941件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-01-21 青森県議会 平成31年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-01-21 青森エネルギー産業振興戦略が2年前につくられました。この中で、3E+S──安定供給、経済効率性、環境適合プラス安全性国でも去年の7月に策定したエネルギー基本計画で打ち出しているわけでありますが、の産業振興戦略でもこれ先取りしています。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 「新しい農業基本計画について」 ◯清水委員  次、農業基本計画について伺う。  今議会において、新ふくいの農業基本計画の骨子案が示された。来年度以降、5年間の本県農業の基本的な指針とすべく策定されたものであるが、この中から質問する。  外に売り込むブランド作物として、福井そばが今回取り上げられている。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年農林水産委員会 これまで、青森の日本海側や北海道南部の太平洋側におきまして、ブリ34尾に電子タグつけて放流しておりまして、ことし11月までにそのうち6尾が採捕されております。  ただ、残念ながらこれらのほとんどは放流後、比較的短期間で北海道や青森で採捕されておりまして、現在のところ、長期間、長距離に渡るブリの回遊経路明らかにできるほどのデータは、得られていない状況となっております。 もっと読む
2018-12-10 鹿児島県議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 こうした経緯もあり、鹿児島中央駅西口については、工業試験場跡地とその周辺の土地と合わせた一体的な利活用が望ましいとの観点から、平成十八年度に土地所有者四者から成る鹿児島中央駅西口地区開発連絡会設置し、同連絡会において、平成十九年十二月、陸の玄関口にふさわしい都市機能の充実・向上や未来のかごしま見据えたまちづくりなどの、まちづくりの考え方など盛り込んだ鹿児島中央駅西口地区開発に向けての基本もっと読む
2018-12-07 青森県議会 平成30年第296回定例会(第6号)  本文 開催日: 2018-12-07 青森基本計画「選ばれる青森」への挑戦の策定について、基本計画重点枠事業の企画立案に当たっては、環境変化踏まえて、目指すべき方向性示し、庁内で共有する必要があると考えるが、の見解伺いたい」との質疑に対し、「次期基本計画においても、重点枠事業の企画立案含む一連のマネジメントサイクル実施することとしている。 もっと読む
2018-12-06 青森県議会 平成30年地方独立行政法人青森県産業技術センターに関する特別委員会 本文 開催日: 2018-12-06 議案第25号「地方独立行政法人青森産業技術センターの定款の一部変更の件」は、地方独立行政法人法の改正に伴い、地方独立行政法人青森産業技術センターの監事の職務及び権限並びに任期に係る定款の変更行うため提案するものであります。   もっと読む
2018-11-28 青森県議会 平成30年第296回定例会(第2号)  本文 開催日: 2018-11-28 その結果、産品が売れる仕組みつくり上げ、また、「青天の霹靂」初めとする産品のブランド化も進むなど、目に見える成果が出てきております。  そして、平成十六年度に生活創造推進プラン、平成二十年度に未来への挑戦、平成二十五年度に未来変える挑戦、そして、今回の「選ばれる青森」への挑戦と、青森基本計画策定し、さまざまな取り組み積極的に進めてきております。 もっと読む
2018-11-21 青森県議会 平成30年第296回定例会(第1号)  本文 開催日: 2018-11-21 議案第二十七号「青森基本計画「選ばれる青森」への挑戦の策定の件」について御説明申し上げます。  私は、平成二十五年度に策定した青森基本計画未来変える挑戦に基づき、県民一人一人の豊かな生活支える経済的な基盤となる生業(なりわい)づくりに全力で取り組んできました。未来変えることができると信じ、本県の強み生かしながら、さまざまなチャレンジ続けてきたところであります。   もっと読む
2018-11-01 鳥取県議会 平成30年11月定例会(第2号) 本文 国においては、このような状況踏まえて、平成25年12月に交通政策基本法が施行され、交通に関する施策についての基本理念が定められ、さらに平成26年11月には地域公共交通活性化法が改正され、地方公共団体が主体となってまちづくりと連携した面的な公共交通ネットワークが再構築できるよう、地域公共交通網形成計画の制度が設けられました。   もっと読む
