4935件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛媛県議会 2018-09-18 平成30年第359回定例会(第2号 9月18日)

とりわけ農林水産業につきましては、農作物はもとより、農地、農道やため池などの農業用施設、農業用ハウス、共同利用施設、林道、林産施設、漁港施設など、これまで長年にわたり営々と築き上げてきた生産基盤が大きなダメージを受け、その被害額は先月末時点で約563億円にも達する、まさに未曽有の大災害となってしまったのであります。  

佐賀県議会 2018-09-18 平成30年農林水産商工常任委員会 本文 開催日:2018年09月18日

平成三十年七月五日から七日にかけての豪雨でございますが、県内の最大雨量を観測しました佐賀市の北山観測所におきまして、四十八時間に五百八十一・一ミリを観測するなど、長時間降り続いた雨によりまして中山間地域におきまして、農地、林地などの崩壊、農道や水路などの土地改良施設やビニールハウスなどの農業用施設の破損、農作物の埋没など、多くの被害が発生いたしました。  

茨城県議会 2018-09-14 平成30年土木企業常任委員会  本文 開催日:2018.09.14

そのような中で,今,御質問のございました,ひたちなか市の中でございますけれども,ひたちなか市の中につきましては,今,北側のほうから,東中根高場線ということで,区画整理の区間につきましては完了しておるわけなのですけれども,それから那珂川に向けて,今,事業を進めている区間につきましては,県道の那珂湊那珂線から那珂川のほうに向かいまして,ふるさと農道があるかと思います。

石川県議会 2018-09-14 平成30年 9月第 4回定例会−09月14日-03号

今回の豪雨被害は住居だけでなく、多くの田畑が浸水や冠水するなど農地の被害や農道、水路、ため池ののり面崩壊などの農業用施設被害など広い範囲で被害が発生しております。七尾市や中能登町でも同様に水田への土砂流入による稲の倒れや浸水、冠水、のり面の崩壊などあったと聞いておりますが、私も激しい雨の中でありましたが地元の田畑の状況などを見て回り、心配で田畑を見に来た人に居合わせました。

茨城県議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第6号) 発言通告事項一覧 開催日:2018.09.11

                        防災・危機管理部長  (1)大規模災害時の情報伝達  (2)大規模災害時の被災市町村の体制支援  3 常総保健所の再編問題について                       保健福祉部長  4 自転車活用推進計画の策定について                     政策企画部長  5 県西地域における道路行政について  (1)つくば下総地域における農道

茨城県議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2018.09.11

まず,つくば下総地域における農道の整備についてであります。  県西地域は首都圏の食料供給基地でありますが,東西をつなぐ道路が少なく,農産物の流通や市街地への移動に時間を要するため,県は平成5年度から坂東市借宿からつくば市街地を結ぶ全長12.8キロメートルの広域農道つくば下総地区,通称アグリロードの整備を進めております。  

茨城県議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第5号) 発言通告事項一覧 開催日:2018.09.10

                   警察本部長  3 時代を捉えた教育について                         教  育  長  (1)いわゆる「18歳成人」を捉えた対応  (2)北方領土学習  4 地域発展に必須な道路環境整備について                   土 木 部 長  (1)県北地域高規格道路の那珂市内での進捗状況  (2)県道額田南郷田彦線の堤地区におけるバイパス整備  (3)広域農道

福井県議会 2018-09-04 2018.09.04 平成30年第403回定例会(第3号 一般質問) 本文

今回、迂回路に使用された広域農道に国道27号線から大型車が進入できる箇所はおおい町、高浜町、それぞれ2カ所しかありません。自然災害と複合災害やマイカーでの避難ということを考えると、交通統制も重要でありますが、トンネルや橋梁の老朽化や狭隘な道路など道路インフラの脆弱性も見過ごすことはできません。

富山県議会 2018-09-01 平成30年9月定例会 一般質問

このうち、山田川につきましては、山田中村地区の約1.5キロメートルなどの河川整備を計画しており、このうち、ボトルネックとなっておりました山田小島地内の農道橋を含む約300メートル区間について、河道の拡幅を実施しており、昨年度までに農道橋のかけかえを終え、現在、隣接する護岸工の整備を進めております。  

山梨県議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第4号) 本文

県では、これまでに、平地に比べ、営農条件が厳しい上野原市の北部地域、南部地域において、中山間地域総合整備事業などにより、農作業車の通行を可能とする農道の拡幅や、水管理を容易にする水路改修等の農業基盤整備を進めてまいりました。  

富山県議会 2018-09-01 平成30年9月予算特別委員会

芝田農林水産部長 農振農用地区域内の用排水路の簡易な整備につきましては、多面的機能支払制度における資源向上支払──水路や農道等の軽微な補修や施設の長寿命化のための活動を支援するものでございますが、この資源向上支払が活用されておりますが、市街化区域内農地については対象となっておりません。  

香川県議会 2018-09-01 平成30年[9月定例会]環境建設委員会[土木部] 本文

この二ノ宮小学校前後の歩道は整備されており、地元からもありがたいという意見をいただいていますが、少し離れた三豊市南部学校給食センターの北東の、西讃広域農道との交差点から二ノ宮小学校までの間は整備されておらず、小学生のすぐ横を乗用車やトラックが通行する状況を見て、危ないと感じています。  

山梨県議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第3号) 本文

さらに、産地の発展を目指すためには、作業の効率化を図る圃場整備や農道等の基盤整備を進め、意欲ある担い手への農地集積を促すことが重要であると考えます。  そこで、本県の果樹産地の維持強化を図るため、県では、施設の導入や基盤整備について、どのように取り組んでいくのか、お伺いいたします。  次に、全国学力・学習状況調査への取り組みについてであります。  

愛媛県議会 2018-08-03 平成30年農林水産委員会( 8月 3日)

農地については、宇和島市、西予市、松山市、今治市を中心に樹園地が谷々で連続して崩壊したほか、大規模な崩壊もあるなど甚大な被害が数多く発生しており、収穫樹が流亡するとともに、パイプライン、スプリンクラー、農道などが農地とともに流失したため、農業用水の確保や通作などに支障を来し、周辺園地での営農も困難となっております。  

福井県議会 2018-08-03 2018.08.03 平成30年農業振興対策特別委員会 本文

◯農林水産部長  先般の7月の豪雨だが、主に農業用関係の施設、農道ののり面が崩れたとか、あるいは農地に土砂が入ったとかというのが、県内で29カ所、そういう被害を受けている。これは災害復旧事業で復旧していく計画を今持っている。それから、農作物については浸水の被害が出ている。

愛媛県議会 2018-07-31 平成30年農林水産委員会( 7月31日)

被害が甚大な宇和島市や西予市を初めといたします南予地域では、土砂崩れで林道や農道が随所で寸断されるなど、一部で調査が難航している箇所もあり、現時点におきましてもいまだ全容を把握するに至ってはおりませんけれども、被害状況が判明した箇所につきましては、順次、被災部分の応急措置や二次災害の防止に努めますとともに、特に被害の大きかった柑橘園地については、復旧状況に応じた方法による緊急の防除やかん水を開始するなどの