29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

千葉県議会 2015-06-30 平成27年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2015.06.30

次に、東総広域農道、地元の通称名でありますけども、県道振りかえについて、これもこれまで御質問させていただいた質問でありますけども、東総広域農道の県道昇格にかかわる問題の中で、東総地区広域道路運営協議会を構成している市町が、勉強会が開催されてるとのお話を伺いました。  そこでお伺いいたしますが、東総広域農道の県道振りかえについて、検討状況がどのようになっているのか教えてください。

千葉県議会 2014-09-01 平成26年9月定例会(第6日目) 本文

現在、茂原長南インターチェンジから広域農道までの6.5キロメートルの整備を進めており、長南町区間においては橋梁などの工事を、茂原市区間においては境界立ち会いや用地測量を実施しております。今年度中には茂原市区間の用地取得に着手することとしており、茂原長南インターチェンジから県道茂原大多喜線までの区間について、平成31年度までの供用を目指してまいります。  

千葉県議会 2012-02-01 平成24年2月定例会(第5日目) 本文

一方、旧沼南地域側の住民も、これまで以上に旧柏地域に足を運ぶことが多くはなりましたが、特に大津ケ丘方面から柏市の南部地域に行く際には狭い農道を通るか、大きく迂回しないといけない状況も多々あります。これではせっかく合併したにもかかわらず、旧柏地域と旧沼南地域がより近くなったというイメージがわきづらく、メリットを活用できていない状況と言わざるを得ません。

千葉県議会 2010-06-15 平成22年_農林水産常任委員会(第1号) 本文 2010.06.15

この問題は、安房農林振興センターが発注いたしました広域営農団地農道整備事業2件に関しまして、工期を過ぎても多少のおくれは許されるという甘い判断とコンプライアンス意識の低さから、本来行うべき繰越手続を怠っていたものでございます。未竣工工事部分につきましては、関係機関と協議を行い速やかに工事を完成させ、一日も早い供用を目指してまいります。  

千葉県議会 2010-06-14 平成22年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2010.06.14

◯説明者(荒木技監兼技術管理課長) 安房農林振興センターの農道工事の検査につきまして回答させていただきます。  技術管理課は、事務所からの検査依頼に基づきまして検査を実施しております。本件につきましても、安房農林振興センターから完成報告というのに基づきまして検査を実施いたしました。

千葉県議会 2010-06-01 平成22年6月定例会(第7日目) 本文

これ、提案なんですけども、実はこの3月に南房総市白浜町から三芳まで広域農道ができたんです。そのとき、安房グリーンラインという名前を公募でつけたんです。石渡副知事さんが竣工式に来ていただいたんですけども、ぜひこの桟橋にも公募で名前をつけたらいいのかなと。使いやすく親しみやすい名前をつけて、たくさんの人に来ていただく。

千葉県議会 2010-06-01 平成22年6月定例会(第6日目) 本文

東総地域においては、県土の骨格となる首都圏中央連絡自動車道に直結する銚子連絡道路や、東総広域農道と利根かもめ大橋を結ぶ県道銚子海上線清滝バイパスなどの道路整備を進め、道路ネットワークの強化に努めているところでございます。

千葉県議会 2002-12-01 平成14年12月定例会(第5日目) 本文

そこでは農道もなく、用水路も排水路も整備されていないため、効率的な機械化農業ができないことから、小規模経営を余儀なくされ、さらに後継者が育たない状況にあります。  一方、整備された地域にあっても、基幹となる用排水施設は整備後相当な年数が経過していることから、老朽化が進み、漏水や施設の破損等維持管理面で多くの問題が生じています。

千葉県議会 2002-12-01 平成14年12月定例会(第7日目) 本文

整備後の水田は、長い間つらい作業をしてきた農業者を開放し、生産性も向上し、またあわせて実施された農道や排水路の整備、農業集落排水事業等、農村環境を一変させ、土地改良事業は農業、農村の近代化に大きな役割を果たしてまいりました。また、都市の下水処理施設の普及率は65.8%に対し郡部の普及率は24.5%と言われ、都市と農村の格差是正は進んでおりません。

千葉県議会 2002-06-01 平成14年6月定例会(第7日目) 本文

農村総合整備事業とは、総合の名のとおり、農用地の改良、または保全、ほ場整備、農道整備や集落道整備、近代化施設等の用地整備、集落排水事業、農村公園緑地整備、集落農園整備などが含まれ、農村の公共事業のあらゆる分野が対象になるような感じさえあります。平成7年に関東農政局管内では7地区が採択、千葉県では山武町が採択されております。

千葉県議会 2002-02-01 平成14年2月定例会(第5日目) 本文

特に我々の住む房総地域では、かえって農道の方が立派なくらいであります。堂本知事は房総の自然を生かした観光を推進したいとおっしゃっておられます。タカ狩りのための小街道ではだれも来ませんので、ぜひとも大型バスが安全に観光に訪れることのできるような大街道づくりに取り組んでいただきたいと思います。  そこで伺います。  

千葉県議会 2002-02-01 平成14年2月定例会(第2日目) 本文

次に、議案第85号から議案第89号までの5議案は、農道整備もしくは流域下水道事業に係る契約を締結することについて、議案第90号は県有自動車の交通事故に係る損害賠償の額の決定及び和解をすることについて、議案第91号から議案第93号までの3議案は、地方自治法の規定により住民訴訟に係る経費の負担をすることについて、議案第94号は地方財政法の規定により県が行う建設事業の経費の一部について関係市町村が負担すべき

千葉県議会 2001-06-01 平成13年6月定例会(第5日目) 本文

主な分野別の状況ですが、道路関係では、国県道路整備で25%、市町村道整備で37%の進捗、農業関係では、農業基盤整備、農道整備、農業構造改善事業を進めておりますが、進捗率48%となっております。企業誘致関係では、県による工業団地整備として3団地が分譲段階に達しておりまして、進捗率75%となっております。なお、現在、分譲済みの企業数は21社となっているところでございます。

千葉県議会 2001-06-01 平成13年6月定例会(第7日目) 本文

農業問題の最後に、昨年2月の定例県議会において私が質問いたしました、山武地域における農産物物流の合理化と農村環境の改善などを図るため、その農道網の基幹となる広域営農団地農道整備事業九十九里地区の整備状況についてでありますが、当時の齊藤市衞農林部長の答弁によりますと、平成12年度は、成東町から横芝町までの区間においては引き続き用地買収や道路工事などを実施する。

千葉県議会 2000-12-01 平成12年12月定例会(第5日目) 本文

地元では、行政や警察のパトロールでは追いつかないため、本年七月から自警団を組織し、夜八時から早朝まで監視活動を行ったり、進入路となる農道に大型ダンプが進入できないようにテトラポット等を置くなどの対策を行っておりますが、また新たな場所に不法投棄を繰り返されているとのことです。監視活動に当たる地元の方々も疲れ切っている状況でありました。  

  • 1
  • 2