91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山県議会 2018-03-09 平成30年 2月定例会-03月09日−07号

もうかる農業を推進するために,いつでも借り手の希望を受ける体制がとれているのか,機械化導入のための農道の整備はできているのか。昭和40年代に整備されたパイプラインはもはや50年を経過し,いまだそのほとんどが石綿管であり,管の破損,破砕,漏水等の修繕・老朽化対策は土地改良区が負担し,その費用は,毎年2,000万円から2,500万円に及ぶのであります。

岡山県議会 2016-12-06 平成28年11月定例会-12月06日−03号

このまま放置すると,農村集落周辺の土地利用は,さらに混乱して,農業生産に支障を来すばかりでなく,農道や水路や公園等の身近な生活環境の整備も十分に行うことができなくなることが危惧されます。  そこで,地域の方々の参加と創意工夫のもとに,地域の実情に合わせて農業や自然環境をどう地域で守るかという観点からの集落整備と農地保全が行える制度設計を検討すべきであると考えます。  

岡山県議会 2016-03-09 平成28年 2月定例会-03月09日−07号

売電収入の一部は府や市に寄附され,ため池の施設管理費のほか,水路や農道を含めて農空間の保全にも役立てるとのことです。大阪府は,今後府内の各市町村のため池にフロート式の太陽光発電設備を拡大していく方針とのことです。  晴れの国で山間地が多い岡山県は,全国で6番目にため池が多い県です。  そこで,お尋ねいたします。  

岡山県議会 2015-12-11 平成27年11月定例会-12月11日−06号

地域の公共インフラ,例えば道路,橋梁,河川,トンネル,上下水道,農道,ため池などは,老朽化が進んでいます。これらの維持修繕費は,限られた予算の中で賄っている状況ですが,本来修繕しなければいけないような箇所や,以前なら適正に保たれていた管理が,最近ではだんだんおろそかになり,レベルが落ちていたり,危険が増しているようにも思います。  

岡山県議会 2015-09-18 平成27年 9月定例会-09月18日−06号

片山氏は,知事に就任して早々,土木部から提出された県内道路地図の資料の中に農林水産部が整備した農道が載っていないことを発見し,国の省庁割りの流れを組む組織の縦割りの弊害に気づき,県道整備と農道整備の無駄や重複を避けるため,農道と県道の担当部局の統合を行ったということです。このほか,港の建設業務,水処理部門などの組織の一元化を図ったとのことです。  そこで,お尋ねいたします。  

岡山県議会 2013-03-19 平成25年 2月定例会-03月19日−09号

集落支援事業」や市町村が実施する地域の創意工夫を生かした活性化の取り組みを支援する頑張る地域応援事業,コミュニティーバスや乗り合いタクシーの導入支援を行う中山間地域生活交通確保事業,生活道路・農道等の整備改良を行う中山間地域等生活・交流基盤整備推進事業などの事業でありますが,「おかやま元気!

岡山県議会 2011-09-27 平成23年 9月定例会-09月27日−08号

議第60号工事請負契約の締結については,広域営農団地農道整備事業備前東部地区和気熊山トンネル(仮称)工事に係る工事請負契約を締結しようとするものであります。  本委員会は,去る21日に開催し,関係当局者の出席を求め,慎重に審査を行いました結果,本案は適切妥当な措置と認め,全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。  

岡山県議会 2011-03-04 平成23年 2月定例会-03月04日−06号

また,この施設に通じる農道も極めて貧弱であり,補強,増設の必要性があります。こうした合理化の余地がある農業インフラを見直し,競争力のある米づくりを推進していただきたいと思うところですがいかがお考えでしょうか,農林水産部長にお伺いいたします。  以上をもちまして私の質問を終わらせていただきますが,まだ少々時間があるようなので,最近思うところを述べさせていただきたいと思います。  

岡山県議会 2010-09-15 平成22年 9月定例会-09月15日−05号

林道,農道,町道,県道などの道路ののり面,中山間地域等直接支払交付金,農地・水・環境保全向上対策,河川,夏祭りの会場,選挙があれば投票所と,夏の田舎の休日は,早朝から毎週のように集落ぐるみで草刈りがあります。県南の皆さんは,道路というのは車が通行できて当たり前だと思っているかもしれませんが,山間部の道路は,枝切りも含め,地元の方が管理しているから走れるのです。

