346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮崎県議会 2024-12-04 12月04日-06号

このため、本県では平成17年度から、情報化に精通した民間人材任期付職員として採用し、各種情報システムの調達の際に専門的なアドバイス等を行うとともに、今年度からは、ロボット技術活用した、いわゆるRPA等による業務効率化にも取り組んでいるところであります。 また、一層の行政情報化を図りますため、有識者による懇話会を開催し、幅広い御意見をいただいているところであります。 

東京都議会 2020-09-29 2020-09-29 令和2年第3回定例会(第16号)(速報版) 本文

技におきましては、ペットボトルを水平リサイクルにするボトル・ツー・ボトルの推進AIRPA技術活用などで環境産業活性化を図ってまいります。  心技体の最後の体でありますが、キャップ・アンド・トレード制度のほか、省エネ家電や再エネ設備導入支援などによりまして環境投資を促して、防災力向上にもつなげてまいります。  

兵庫県議会 2020-09-16 令和 2年総務常任委員会( 9月16日)

(主      な      発      言) ○(前田ともき委員)  RPA導入推進についてである。新規のメール添付ファイルの集約は、クラウドストレージに集計票を置いて直接入力してもらう方がいいのではないかと思うことや、手書き帳票OCR読込も、手書きをなくして直で入力してもらう方がいいのではないか思う。  

宮崎県議会 2020-09-12 09月12日-02号

民間分野においては、第4次産業革命に即した革新的技術活用促進をどのように進めていくのか、そして行政分野においては、例えばオープンデータとしての地域経済分析システム、いわゆるRESAS(リーサス)と呼ばれているものでありますが、これを政策立案、あるいは評価等にどのように有効活用していくのか、また、ロボティック・プロセス・オートメーション、いわゆるRPAや、AIなど、新しいツール活用し、いかに行政業務

福井県議会 2020-06-29 令和2年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 2020-06-29

それから、総務部関係でもあるが、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入することによってすごくよくなった。というのも、AIOCRを使いながら、非常に業務効率化を図っているかと思う。問題なのは、このRPA導入したときに、ある担当職員プログラムを作ってしまうことによって、ガラパゴス化してしまって、将来的に誰にも直せなくなってしまうという状況が元々課題とされている。

佐賀県議会 2020-06-25 令和2年農林水産商工常任委員会 本文 開催日:2020年06月25日

それからあと、これは工場というよりは事務作業とかに関するお話なんですけど、それこそ本当にいろんな業種とか業態で財務経理だとか、あるいは人事といったような事務処理作業RPA、ソフトウエアロボット事務処理自動化するようなソーリューションですけど、これを導入して業務効率化に取り組んだ例などがございます。  

石川県議会 2020-06-22 令和 2年 6月第 3回定例会−06月22日-04号

本県においては、業務効率化のため、本年度よりRPA導入するなど先進的な取組を始めておりますが、コールセンター業務においてもAIチャットボットなどのICT導入を御検討されてはいかがでしょうか、御所見をお聞かせください。  AIチャットボット導入により、二十四時間の問合せ対応が可能となるなど市民サービス向上につながるとともに、職員への負担軽減による業務効率化も進むと考えられます。  

三重県議会 2020-06-16 06月16日-17号

また、国が実施する事業を活用して、県内市町業務プロセス標準化や、AIRPA活用した効率化モデル形成を図るなど、3983万2000円を計上しています。  感染拡大の影響を受け、不足している農業生産を支える人材育成に対応するため、県立農業高等学校実習用農業機械を整備する経費として、1942万1000円を計上しています。  

宮崎県議会 2020-06-14 06月14日-04号

こうした取り組みに加えまして、本年度からは、県民からの問い合わせ対応などの非定型業務や、県税業務などにおける定型的な事務AIロボット技術活用した、いわゆるRPAなどの新しい技術導入し、検証を行うとともに、その結果得られた効果的な導入手法について、市町村を含め、広く共有することとしております。 

佐賀県議会 2020-06-03 令和2年6月定例会(第3日) 本文

そのため、これまでも職員に対しましては、AIソフトウエア上のロボットによる業務行程自動化、これはRPAという言い方をしますけど、その研修会等を実施いたしまして、国や民間の新たな技術活用事例の紹介などを行ってきました。そのほか、AIRPAを実際の県の業務に適用するといった実証体験というレベルで普及啓発を行っております。  

広島県議会 2020-06-03 令和2年6月定例会(第3日) 本文

一方で、愛媛県がコロナ対策協力金申請手続についてAI-OCRRPA技術を使って事務作業効率化し、迅速な支給を目指しているという記事を目にいたしました。AI-OCRは、手書きデータを自動的に読み取って電子データに変換する技術であり、また、RPA人工知能を備えたソフトウエアロボット技術により、定型的な事務作業の大幅な作業効率化を図るというものです。

山形県議会 2020-06-01 06月19日-02号

後に指摘しますが、テレワークICT教育遠隔教育キャッシュレス決済県庁へのRPAAI導入などなど、数え上げたら切りがありません。これは以前から指摘され、ゆっくりとその方向へ世の中は流れていたわけですが、今回のことで急速にその流れは速くなるでしょう。 私は、以前から県の情報部門の弱さを指摘し、その強化と情報部門を強力に牽引し指揮する情報統括監・CIOの設置を主張してきました。

山梨県議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第3号) 本文

県では、総合計画において、県民ニーズを的確に捉え、柔軟に対応できる県庁であり続けるため、ICT活用により、県民利便性向上を図るとともに、人間のように学習し、業務を処理する人工知能、いわゆるAIや、定型的な業務を自動的に処理するRPAなどの最新のICTを最大限に活用して、スマート自治体を構築し、業務効率化を図ることとしております。  

富山県議会 2020-06-01 令和2年6月定例会 一般質問

昨年11月の予算特別委員会、そして本年2月定例会で、しつこく同様の質問をしておりますが、そのときに知事は、サテライトオフィスフリーアドレスペーパーレス会議テレビ会議システム、庁内に無線LANRPA導入するなど、細かい手段について答弁をされました。正直、それは単なる業務効率化ICT導入の延長にすぎないのではないか、まだトランスフォーメーションとは言えないのではないかと感じております。  

石川県議会 2020-04-22 令和 2年 4月22日総務企画県民委員会-04月22日-01号

吉住秀夫 総務部長  AIRPAについては、いわゆる定型的な業務に対して、それに従事していた時間をできる限りそうしたツールを使いながら業務時間を削減し、いわゆる付加価値を出していく部分に職員を傾注できるよう取組を進めるために導入しているところです。  これについては、行政経営プログラムの中にも記載していて、それを順次進めていくという形になっています。