1779件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

そこで、委員会においては、今回のチッソ県債の継続発行については、基本的には第一回の県債発行に関する昭和五十三年十二月県議会における熊本県のチッソ株式会社に対する貸付資金に関する附帯決議の趣旨を確認し、かつ、昨年十一月の水俣病関係閣僚会議の了解事項に基づくチッソ県債継続発行に関する国の要請を受けて、昨年十二月県議会において議決された公害対策特別委員長報告を踏まえて、次の点について要請いたすところであります

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

第四点、県議会が了解する前提として決議をいたしました昭和五十三年十二月県議会での附帯決議、昨年十二月県議会での決議と現在時点における認識について、知事の確たる御見解をこの機会にお伺いいたします。   〔知事沢田一精君登壇〕 ◎知事(沢田一精君) まず、行政改革の理念についてお尋ねでございます。  

千葉県議会 2019-06-21 令和元年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2019.06.21

平成30年12月議会でがんセンターへのハイパーサーミアの早期導入に関する請願が採択され、さらに医学的観点や経営的観点から検討を行い、報告書を議会に提出するよう求める附帯決議が付されました。その後、本年2月議会健康福祉常任委員会で、本6月議会で報告できるよう検討を進めると説明し、病院局では外部有識者を含む検討会議を設置して検討を進めてまいりました。

鹿児島県議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

会計年度任用職員制度衆議院で可決・成立するときに、多くの配慮すべき附帯決議が付されました。その第一項が、政府が発出する通知等で再度の任用が可能である旨を明示することです。  附帯決議の第二項では、人材確保及び雇用の安定を図る観点から、公務の運営は任期の定めのない常勤職員を中心としていることに鑑み、会計年度任用職員についても、その趣旨に沿った任用のあり方の検討を求めています。  

福岡県議会 2019-06-13 令和元年6月定例会(第13日) 本文

この法律附帯決議におきまして内閣府は、国会及び地方議会における議員の両立支援体制の環境整備に関する調査及び情報提供を行うこととされております。また、総務省は、地方議会において女性を含めたより幅広い層が議員として参画しやすい環境の整備について検討を行うこととされておりまして、今後、地方議会においてもさまざまな議論がなされるものと考えております。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号

これは国会附帯決議もされています。支えていただく人材ですので、適正な勤務条件が確保されるように、ぜひ課として、きちんと要望していただきたいと思います。よろしくお願いします。 (3)採決  議第18号 全員一致で原案のとおり可決すべきものと決した。        議第19号 全員一致で原案のとおり可決すべきものと決した。        

滋賀県議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号

◆加藤誠一 委員  最後にしますけれども、今、次長から説明がありましたように、滋賀県としては、法律がなくなったけれども、要綱できちんとします、国も交付金できちんとしますと附帯決議までされています。その中において、知事はすぐさま、県としてはすぐに条例をつくることはありませんということでした。  

鹿児島県議会 2019-03-04 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第7日目) 本文

参議院農林水産委員会が種子法廃止法案を可決した際、種子の品質確保のため、種苗法に基づき基準を定めることや、都道府県の取り組みの財源となる地方交付税を確保すること、民間事業者が参入しやすい環境を整備すること、種子の国外流出を防ぎ適正な価格で国内で生産されるよう努めること、多様な種子の生産を確保すること、特定の事業者が種子を独占し弊害が生じないよう努めることなどを内容とした附帯決議が付されています。  

鹿児島県議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

この体罰禁止や懲戒権の見直しは、平成二十八年五月の児童福祉法等の改正で、親権者は、児童のしつけに際して、監護・教育に必要な範囲を超えて児童を懲戒してはならない旨が明記されたことを受けて、講ずるべき措置として、子供に対する有形力の行使を不適切として、体罰によらない子育てを啓発する、懲戒権の行使のあり方を検討するとした国会附帯決議と同様の趣旨のものであり、児童虐待防止対策のさらなる強化につながるものと

滋賀県議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会議(第23号~第31号)-02月28日-06号

一昨年12月にも指摘しましたが、普通科高校全県一区制を可能とした2001年の地方行政地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正のときの参議院附帯決議は、受験競争の激化、学校格差の拡大等を招かないよう努めること、また、通学区域の設定に当たっては地域社会の意向と地域の実態を十分踏まえるよう努めることとされています。

北海道議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会-02月20日-02号

種子法が廃止されることに関し、都道府県の取り組みが後退することのないようにとの趣旨の附帯決議がなされております。  道の種子政策のあり方については、課題や条例化の問題など、足かけ3年にわたり幅広く議論を重ねてまいりましたが、その重要性から、知事は、種子政策を着実に進めることを目的条例の制定に踏み切り、今議会に、種子の生産に関する条例案を提出されたところであります。  

福岡県議会 2019-02-18 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18

まず、請願番号第二〇号の一「福岡県部落差別の解消の推進に関する条例(案)は、参議院法務委員会附帯決議に反して新たに部落差別を掘りおこし固定・永久化するもので、問題解決への県民の自由な意見表明を委縮させ、開かれた言論環境を阻害するため、不採択を求める請願」を議題といたします。本件について、執行部の説明を求めます。

福岡県議会 2019-02-16 平成31年2月定例会(第16日)〔資料〕

│番  号│    │                                 │採 否│ 措 置 等 ┃ ┠───┼────┼────┼─────────────────────────────────┼───┼───────┨ ┃   │    │    │福岡県部落差別の解消の推進に関する条例(案)は、参議院法務委員  │   │       ┃ ┃ 1 │20-1 │厚生労働│会の附帯決議

福岡県議会 2019-02-10 平成31年2月定例会(第10日)〔資料〕

3              請  願  文  書  表 ┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃       │件  名                         ┃ ┃       │ 福岡県部落差別の解消の推進に関する条例(案)は、参   ┃ ┃請 願 番 号│議院法務委員会附帯決議

福岡県議会 2019-02-09 平成31年2月定例会(第9日) 本文

会派一致で採択された附帯決議は、過去の民間団体の行き過ぎた言動等を踏まえ、これに対する対策を講ずることもあわせて総合的に実施すること、教育及び啓発を実施するに当たっては新たな差別を生むことがないよう留意、実態に係る調査を実施するに当たって、新たな差別を生むことがないよう留意と、慎重な対応を厳しく求めています。