運営者 Bitlet 姉妹サービス
18218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 六 自然災害に強い安全な東京の実現に向け、関係機関及び民間事業等と連携し、民間の一時滞在施設の確保などの帰宅困難対策、地域防災力の向上、女性防災人材の育成、「東京くらし防災」を活用した普及啓発等、多面的な防災対策に取り組まれたい。  七 大規模水害時の避難先の確保等、広域避難対策について、関係機関との連携を強め、推進されたい。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 さらに、市町においては、大規模水害時の洪水避難体制の充実強化を図るため、本図面をもとに避難場所等を掲載した洪水ハザードマップの早期見直しを進めてもらうことになります。 ②土砂災害対策アクションプログラムの実施状況について  土木部資料の2をごらんください。  1の経緯についてです。 もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 これらの部隊は行方不明の捜索活動、パトロールや避難所の立ち寄り警戒などの一般治安活動にそれぞれ従事したところでございます。 もっと読む
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 3点目は、理容・美容に関する被災支援の協定についてでございます。  大規模災害等が発生し、避難が長期化した場合には被災に対する日常生活面での支援が必要となります。県では本年11月、千葉県理容生活衛生同業組合及び千葉県美容業生活衛生同業組合との間で、避難所等における理容及び美容のボランティアの実施についての協定を締結いたしました。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 議案第一〇六号指定管理の指定について議決を求める件に関し、「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の指定管理の指定においては、施設が持つ役割として、地域の宿泊・交通事業等との連携が非常に重要であるが、どのように考えるか」との質疑があり、「指定管理と地域の事業が連携して受け入れ体制を整備することが重要であると考えている。 もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 次に、健康福祉部関係では、  障害スポーツの推進について、  身体障害福祉センターの指定管理の選定に当たっては、どのような観点に基づいて行い、どのような効果を見込んでいるのか。  また、やまぐちパラアスリート育成ファンドによる支援の成果はどうかとの質問に対し、  指定管理の選定に当たっては、障害スポーツの拠点としての機能のさらなる強化が図られるよう、施設の効用の発揮を特に重視した。   もっと読む
2018-12-14 福岡県議会 平成30年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2018-12-14 その下のローマ数字のVII、災害時の市町村に対する福祉支援につきましても、災害時、最初に現場で被災の支援に当たるのは市町村でございますけれども、その市町村をまたぐ広域的な避難が必要となった場合の県の支援などにつきまして、これも新たに記載することとしております。  説明は以上でございます。 もっと読む
2018-12-14 愛知県議会 2018.12.14 平成30年総務県民委員会 本文 【人事課主幹(調整・給与)】  平成20年に発生したリーマンショックを原因とする多額の収支不足に対処するための歳出削減の一環として、平成21年度から、一般の職員も含めた職員の給料及び期末・勤勉手当の削減による給与抑制を緊急避難的な措置として実施してきた。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 設置に当たっては、市町の意見を聞き、市役所、役場、学校、福祉施設、避難所など、重要な施設や住宅密集地が浸水するおそれのある箇所、河川管理上重要な箇所などを優先して設置をしているところである。  具体的には、今指摘があった住宅が密集する福井市の荒川と古川の合流点であるとか、敦賀市の避難所となっているプラザ萬象近くの木の芽川など、新たに16カ所について今年度末に設置を完了する予定である。 もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年総務県民委員会 本文 【災害対策課主幹(災害対策・通信)】  本年度、市町村では、台風等により避難所を開設し、避難の受入れが行われたが、物資が要請される状況には至っていないため、支援物資管理機能の活用はなかった。  来年2月中旬に実施予定の訓練の中で、システムの特色の一つであるタブレットやスマートフォンから直接物資を災害対策本部へ要請できる機能に関する訓練を実施することで、職員の習熟を図っていく。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 十二月十二日、つまりきのうですが、ことし七月の西日本豪雨を受けて避難のあり方について検討してきた政府の中央防災会議の作業部会が水害・土砂災害からの避難対策の提言をまとめた報告書案を示しました。