運営者 Bitlet 姉妹サービス
1818件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 文部科学省は、昨年三月に高等学校の新学習指導要領を公示し、二〇二二年度から学年進行で実施していく方針を発表しましたが、そのポイントの一つとして、学校のIC環境整備とICTを活用した学習活動の充実に配慮すると掲げられております。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 また、モバイル対応端末を本庁全職員に配備し、これに対応するWiFiを本庁舎に新たに導入するなど、IC環境の整備拡大を図ってまいります。このような取り組みを通じ、都庁のICT活用を一層進めてまいります。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 こうした中で、昨今のIC技術の進展の成果を生かして、都が分身ロボットを活用したモデル事業を来年度から実施することとしております。これはちょっと注目をしておきたいと思います。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 ◎原田 情報政策課長  まず、1番のICT推進戦略の実施については、昨年度末にICT推進戦略を定めまして、5つの重点戦略で、5年間の計画で滋賀県のICならびにデータの活用の推進を行うことを考えております。5つの戦略と申しますのが、1つ目が地域産業、2つ目が安全・安心、3つ目が働き方・行政サービス、4つ目が人材、5つ目がICTの基盤の確立です。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会文教・警察分科会−03月07日-01号 活動状況ですが、授業準備、例えば印刷、IC機器やプール等の準備、授業の資料作成、それから学校行事や会議、校内研修の準備や片づけ、それからホームページの更新等、さまざまな業務に取り組んでいます。来年度は16市町に57名を、実質の人数は時間数等によって変わると思いますが、配置していきたいと思っています。 ◎西川 高校教育課長  高等学校における読み解く力の重要性について御質問いただきました。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 滋賀県がこれから迎えるであろうIC農業の姿が、市場で米が安く出たり、利益幅がふえることは考えられるわけです。なるべく早く機械の価格を下げる努力とか、ドローンに関してもですが、百点満点ではないけれども、コストが安くて使えるようなものなど、滋賀県なりに頑張ってほしいと思います。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 こうしたシェアリングエコノミーにつきまして、社会の理解を深め、広く普及させていく上で、先端のIC技術を駆使いたしまして、アプリやサイトを開発して、サービスの提供者と利用者を効果的にマッチングするベンチャー企業の役割というのは重要になってまいります。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 今回の予算案には、特別養護老人ホーム等におけるIC環境の整備等に関する支援が盛り込まれ、また、ICT活用が現場の実態に即していないとの指摘もある中で、介護事業所での次世代介護機器の効果的な使用に対する支援も盛り込まれており、介護人材不足に対する対応として評価します。   もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 また若手など新規就業者が即戦力として活躍できるよう、「ふくい林業カレッジ」での研修を充実させ、高性能の林業機械の操作やドローンなどIC機器を用いるなど、より現場に近い実践的な研修をふやしてまいります。  水産業でありますが、県栽培漁業センター内に建設中のマハタの栽培棟といいますか──マハタ棟において、来年度から種苗の生産を進めてまいります。 もっと読む
2018-12-21 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月21日-07号 EdTechを学校教育現場で活用するには、その前提としてIC環境の整備が不可欠であるが、我が国の学校教育現場においては、IC環境の整備状況の自治体間格差も大きく、現状では、EdTechの活用によりもたらされる教育の成果を児童生徒全員が享受することは困難な状況にある。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 そのためには、子育て環境の整備や東京の未来を担う子供たちのための施策が重要であり、私たちは、国の主導する幼児教育無償化に対する都の対応、病児保育、児童虐待対策、スクールサポートスタッフ等の強化、小中学校におけるIC環境の整備、通信制教育の充実などについて積極的な取り組みを求めてきました。今後は、私たちの質問を踏まえて、次年度以降の予算化を着実に実施していくよう求めます。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 加えて、IC技術の活用は熟練した技術者に頼ることなく、経験の浅いオペレーターでも作業が可能でございますことから、担い手不足に有効な手段であると考えております。 ◆中村勲 委員  IC技術の活用が建設現場の生産性向上に効果があるというふうに確認されているのであれば、このモデル工事の継続は極めて重要であります。 もっと読む
2018-12-12 大分県議会 平成30年 第4回定例会(12月)-12月12日−05号 また、革新的技術の活用を支える基盤づくりについて、IT人材の不足が深刻化する中で、本県としても危機感を持ってI人材の育成、確保に取り組んでいかなければなりません。小・中・高校生など未来を担う人材の育成のための取組を充実させるとともに、UIJターンの促進や企業誘致により、IT人材が集中する首都圏や都市部から優秀な人材を呼び込む取組も必要であります。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月12日-01号 ◆髙島陽子 委員 この中で、IC教員の研修充実、教員適正配置、情報モラル教育の促進ということについて少しお尋ねしたいと思います。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月11日-01号 県だけではできませんので、商工会、商工会議所、中小企業振興センターなどとも連携しながら、具体的な導入事例を広く普及するとともに、実際に県内にもIC産業を進めておるベンダーがおりますので、そういうベンダーと具体的にマッチングをすることによって支援していくことが必要だと考えてございます。   もっと読む
2018-12-11 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月11日-05号 また、本年度から、新たにIC、いわゆる情報通信技術の活用を始めているところでありまして、特殊詐欺の予兆電話を警察で認知した際に、金融機関に対しまして、一斉連絡システムを活用して来客に対して注意喚起をしたり、犯行に使用された電話などに自動的に架電することにより、その番号を事実上使用できない状態に追い込むような事業を新たにスタートさせ、被害の防止を図っております。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年経済建設委員会 先般、テレビを見ておりましたら、今、日本中で大きな問題になっておりますイノシシの被害に対して、イメージセンサーを使って自動的に入り口をさっと閉める非常に安いわなを開発した方は、元はI企業に勤めていた70歳の方でありまして、その方のところに、ぜひこれを商品化して全国に普及させたいという会社がもう来ていて、そして新しい事業として始まる可能性もあるということでした。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年厚生環境委員会 それから、IC技術を活用した農業用水の管理も末節のほうですけれども、ここら辺の説明を少しいただきたく、具体的にどういうことをされるのか、現状も含めて、わかれば教えていただきたいと思いますので、後ほどよろしくお願いいたします。  また、中島環境保全課長から説明いただきましたが、前回の冬の豪雪を踏まえて、井戸がれに早速対応していただいたということです。 もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年企画観光建設委員会 本文 次に、三の暮らしが潤い世界につながる県土の創造のIC利活用に係る研修につきましては、ICTを利活用できる人材の育成を図りますため、国や関係団体と連携し、IoTをテーマとした研修会を先月十二日に開催したところであります。  国際航空ネットワークの拡充・強化についてであります。  四ページにお進みいただきまして、表をごらんいただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-10 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第2分科会−12月10日-04号 また、各学校におきましても、IC機器の効果的な活用や少人数指導による授業改善、放課後や長期休業での補充学習、学校と家庭が連携した生活リズムチェックシートの活用などに重点的に取り組んでいるところでございます。 ◆(吉川隆雅委員) ここまで、全国学力・学習状況調査の結果をもとに、管内別の状況や市町村の取り組みについて伺ってまいりました。   もっと読む