疑(一般)-05号

双葉郡と県中地域を結ぶ道路につきましては、現在避難解除区域等復興を支えるふくしま復興再生道路として国道288号や県道小野富岡線の整備を進めているところであり、地域高規格道路については、生活圏相互の連携・交流機能の強化に向けた県全体での広域道路ネットワークを計画していく中で、福島イノベーション・コースト構想の進展など、浜通り復興再生を見据えながら必要性を検討してまいります。   

長野県議会 2020-09-24 令和 2年 9月定例会本会議−09月24日-目次

会 午後3時30分 10月2日(金曜日)   開  議 午前10時  行政事務一般に関する質問及び知事提出議案に対する質疑    埋 橋 茂 人 君…………………………………………………………………………………271    加 藤 康 治 君…………………………………………………………………………………280    毛 利 栄 子 君…………………………………………………………………………………288

北海道議会 2020-09-23 令和2年第3回予算特別委員会−09月23日-目次

………………………………………………… 283    大矢改革推進課長…………………………………………………… 283    神田職員活躍担当課長人事局参事……………………………… 285    谷内人事局長………………………………………………………… 286    若原総務部次長……………………………………………………… 287    千葉英也委員長……………………………………………………… 288

北海道議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会−09月08日-目次

………… 286 ─────────────────────────────────    9月18日(金曜日)第6号  1.議事日程……………………………………………………………… 287  1.本日の会議に付した案件…………………………………………… 287  1.出席議員……………………………………………………………… 287  1.出席説明員…………………………………………………………… 288

島根県議会 2020-09-04 令和2年9月定例会(第4日目) 本文

保健環境科学研究所においては、現在のところ1日当たり69件のPCR検査が可能となっておりますが、検査機器増設等により、288件の検査が可能となる見込みです。また、専用の検査機器保健環境科学研究所浜田保健所に導入することで、合計で420件の抗原定量検査が可能となります。これに協力医療機関によるPCR検査件数70件を加えますと、12月までに1日当たり最大778件の検査が可能となる予定です。