運営者 Bitlet 姉妹サービス
693件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 すなわち、米の慢性的過剰が続いておるため、生産米価は長期にわたって引き上げられずに実質的な値下がりとなり、米作に見切りをつける農家がふえて、やがて貸借の形で農地の本格的な流動化が促進されて、農業収入に依存しない第二種兼業者が多数となり、また一方、農業者の老齢化が進み、後継者のいない農業がふえて離農に拍車がかかり、それによって専業者への土地の集積化が進んで、将来十ヘクタール以上の借地経営が支配的となり もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 道路では、下流の整備率を踏まえたならば、さらに道路施設の浸透化に取り組むべきであり、あわせて各市町では、下水道施設の代替として宅地から流出の雨水を抑制し、道路側溝への放流を認める一方、県は現在認めていませんが、道路管理者が道路占用許可に際し、宅地内の雨水のコントロールを図れることから、道路への流出の抑制となり、適切な管理に結びつくものと考えます。   もっと読む
2018-10-31 石川県議会 平成30年10月31日決算特別委員会−10月31日-01号 次に、廃棄物指導費ですが、1、産業廃棄物の排出抑制・減量化の推進については、産業廃棄物の減量化を進めるためには、3R、すなわち廃棄物の排出抑制(リデュース)と製品等の再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の3Rの取り組みが必要であることから、先進的な取り組み事例の発表や意見交換会などを開催したものです。  36ページをお開き願います。   もっと読む
2018-10-18 青森県議会 平成29年度決算特別委員会(第4号)  本文 開催日: 2018-10-18 また、耕作者が離農することで遊休農地となる場合が多いことから、農地中間管理事業等の活用を農業者へ周知するなど、農地の出し手や受け手の掘り起こしにより、離農者から担い手への農地の円滑な継承を進めているところです。   もっと読む
2018-10-15 石川県議会 平成30年10月15日環境農林建設委員会-10月15日-01号 この事業は、1事業概要にあるとおり、電力需要が高まる夏場に、家庭のエアコンなどを消して公共施設や商業施設に出かけ、家庭の消費電力を抑制する取り組みで、平成25年度から実施しております。   もっと読む
2018-10-01 青森県議会 平成30年第295回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-10-01 本県では、今後、高齢化の進行により離農する農業者の増加が見込まれることから、認定農業者や新規就農者、集落営農組織等の担い手に対して、農地の集積・集約化を着実に進めていく必要があります。  このため、県と農地中間管理機構、農業会議、土地改良事業団体連合会では、共通の農地中間管理事業推進方策を策定し、市町村や農業委員会との連携を強化しながら取り組みを進めているところです。   もっと読む
2018-10-01 愛媛県議会 平成30年農林水産委員会(10月 1日) ○(森高康行委員) 建設委員会の議論で、土木技術者が、採用試験等の関係もあってなり手が大変少ないというのもあるし、採用を抑制したというのもあるし、市町によったら土木の専門家がいないところもあったということでびっくりしたんですけれども、農業土木における技術者の不足感、こういう災害が重なるといろいろと事務方では対応できないものもあるように思うんですけれども、率直に農業土木技術者の不足感みたいなものは、災害等 もっと読む
2018-09-27 三重県議会 平成30年定例会-09月27日−21号 次にこちらのパネルですけども、年齢別農業就業人口のグラフなんですが、農地を守ってこられた、いわゆる団塊の世代以上の方々が高齢化がさらに進むことによって、離農される方が増加している状況が比べると見てとれると思います。このあたりになりますが。   もっと読む
2018-09-20 京都府議会 2018.09.20 平成30年9月定例会(第3号)  本文 今後、介護保険の利用抑制や軽度者切り捨てが進められ、必要なサービスが利用できなくなれば、早期に適切な支援が受けられなくなって、逆に重症化を招く事態となり、利用者と家族にさらに大きなしわ寄せがいくことになります。  私は、地元の地域包括支援センターでお話を聞きました。 もっと読む
2018-09-20 北海道議会 平成30年第3回定例会-09月20日-02号 こうした環境意識の高まりに呼応するように、道外の自治体では、二酸化炭素排出抑制に向けた条例の制定やプログラムに取り組む例がふえてきています。  本道は、我が国有数の自然エネルギー賦存量を有しており、脱炭素化に関心を寄せる企業が事業展開をする場として、潜在的な優位性を備えていると考えます。   もっと読む
