17198件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島県議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

来年度においては、国の、防災・減災、国土強靱化のための三か年緊急対策等を踏まえ、土砂災害から避難所を保全する施設の整備等に取り組むこととしており、当初予算において、前年度に対し約六億円を増額し、整備を進めることとしております。  続きまして、要配慮利用施設を保全する急傾斜施設の整備状況についてであります。  

千葉県議会 2019-03-01 平成31年_文教常任委員会(第1号) 本文 2019.03.01

それから、委員おっしゃるように、特別教室であるとか、あるいは一部避難所として使われる体育館も空調は必要ではないかという議論もございます。人とお金と時間に限りがあるので、どこから先着すべきかというところも悩ましいところですので、直ちに特別教室というふうにお答えできないということでございます。  以上です。 ◯委員長(茂呂 剛君) ふじしろ委員。

千葉県議会 2019-02-28 平成31年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2019.02.28

この事業は、平成27年7月の水防法改正に伴い、想定し得る最大規模の高潮に対する避難行動の目安となる水位の設定などに必要な経費でございます。  次に、303ページをごらんください。第9款第3項第5目水防費の予算額は6億5,810万9,000円でございます。この主なものは、水位、雨量を観測する水防テレメーターシステムの維持管理及び排水機場水門の修繕などに要する経費でございます。  

鹿児島県議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

次に、各災害における住民の避難所について、地域によっては、避難所に指定されているが、「住民の方から、避難所として適さないのではないかとの声がある」と言われる同僚議員の話を聞いたことがありますが、志布志湾に面する各市町において、長期の避難まで含めた避難所対策は万全と考えられるか、お聞きいたします。  

群馬県議会 2019-02-27 平成31年 第1回 定例会−02月27日-04号

また、日本山岳会群馬支部が調査したようでありますけれども、途中で下山する際のエスケープルートや水場が少ないだとか、避難小屋のない区域があるとか、携帯の通じない区域があるとか、また、入山とかの場所に公共交通機関がほとんどないといった課題が浮き彫りになったということも書いてございました。  

福井県議会 2019-02-27 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文

原子力災害時における円滑な避難を行うため、来年度から避難直後に必要な資機材を兵庫県など県外の避難先へあらかじめ配備するほか、発電所近隣の高齢などが避難に使用する一時集合施設への防護対策の実施や、避難経路に当たる狭隘道路の拡幅整備など、市町を支援していく。  次に、環境行政について申し上げる。  年縞博物館については、9月の開館以来、2万6,000人の方に来館いただいている。

東京都議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

こうした災害の多発を踏まえまして実施をいたしました防災事業の緊急総点検でございますが、これを通じまして、地域の住民が連携して確実に避難することや、避難所の運営におけます女性の視点に立った対応、要配慮への健康管理の重要性など、強く認識をしているところでございます。  

東京都議会 2019-02-26 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

武道場に敷かれた畳が避難所に適しているとの考え方もあるそうです。  そこで、武道場についても体育館と同様に、都の補助スキームを活用できるようにすべきと考えます。  また、都立学校においても武道場は設置されており、都立学校の武道場にも空調設備を設置すべきです。あわせて都の見解を求めます。  また、多摩地域においては、市民センターや公民館に体育室を設置し、避難所として活用している市町村もあります。  

群馬県議会 2019-02-25 平成31年 第1回 定例会-02月25日-03号

         │          │ │         │  (1)  現状と平成31年度の取組について        │県土整備部長    │ │         │  (2)  道路照明対策について             │県土整備部長    │ │         │4 群馬県の災害対策について              │          │ │         │  (1)  避難所等

鹿児島県議会 2019-02-25 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

その後、川内商工高校で行われた高校生の避難訓練を視察しました。初めての高校での避難訓練であり、マスコミも注目しておりました。高校では、全校生徒・保護に事前にプリントを配布し、訓練内容・注意事項を指導、屋内退避時には原子力防災のDVDを鑑賞するなど、原子力防災対策に対する習熟や防災意識の向上を目的に取り組んでおりました。

福井県議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第405回定例会(第4号 一般質問) 本文

障害施設等の防災・減災対策の推進として、今年度第2次補正予算案で社会福祉施設等施設整備費補助金として、50億円の予算がつけられました。施設の耐震化やブロック塀の改修、さらに停電時の非常用自家発電設備の整備に対して補助されるものであります。特に、日常生活に介助が必要な方を受け入れる施設である福祉避難所は、震災への災害対応が確実になされていなければなりません。  

鹿児島県議会 2019-02-22 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

高齢の生き生き支援関連事業にも過去最大規模のおよそ二百七十二億円を計上したところであります。体操教室・地域サロンなど、健康づくり・介護予防活動への支援、子育て支援活動をする高齢グループへの高齢元気度アップポイントの加算など、高齢の方々が安心して生きがいを持って暮らせるような取り組みを展開してまいります。  

群馬県議会 2019-02-22 平成31年 第1回 定例会-02月22日-02号

土砂災害対策につきましては、要配慮利用施設や避難所などを守るため、砂防堰堤やがけ崩れ対策を17箇所で推進するとともに、荒廃した渓流の復旧、予防対策のための谷止工や流木災害を防ぐための流木捕捉式治山ダム工の設置、荒廃した森林の整備などを推進いたします。  

鹿児島県議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年第1回定例会 目次

確保に向けた取組      ・TPP、EPA対策の効果と今後に向けた取組      ・「攻めの農業」に向けた本県の具体的取組      ・中山間地域における「攻めの農業」の推進     川内原子力防災訓練      ・警戒事態の情報伝達とオフサイトセンター立ち上げ手順の評価と課題      ・初の訓練対象となった幼稚園や高校での訓練評価と課題      ・車での自主避難への検査・除染、安定ヨウ素剤配布