その報告書案の中には、行政主体の取り組み強化によるこれまでの防災対策の方向性を根本的に見直し、住民がみずからの命はみずからが守る意識を持って、みずからの判断で避難行動をとり、行政はそれを全力で支援する。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 私は冒頭、高齢施設を初めといたしました要配慮利用施設等の防災計画、あるいは避難計画等の策定について、まずお伺いをしたいと思います。  本年も大変多くの水害が相次ぎました。私も倉敷市の真備町エリアへ会派の皆さんと視察に伺わせていただきました。12平方キロメートルが浸水エリアで、6つの堤防が決壊をしたということで、大変想像を絶するエリアでの水害の状況を拝見させていただきました。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号 ◎丸山賢治 山岳高原観光課長 旅行業務取扱管理の関係の御質問でございますけれども、高村委員からも御指摘のありましたとおり、旅行業務取扱管理につきましては、旅行業の登録に当たって、営業所ごとにこの管理を1名以上選任し、一定の管理及び監督を行わせることが旅行業法上義務づけられておりまして、国内旅行であれば国内の取扱管理を選任しなければいけないことになっています。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 しかし、十六市区全体の浸水想定区域内の人口は約三百六十万人にも及ぶことから、広域避難の議論は結論を見ていません。垂直避難には限界があり、避難準備に時間のかかる福祉施設や幼稚園、保育園などでの対応も大きな課題です。  大規模水害時における広域避難については、関係が多岐にわたることから、その体制を確実に構築していくことが重要です。知事の見解を伺います。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会危機管理建設委員会-12月12日-01号 この中で、今も委員からもお話がありましたように、南海トラフといわれている地域の、その一部ですとか半分の地域で大きな地震が発生した際に、残りの地域においても、その後に地震が発生する可能性があるということから、避難の呼びかけなどの防災対応についての記載がされているところでございます。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回文教委員会会議録−12月12日-01号 特に、被災した地域の避難所等においては、強度行動障害のある小中学生などもいて、市町村ではそうした子どもたちへの対応について、大変苦慮したと伺いました。特別な支援を要する子どもたちへの支援について、いろいろなボランティアに来ていただいたということも伺いました。  学校現場における職員の体制なども、緊急時における対応は、きちんと行われていたと伺っております。 もっと読む
2018-12-12 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月12日-06号 高時川と姉川の合流部には5つの集落がありますが、この地域には、昨年は3回、ことしも2回、避難情報が発令されました。住民は大雨のたびに洪水の不安に襲われて、若い世帯が他地域へ移住したという話もあります。大きな2つの川が合流するという点で、県内で最も洪水の危険が大きい地域の一つであり、一日も早く安心して暮らせるようにしてほしいという声が出されております。   もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年総務委員会 名簿     小 園しげよし 君            〃    吉 留 厚 宏 君            〃    鶴 田 志 郎 君            〃    松 里 保 廣 君   ──────────── 三、欠席した委員の氏名   な  し   ──────────── 四、出席した委員外議員の氏名   な  し   ──────────── 五、鹿児島県議会委員会条例第十九条による出席 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年経営企画委員会 また、高速道路が通行どめとなる場合を想定しまして、う回路となる直轄国道やアクセス道路となる県管理道路がそれぞれ機能しますよう、道路管理間の情報連絡体制の強化を図ること。今年度、道路管理間の情報伝達に関する訓練を、これまで4回実施しており、また、情報共有サイトを利用した連絡体制を構築しました。さらに道路利用の安全な雪道走行の支援及び効率的な除雪管理のため、監視カメラを増設したこと。 もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年文教警察委員会 本文 今後も被害関係の安全確保を最優先に、事件化や被害保護等の支援を積極的に行ってまいります。  子供や女性に対する声かけ、つきまとい等の性的犯罪前兆事案の発生件数は六百四十五件で、七件増加しております。   もっと読む