岡山県議会 2010-03-17 平成22年 2月定例会-03月17日−09号

こうした中,県では,昨年度,知事を本部長とする岡山県中山間地域活性化推進本部を立ち上げるとともに,中山間地域等特別支援事業として,集落機能の再編・強化に向けた取り組みを支援する事業や,乗り合いタクシーなど地域の実情に適した交通手段の取り組みを支援する地域交通自立促進支援事業,市町村の活性化の取り組みを支援する中山間地域魅力づくり支援事業,また,道路改良や農道整備等の生活交流基盤を整備推進する事業などを

岡山県議会 2009-12-10 平成21年11月定例会-12月10日−06号

まず,事業仕分けについてでありますが,今回の判定結果の中には,独立行政法人等の基金の国庫返納など,地方財政に直接影響を及ぼさないものもあるその一方で,地方交付税制度の見直しを初め,農道整備事業の廃止や下水道事業の地方移管など,地方財政に直接影響を及ぼし得るものもありまして,私といたしましても,今後,国の予算等にどのように反映されていくのか,この点を注視しているところであります。  

岡山県議会 2009-12-09 平成21年11月定例会-12月09日−05号

そして,その東には,中部台地農道が先ごろ開通しています。そのさらに東側には,県道26号線から国道374号,484号と続く,通称柵原街道が通っています。国道53号を法定速度で移動すれば,朝の通勤時間帯でも,津山市内から県庁まで約90分,津山市東部から中部台地農道と国道53号を移動すれば,およそ80分。そこへ,さらに岡山市内に続く道路が必要なのでしょうか。

岡山県議会 2009-12-08 平成21年11月定例会-12月08日−04号

また,制度廃止という驚くべき判定になった農道整備事業について,岡山県への影響はどの程度と推察されているのか,農林水産部長にお伺いします。財源確保の視点からお答えください。  関連して,八ツ場ダムの事業中止の考え方についてお伺いします。  今後,政府は同様の決定をいろいろな場面でしてくると思われますが,私は政府の考えに,サンクコスト,日本語でいうと埋没費用というんですが。

岡山県議会 2009-09-17 平成21年 9月定例会-09月17日−06号

お話の美作地方においては,全国に先駆けて創設いたしましたおかやま森づくり県民税の活用によって,森林,林業の施策を初め,広域農道や基幹林道の整備促進,さらには格差是正のための地域の拠点病院への支援や中山間地域対策などの施策に特に力を入れてきておりまして,また,街路や基幹道路の整備など,地域の活性化につながる施策につきましても積極的に展開してきているところであります。

岡山県議会 2009-09-11 平成21年 9月定例会-09月11日−03号

合併協議を経て住民が地域のことを考えるようになり,農道や集落道などの小規模補修について,住民が積極的に参加するようになった結果,行政や住民が地域に対する愛着と責任感も共有するようになったといい,こうしたことは町村の将来にとって極めて有意義なことであります。

岡山県議会 2009-03-16 平成21年 2月定例会-03月16日−08号

集落機能の再編・強化に向けた取り組みを支援するための集落機能再編・強化モデル事業や,特に小規模高齢化集落対策,いわゆる限界集落対策を拡充した地域交通自立促進支援事業,市町村の活性化の取り組みを支援する中山間地域魅力づくり支援事業,また,道路や農道等の生活・交流基盤の整備推進などであります。

岡山県議会 2008-06-19 平成20年 6月定例会-06月19日−06号

津山の北部には,大規模農道が東西を結び,なかなかの交通量です。ところが,この道の一部,しかも津山市内部分で携帯電話が通じないところがあります。先ほど開通した中部台地農道は,約25キロもの間,高低差の激しい,左右に曲がりくねった道が続き,起点から終点まで,私きょうはかりましたけど,25キロでした。25キロの間,信号機は1基しかなく,カーブミラーは7基ほどしかありません。

岡山県議会 2008-03-17 平成20年 2月定例会-03月17日−08号

債務負担行為は,農道整備事業費など,国庫債務負担行為に伴って新たに債務を負担しようとするもの5件であります。  特別会計補正予算は,平成19年度岡山県農業改良資金貸付金特別会計など4会計において,それぞれ所要の補正措置を講ずるものであります。  

岡山県議会 2007-12-13 平成19年12月定例会-12月13日−06号

単県公共事業と事業調整費の区別もほとんどない,さらにその他の単県の公共事業予算,例えば,河川修繕,街路整備,農道整備,道路環境整備等々と違いが見当たらない以上,本来ならば公共事業費全体の予算自体を見直すべきであります。もしそれがたちまち困難であるならば,公共事業費全体の中で調整,配分割合を変更し,当面は事業調整費を減額せずにむしろ増額すべきと考えます。  最後に,1点,知事にお尋ねします。