237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滋賀県議会 2020-02-26 令和 2年 2月定例会議(第23号〜第31号)−02月26日-03号

遺産相続、生前贈与、名義変更、また、遺品整理葬儀の方法、墓じまいなどなど、終活、死の準備、それはそれでとても大切なことですが、今回の質問では触れません。  昨年ベストセラー第1位だった本「一切なりゆき」。人生の夕暮れの時期におられるどれだけの方々が、その心細さを癒やされたことか。その心の準備の励ましになったことか。私もその一人でした。

兵庫県議会 2020-02-18 令和 2年 2月第347回定例会(第1日 2月18日)

これを機に広場の存在を高めるため、戦没学徒遺品や写真など展示資料充実を図ります。  兵庫・沖縄友愛の原点であり、沖縄県民の尊敬を集めている島田叡沖縄県知事とともに活動した栃木県出身の荒井退造元警察部長の足跡を振り返り、改めて平和の尊さを伝えるため、3県で交流事業を実施いたします。  その4は、障害者への支援充実です。  

愛知県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第3号) 本文

これは二十四時間体制で警備会社が緊急時に駆けつけること、死亡した際の遺品整理費用を負担すること、就労支援生活再建相談などを担うものです。大変に充実したメニューでありますが、入居者が払う費用は月額一万円です。オーナーは、孤独死など、事故物件になったり、近所とのトラブルになったりしたときのリスクを非常に気にしますので、オーナーがこれだけ支援があれば貸してもいいと思える仕組みを考えたと言います。  

愛媛県議会 2019-12-06 令和元年スポーツ文教警察委員会(12月 6日)

愛媛人物博物館は、いわゆる文化財など歴史的な価値の高い資料という意味ではなく、書簡やスポーツ分野のユニフォーム、メダルといったその人のゆかりの遺品を展示し、その人の功績を顕彰しているところでございます。  平成27年度には、新たに23名を追加し、現在178名について常設展示をしております。年2回企画展開催しておりまして、平成30年度には1万3,725人の来館者がございました。  

岐阜県議会 2019-12-01 12月12日-03号

県警察としましては、新たな取り組みとして、支援センター協力により、被害者遺族手記等を掲示したパネルJR岐阜駅、ぎふ清流文化プラザ、OKBふれあい会館など、さまざま場所に展示しておりますし、来年一月に開催する警察音楽隊定期演奏会会場において、犯罪で亡くなった方の等身大人型パネル遺品の靴、遺族メッセージを展示する「生命のメッセージ展」を開催し、支援センター支援員とともに広報啓発活動を行う予定

香川県議会 2019-11-04 令和元年11月定例会(第4日) 本文

乾陵には二人の皇帝の墓のほか、皇太子やその家族の墓もありますが、ほとんどの発掘は終わり、四千三百点ほどの遺品が発見されています。  また、西安の城壁明時代につくられ、世界に残っている城壁の中で最大の規模を持つと言われています。城壁には西門、南門、北門などが残っていて、周囲十三・七キロメートルで、高さ十二メートル、城壁の上部は十五メートルの幅を持つ通路です。  

愛媛県議会 2019-09-20 令和元年第365回定例会(第4号 9月20日)

具体的に申し上げますと、賃貸物件不動産価値の低下、遺族、行政が行う死亡人の処理への負担、滞納家賃遺品整理費用などの経済的な問題も起きており、今後、深刻な社会問題になると思います。  そのため、孤独死防止は緊急の課題と考えますが、地域での見守りというだけではなく、異常を発見しにくいひとり暮らし世帯で異常が起きたときにすぐにわかる対策が必要です。

岡山県議会 2019-09-19 09月19日-04号

次に,社会福祉協議会との連携についてでありますが,身寄りのない高齢者葬儀遺品整理などについては,住民の暮らしに身近な市町村民間事業者対応されているところでありますが,今後,市町村現状を把握するとともに,県社協を含め,関係団体の御意見も伺いながら,県としてどのような支援が可能か,検討してまいりたいと存じます。 以上でございます。 ○副議長(小倉弘行君)  22番。   

鹿児島県議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年予算特別委員会 本文

全国公営住宅で、単身入居者死亡後に残された遺品自治体が苦慮しているという新聞報道がありました。記事によりますと、二〇一八年十一月現在、都道府県や政令市など百三十自治体の七割に近い八十七自治体において、少なくとも千九十三戸で遺品が放置されていたと、放置期間の最長は十八年ということでした。

高知県議会 2019-02-28 02月28日-02号

さきの大戦から既に73年を経過し、戦争体験者高齢化や減少により、記憶の風化が憂慮される現状において、戦争のあった時代である近代から昭和の歴史を後世に引き継ぐことは大変重要なことだと認識をしており、これまでも県では歴史民俗資料館において、戦時資料遺族会を通じて寄贈されました遺品等の収集保存展示公開に努めているところです。 

愛知県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第2号) 本文

孤独死されると、家財道具などの遺品相続財産とみなされ、引き取り手がなくても処分できず、長期にわたって住居を占拠し、入居募集が停止になるなど、対応に苦慮していると聞いています。  このように身寄りのない独居高齢者に関しては課題も山積し、相談援助活動については地域民生委員が担いますが、法的に支える仕組みとしては成年後見制度が有効です。

高知県議会 2018-12-11 12月11日-02号

このほかにも、戦時資料遺族会を通じて寄贈されました遺品等の収集保存を行っている県立歴史民俗資料館との協議を行いますとともに、民間団体の方からも、保存活用に向けた具体的な提案をいただいていますので、その内容についての検討を行っているところです。 今後とも、財務事務所や文化庁など関係機関の御理解、御協力が得られて、土地や建物などの有意義な活用が可能となるよう協議を進めてまいります。   

鳥取県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第2号) 本文

また、そこに残されています先生の遺品などにつきましても、椅子の形一つ一つとっても、デザイン性のあるユニークなものでありまして、職人のわざとセンスが光るものでございました。これは一つの財産だと私も思います。この手のことにつきましては、やはり当事者の方、それから地元市町村、その役割は大きいところでございます。

山口県議会 2018-09-01 09月27日-04号

海底に眠ったままとなっている遺骨や遺品収集と返還が進むよう取り組んでおられる地元市民団体長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会の活動課題など、昨年の九月定例会佐々木明美県議が詳しく取り上げられておりますが、この問題も戦争のない朝鮮半島の始まりへの対応として、県はもっと積極的に取り組むべきだと思います。 

石川県議会 2018-06-18 平成30年 6月18日厚生文教委員会-06月18日-01号

それから、遺品も各地に散らばっており、例えば大野の粟森長八連合町会長の家には一番たくさんあるかと思うのですが、そのようなものも少ないということから金沢市は二の足を踏んでいるのだと思うのですが、歴史的にいえば河北潟を埋め立てようというほどの壮大な仕事に手を出し、はりつけの刑にあったというような、歴史遺産として私は群を抜いていると思います。  

富山県議会 2018-06-01 平成30年6月定例会 一般質問

そこで、忠霊塔を平和の象徴として、その敷地を公園として整備できないか、また、各市町村遺族会事務所に保管されている資料遺品などを収納する資料庫展示室休憩スペースなどを備えた施設もあわせて整備してはどうかと考えますが、前田厚生部長の所見を伺います。  最後に、毎年8月15日に日本武道館で開催されている政府主催全国戦没者追悼式参加要件の緩和についてお伺いいたします。