2018-11-01 鳥取県議会 平成30年11月定例会(第6号) 本文 御存じのとおり、基本的にのルールといたしましては、管理の道路のバイパスが完成すれば町なり市のほうに移管するといったのが基本的なルールでございまして、この道路についてもそのルールに従って北条町のほうへ移管させていただいたというところでございます。   もっと読む
2018-10-16 青森県議会 平成29年度決算特別委員会(第2号)  本文 開催日: 2018-10-16 37 ◯高谷農林水産部長 地域林政アドバイザーの具体的な役割としては、地域における森林整備の基本的な考え方示す市町村森林整備計画の企画立案に参画するほか、森林所有者等が低コストで効率的な作業実施するために作成する森林経営計画市町村が認定する際、指導、助言行います。   もっと読む
2018-10-05 青森県議会 平成30年第295回定例会(第6号)  本文 開催日: 2018-10-05 63 ◯企画政策部長(原田啓一) SDGsにつきましては、今後五年間の行政運営の基本方針となる次期基本計画において、本県が目指す世界が認める青森ブランドの確立実現していく上で重要な考え方であることから、第六章「計画の推進」において、計画全体の推進に共通して必要な取り組みとして、SDGsの理念踏まえた各種施策の展開位置づけたところです。   もっと読む
2018-10-02 青森県議会 平成30年第295回定例会(第4号)  本文 開催日: 2018-10-02 次に、史における平成の大合併の扱いについてであります。  青森史通史編第三巻、近現代の第六章「現代から未来へ」では、平成三年の大激戦となった知事選挙、そして核燃料サイクル施設の建設、さらには反対運動の高まりなど、事実に即した記載があり、読み応えのある部分です。  の長期計画についても十二ページ費やして、現計画未来変える挑戦までが記載されています。 もっと読む
2018-10-01 青森県議会 平成30年第295回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-10-01 の規定に基づき、知事より次期青森基本計画の立案過程について報告がありましたので、議会報告として、第十号「次期青森基本計画の立案過程における報告について」お手元に配付してあります。 もっと読む
2018-09-28 宮城県議会 平成30年  9月 定例会(第365回)-09月28日−04号 誤解恐れずに申し上げれば物言う知事の村井県政に物言う議員の宮城議会あり、物言う姿勢変えない構えで自由濶達な議論行う組織であることこそ、今日本中に求められている組織ガバナンスのあり方に対する答えであり、そんな宮城議会の姿広く県民に示してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-26 北海道議会 平成30年第3回定例会-09月26日-04号 この間、道が行った調査では、沖縄が、平常時の減災対策初め、危機発生時以降における行政や民間団体等の役割と取り組みなど定めた個別計画策定しているほか、青森が検討進めていると承知しております。   もっと読む
2018-09-25 熊本県議会 平成30年 9月 定例会-09月25日−04号 このプランは、まず地域の漁業者や市町の方々が集まり、再生推進協議会組織し、その中で、地域の現状に合わせ、将来の自分たちのあるべき姿、取り組むべき課題整理し、5カ年計画として、計画スタート時の漁家所得5年後には10%向上させるための取り組みまとめ、それに提出し、から国の承認受けるというものです。 もっと読む
2018-09-20 北海道議会 平成30年第3回定例会-09月20日-02号 この15年間の知事の財政運営も踏まえて、平成29年度決算、実質公債費比率への所見伺います。  今定例会には、二風谷ダム及び平取ダムで約97億円、新桂沢ダム及び三笠ぽんべつダムで約228億円の総事業費増額含む基本計画変更への知事意見案が提出されています。  知事は、昨年、サンルダムの総事業費約32億円増額する基本計画変更に対し、「今後、総事業費の増額一切行わないこと。」 もっと読む
2018-07-31 滋賀県議会 平成30年 7月定例会議(第2号〜第8号)−07月31日-04号 文化財保護法、この法の中に活用うたったところに今回の改正の大きな意義があると思いますが、この際、の組織挙げて、意識変えて積極的に対応する姿勢が求められるのではないかと、こんな思いしたわけであります。   もっと読む
2018-07-30 茨城県議会 平成30年新しい茨城づくり調査特別委員会  本文 開催日:2018.07.30 4段落目では,未来に希望の持てる茨城築き,国土形成計画基本的な考え方である対流型国土の形成,すなわち,ヒト,モノ,情報等が双方向で活発に行きかい,東京一極集中からの転換図るためには,本県が持てるポテンシャル十分に発揮することの必要性について述べております。  5段落目では,首都圏広域地方計画のプロジェクトのうち,本県に係る主なもの挙げております。   もっと読む