1407件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2019-10-02 2019.10.02 令和元年予算決算特別委員会 本文

ただ、先日JR西日本報道した記事を見ると、9月5日の記事であるが、JR西日本は3月に境線に導入した車載型IC改札機の技術を応用し、地域鉄道バスなどの地域交通でも利用できる簡易型のIC車載器の開発に着手するとのこと。このサービスの特徴は、地域交通バスとJR西日本のICOCAインフラを結合し、地域交通事業者がシステム投資や運用に関する負担を軽減し、ICカードを導入できるスキームを構築。

石川県議会 2019-09-11 令和 元年 9月第 4回定例会−09月11日-02号

このしゅんせつ工事IC建機を使用するのは県内では初めてとのことで、建設業者向けの見学会も開催したとのことです。ICTしゅんせつ工事では、これまで手作業で実施していた水面から川底までの深さの計測を自動で制御し、効率的に施工が進められるようになり、工事の進捗を格段に早めることができると聞いております。

石川県議会 2019-07-30 令和 元年 7月30日厚生文教委員会−07月30日-01号

一方で、地元紙にベネッセが学校ICサポーターを募集しています。ビラの実物を持ってきましたが(資料提示)、このビラではベネッセとして契約社員、アルバイトを募集しますとあります。これで学校現場にというふうに私は読み取れました。だとすれば、学校に派遣されているICT支援員は、ベネッセの契約社員やアルバイトの方という理解でよいのか。

長野県議会 2019-07-05 令和 元年 6月定例会本会議-07月05日-06号

まず、委員からは、県立高校におけるIC環境の整備について、導入した機器をどのように活用していくのかとの質疑があり、教育委員会からは、機器を整備した学校に1年間ICT支援員を派遣し、教員のICT活用能力を高める研修の実施により生徒の学力向上につなげていくとの答弁がありました。  

長野県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会環境文教委員会−07月02日-01号

まず初めにIC環境整備事業で、昨日、2名の委員の方から御質問があったわけですけれども、さまざまな機器を導入して高校から順次、計画的に入れていくということだと思うんですけれども、そのICT教育の中で一番必要なことは、この機器を導入するという、これは一つの目的ではあるかもしれませんけれども、この機器導入後にその機器を使ってどのような授業をしていくかが一番重要な点で、それについては満遍なく各学校IC

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会環境文教委員会-07月01日-01号

最初に、休憩前の委員会において要求した「「高校の将来像を考える地域の協議会」の状況」及び「県立高等学校IC環境整備状況」に関する資料は、お手元に配付したとおりであります。  ▲口頭陳情の許可    陳第2号に関し、陳情者である「瀧澤史貴」氏から口頭陳情したい旨の申し出があったため、これを許可してよいか諮り、異議がなかったのでさよう決定し、陳情者の入室を許可した。      

京都府議会 2019-06-26 令和元年新総合計画に関する特別委員会 書面審査 文化・教育常任委員会所管 本文 開催日: 2019-06-26

学習指導要領への対応と基礎基本の徹底を掲げており、実社会という生きた教材から答えのない問いに挑む課題解決型学習等の機会の充実、またIC環境を整備し、主体的・対話的で深い学びや、一人一人の能力や特性に応じた学びの実現に取り組んでまいりたいと考えております。  2点目は、伝統文化学習など京都ならではの教育の推進による豊かな人間性と健やかな身体の育成です。

千葉県議会 2019-06-25 令和元年_文教常任委員会(第1号) 本文 2019.06.25

自助の視点とした啓発リーフレットというのが役立つとは思うんですけども、私からは、さまざまな工夫を凝らしたり、いろんな機器を導入して安全を確保できないかという視点でちょっと聞きたいんですけども、今回、例えば市川市ICタグを導入したということで、学校防犯システムICタグをランドセルとかにつけて、そのつけた子供学校に登校するとき、下校するとき、校門を通過するときに、時間と、それからそのIDのタグのデータ

佐賀県議会 2019-06-25 令和元年農林水産商工常任委員会 本文 開催日:2019年06月25日

このため、自動車関連産業やコスメティック関連産業などの本県に強みや素地がある分野や、今後の成長が見込まれる分野の製造業を初め、若者の就業機会の創出や各種産業の成長に必要不可欠となっているI関連産業を中心とする事務企業など、県内高校生や大学生などの地元就職やUJIターンを誘引するような多様で魅力ある企業の誘致に力を入れているところでございます。  

滋賀県議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−06月21日-04号

県では、基本構想において2030年の目指す姿として、「IC環境が整備され、より便利で快適な生活に貢献している」としたところです。滋賀県行政経営方針実施計画の中でも、行政手続の簡素化の推進といたしまして、公金収納方法の多様化の検討、電子申請の導入推進に当たっての手数料等の電子納付の利用促進を図るとしております。  

千葉県議会 2019-06-20 令和元年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2019.06.20

そこで、県、市町村企業研究機関等の多様な主体がそれぞれの強みを生かしIC利活用に取り組むことを目指す(仮称)千葉県IC利活用戦略を本年秋ごろを目途とし、新たに策定することといたしました。本戦略により、さまざまな主体が将来ICTにより実現を目指す社会の姿を共有し、テレワークによる柔軟な働き方の実現や、AI、IoTを活用したスマート農業などの取り組みの推進を目指していきたいと考えています。  

栃木県議会 2019-06-17 令和 元年度栃木県議会第357回通常会議−06月17日-03号

(10番 早川けいこ議員登壇) ◆10番(早川けいこ議員) 他県の事例としまして、三重県伊賀市では、IC遠隔監視システムを用いた大型捕獲おりにより、猿の性別、年齢、つまり大人雄、大人雌、子供を選別しながら捕獲が可能となり、その結果、サルの群れの人への警戒心が5倍に増加して、集落に出没するのが87%減少するという結果が出ております。

福岡県議会 2019-06-15 令和元年6月定例会(第15日) 本文

そして、ことしの一月からICカードなるものの取り組みが始まりました。目指すところは、私も委員会等で質問いたしまして、先生が生徒と向き合う時間の確保と、もう一つは、先生の心身の健康ということに目標があるということは明白であります。  そこでまず最初の質問ですが、働き方改革に関する県教育委員会及び学校における取り組みについて教育長から説明をお願いしたいと思います。  

福岡県議会 2019-06-14 令和元年6月定例会(第14日) 本文

一方、近年著しい技術革新が図られている情報通信技術IC)や人工知能(AI)といった技術は、スマート家電、さらには車の自動運転などさまざまな分野に活用されています。このような先端技術は、作業や事務での効率化が進み、新たなサービスの提供が実現できる、欠くことのできない技術であります。農業分野でもドローンの活用、GPSを搭載した自動走行トラクターの実装試験などが進められています。

鹿児島県議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

スマート農業とは、ロボット技術IC、人工知能等の先端技術を活用し、超省力・高品質生産を実現する新しい農業のことと理解するものですが、一般的に農業は、きつい、体力が必要、余暇がないなどの印象が強く、また、気象環境に左右され、経験や技術知識の蓄積が必要であり、現状では、就農へのハードルが高いと感じている人もまだまだ少なくありません。