2018-09-05 福井県議会 2018.09.05 平成30年第403回定例会(第4号 一般質問) 本文 また、砂防堰堤ですけれども、一般的に堰堤の上流側に砂がたまることで渓流の勾配が緩くなって、これによって川底などが削られて土砂が下流に流出することを抑制するというメカニズムで設置しているものでございますので、満砂イコール危険な状況というわけでは必ずしもございません。今後も老朽化の状況等も含めて、定期的に点検を行ってまいります。   もっと読む
2018-09-01 富山県議会 平成30年9月定例会 代表質問 担い手の高齢化による離農や農地集積の進展などにより、今後、土地改良区の組合員が減少するとともに、土地改良施設の維持管理や更新に関心の薄い農地所有者が土地改良区の組合員になる、いわゆる土地持ち非農家が増加することが見込まれております。   もっと読む
2018-09-01 富山県議会 平成30年9月予算特別委員会 そのような考え方に基づきまして、公共交通の整備や運営については、採算性以外の面も重視をし、行き過ぎたモータリゼーションの抑制や地方都市の中心部のにぎわいづくりや活性化などを意識し、公共交通を中心としたまちづくりが推進をされております。  日本においても、平成25年11月に交通政策基本法が成立し、本格的な人口減少社会の到来を踏まえた交通政策の基本について定められたところでございます。 もっと読む
2018-06-29 長野県議会 平成30年 6月定例会本会議−06月29日-05号 また、農家の高齢化は、農水省データでも、本県の基幹的農業従事者は65歳以上が71.7%を占め、高齢化と離農が進行しております。高齢や後継者がいないことで耕作ができなくなり、離農せざるを得ない状況になっても賦課金を支払い続けるのは困難だとの声も聞きます。 もっと読む
2018-06-28 福井県議会 2018.06.28 平成30年第402回定例会(第4号 一般質問) 本文 1%改善で介護給付費は約3億8,000万円抑制と越前市は試算しており、2%改善では8億円弱の抑制につながっています。そのほか、介護保険料基準額は平成30年度から3年間は据え置きです。  県の介護予防拠点事業を活用した小浜市の地区の施設とサロンを見学しました。交流活動や健康活動、サロンなどに取り組んでいますが、小浜市ではサロンの補助は余りできていません。これは、ほかの市町でも同様です。   もっと読む
2018-06-26 宮城県議会 平成30年  6月 定例会(第364回)-06月26日−03号 このガイドラインでは、スポーツのやり過ぎを抑制するということが盛り込まれました。適切な休養日の設定を設けるとしており、平日は少なくとも一日、土日は少なくとも一日以上というふうになっております。一方では運動不足の子供たちが多くなってきております。スポーツ少年団の参加率が一三%という中で、世界保健機構WHOは六月十八日に発表した国際疾病分類の第十一版でゲーム障害を新たな精神衛生疾患として分類しました。 もっと読む
2018-06-05 富山県議会 2018.06.05 平成30年農林水産委員会 本年におきましても、平成27年度のような状況にならないような対策が大事かと考えますけれども、今後黒星病の被害をどのように抑制していかれるのか、尾島研究・普及振興班長にお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-03-16 北海道議会 平成30年第1回予算特別委員会−03月16日-03号 このため、市町村や民間団体、NPOといった多様な主体の理解と参画が広がるよう、道と包括連携協定を結んでいる企業など、既にSDGsに取り組んでいる企業等と連携を図りながら、廃棄物の発生抑制や再利用、多様な人材の育成、登用といった先行事例について紹介をするなど、各種会議の場など、あらゆる機会を活用して、SDGsの普及に積極的に取り組んでまいる考えであります。  以上であります。 もっと読む
2018-03-13 北海道議会 平成30年第1回予算特別委員会第3分科会−03月13日-02号 ◎(佐藤林務局長) 流木対策が必要な地区の整備についてでありますが、道では、このプロジェクトを計画的に推進するため、国の今年度の補正予算などを活用し、緊急的な流木対策が必要な54地区について、平成32年の完了を目途に、流木を捕捉するスリット式の治山ダムの設置とともに、渓流沿いの樹木の伐採や、土砂崩壊を防止する治山施設の整備など、流木の発生を抑制する対策に取り組む考えであります。   もっと読む
2018-03-13 福井県議会 2018.03.13 平成30年予算決算特別委員会 本文 また3月7日には、担当の経営局長にお会いして、経営局長のほうからは、今回の大雪が離農につながらないように、必要な支援策を総合的に検討していくという言葉をいただいている。  県としては、農業者のハウス再建に向けて、国の制度に加えて、市町、JAと連携して、被災した農業者の負担が少しでも少ないようにしていきたいと思っている。  委員がおっしゃられた国の動向というのは、非常に大きなところである。 もっと読む