2260件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2019-10-02 令和元年第299回定例会(第6号)  本文 開催日: 2019-10-02

228 ◯三十三番(安藤晴美) 認知したいじめを学校家庭共有し、小さないじめについてもしっかりと認知して、その共有した問題について、ぜひとも、学校側の隠蔽体質を温存させることなく、開かれた学校にしていただき、学校家庭が連携した取り組みでいじめ解消を図られるよう、そして、かけがえのない子供の命がいじめによって損なわれることがないよう、県教育委員会としての

滋賀県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−07月02日-07号

 債務負担行為の補正のうち    1 追加 222 補助道路整備事業(近江八幡竜王線)         223 補助道路整備事業(山東一色線)         224 補助道路整備事業(大津守山近江八幡線)         225 補助道路整備事業(伊香立浜大津線)         226 補助道路整備事業(小佐治甲南線)         227 補助道路整備事業(赤野井守山線)         228

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会総務企画警察委員会−07月01日-01号

◎降旗大造 生活安全部首席参事官兼生活安全企画課長 ただいま委員から、この標準額に県が合わせなければならないかというお尋ねでありますが、そもそも、このもとは、地方自治法228条第1項、法律に決まっておりまして、ちょっと難しいところであります、条文のまま読ませていただいてよろしいでしょうか。「分担金、使用料、加入金及び手数料に関する事項については、条例でこれを定めなければならない。

東京都議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年オリンピック・パラリンピック及びラグビーワールドカップ推進対策特別委員会 本文

228 ◯篠オリンピック・パラリンピック準備局ラグビーワールドカップ事業調整担当部長ラグビーワールドカップ準備担当部長兼務 都はこれまで、大会一年前を初めとする節目イベントや、ラグビー日本代表戦に合わせたパブリックビューイングイベントを実施するなど、大会に向けた機運醸成を図ってまいりました。  

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日厚生・産業常任委員会−06月26日-01号

直近の数字が平成28年ですけれども、滋賀県の看護職員につきましては1万6,304人、人口10万人当たりに換算いたしますと、全国平均1,228.7人に対しまして滋賀県が1,153.9人となりますので、全国平均に比べると下回っている状況ですが、その前の平成26年から平成28年にかけては458名増加しておりますので、状況としては増加傾向にあります。  

滋賀県議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会議(第2号~第8号)-06月25日-06号

 債務負担行為の補正のうち    1 追加 222 補助道路整備事業(近江八幡竜王線)         223 補助道路整備事業(山東一色線)         224 補助道路整備事業(大津守山近江八幡線)         225 補助道路整備事業(伊香立浜大津線)         226 補助道路整備事業(小佐治甲南線)         227 補助道路整備事業(赤野井守山線)         228

鹿児島県議会 2019-06-21 2019-06-21 令和元年企画観光建設委員会 本文

228 ◯ふくし山委員 さらに、知事が今回の本会議で特に強調しておられたのは、「私は知事就任以来、県民が主役の県政を実現したいとの強い思いから、さまざまな機会に県民の皆様の声を直接伺い、真摯に耳を傾け、その声を県政に反映させる努力をしてまいりました」と。これを何度も強調されました。

群馬県議会 2019-05-15 令和 元年 第2回 定例会−05月15日-目次

………………… 224     岩井 均 議員 ………………………………………………………………………………… 224      答  弁  森林環境部長  桑原雅美 ………………………………………………… 224      〃  企画部長  友松 寛 ……………………………………………………………… 226      〃  スポーツ局長  武藤 勉 ………………………………………………………… 228

東京都議会 2019-03-15 2019-03-15 平成31年文教委員会 本文

228 ◯谷企画調整担当部長 都教育委員会学校で既に実施している事業に関し、新財団で実施する場合につきましては、そのスケジュールや内容等を来年度以降、具体的に検討してまいります。  その際には、都教育委員会学校からの移行が円滑に行われ、かつ重複等のない効率的な執行となるよう、関係部局とも協議の上、調整していく予定でございます。