4959件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

国内産業を取り巻く流れとしては、まずはAIとかIoTによる急激な技術革新への対応、二つに、起業・創業などの重要性が増していること。三つ目は事業所数の減少による地域経済の活力が低下しているのと併せて、事業継承が進んでいない。これらにどう対応していくかということ。四つに、アジア新興諸国やアフリカなどの経済発展をどう取り込んでいくかということ。

東京都議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文

逆に、起業志向はもともと低かったわけですが、さらに低下をしてしまって〇・四%まで落ちているということです。  G20の中の平均としても約一〇%ぐらいは起業志向があるにもかかわらず、〇・四%と余りにも低い状態であるということをやはり重く受けとめていき、学生時代からの取り組みというのが必要ではあろうかと思います。  

東京都議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文

産業労働費については四千七百八十二億円を計上し、中小企業の経営安定化や円滑な事業承継等を支援するとともに、全ての女性が意欲と能力に応じて活躍する社会の実現に向け、再就職や起業を希望する女性への支援を拡充してまいります。  さらに、誰もが活躍できる社会の実現に向け、テレワークの導入支援や介護休業を取得しやすい職場環境の整備を促進し、ライフワークバランスの充実を図ってまいります。  

群馬県議会 2019-03-12 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号

13、起業に対する支援について、民間・金融機関・市町村等と連携を図りながら取り組むこと。また、新たな産業の創出を図るため、官民をあげた本県の起業への支援体制について積極的にPRを行うこと。  14、産業団地の造成と企業誘致は働く場の確保に寄与するため、団地候補地の選定に当たって、立地環境や地域バランス等を考慮し、選定に努めること。

福井県議会 2019-03-04 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文

特に来年度は、後継者不在の経営者と起業を希望する若者をつなぐ創業型の事業承継の推進や、後継者が家業をさらに発展させるための次世代経営者塾などを開講し、いろんな方法による事業承継支援を進め、福井のものづくり技術が絶えないように、伝承をするように努力したいと考える。                               〜以  上〜 ◯畑副委員長  以上で、大久保委員の質疑は終了した。  

群馬県議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会総務企画常任委員会(企画部関係)−03月04日-01号

◎田中 地域政策課長   起業した場合については特にないが、マッチングサイトに掲載された中小企業に就業した場合については、国の基準により、1年間の継続就業と5年間の継続定住が必要となっており、これらの要件を満たさないことになった方については、交付した移住支援金の一部を返金していただくことになる。

群馬県議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会産経土木常任委員会(産業経済部及び労働委員会関係)−03月04日-01号

◎高澤 女性・若者就職支援室長   東京一極集中の是正と地方の担い手不足対策を一層推進するため、国では地方創生推進交付金を活用した「わくわく地方生活実現政策パッケージ事業」を創設し、個人への支援金給付等を行うことで、東京圏から地方への移住や地方での起業を後押しすることとしている。

東京都議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

これらに加えまして、新たなビジネスモデルの開発を進めます有望な起業家を掘り起こして、経営と技術の両面からきめ細かな支援を行ってまいります。  こうした施策の展開によってシェアリングエコノミーを活性化させ、多様な働き方を実現するとともに、東京の産業の力強い発展に結びつけてまいります。  次に、RE一〇〇の取り組みの民間企業への波及についてのご質問でありました。  

東京都議会 2019-02-26 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

今後は、東京が世界中の起業家、大手企業、投資家、研究機関等から選ばれる魅力的な集積地となることが求められます。  このように東京に成熟した新産業エコシステムが構築されていくことが、東京への新たな投資や進出を生み、さらなるイノベーションを創出することにつながると考えますが、都の見解を伺います。  

福井県議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文

起業意欲のある方はたくさんおられると思う。育んできた知的財産があるものの、後継者がいないところに県外から人を呼び込むというのは大変魅力的で、福井でしかない、福井でしかできないことだと思うのである。福井はいいところであるので来てほしいではなくて、こういうところを本当にどんどん発信すべきである。そのためには把握も必要である。

群馬県議会 2019-02-22 平成31年 第1回 定例会-02月22日-02号

また、県内で地域課題の解決を目的として新たに起業する方に対しまして、1人最大200万円の起業支援金の支給を行うこととしておりますけれども、そのうち23区から移住して起業した方については、今申し上げました移住支援金も対象となり、議員からもありましたけれども、最大で300万円が支給されるということになります。  

山梨県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第5号) 本文

しかし、こうした時代は、至るところに大きなビジネスチャンスの芽が隠れていることから、若者が起業・創業するには絶好の機会とも言えます。  知事も、公約の中で、新たな時代を切り開く若者のスタートアップの支援を掲げられておりますが、若者の起業・創業について、どのように考えているのか、御所見を伺います。  次に、景観づくりへの取り組み状況についてであります。  

山梨県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第6号) 本文

「地域課題解決に取り組む起業者に対し、起業支援金を支給するとのことだが、地域課題とは具体的にどのようなものか。また、支援する起業者は、どのように選定するのか」とただしたのに対し、「地域課題はさまざまあるが、具体的な例としては、子育て支援事業、地域活性化につながる飲食店の経営、まちづくりの推進、買い物弱者の支援、地域交通の支援など、国は幅広い分野の事業を想定している。

東京都議会 2018-12-19 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文

○産業労働局関係  一 起業・創業の支援については、起業家の掘り起こしや、ユニコーン企業の育成に努め、費用対効果を検証しながら事業面や金融面の支援を充実されたい。  二 正規雇用を目指す若者への支援や女性の再就職支援等、東京しごとセンターの就業支援策の検証及び充実強化に努められたい。

東京都議会 2018-12-12 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文

また、女性の多様な働き方の一つとして、起業、起こす業も重要な選択肢となります。趣味や特技を生かすなど、女性の特性に応じた効果的な起業支援を実施すべきと考えます。特に、子育てを担い、一旦家庭に入り、主婦となることも多い女性たちに、ライフステージに応じたきめ細やかな起業支援を講じていくべきと考えますが、知事の見解をお伺いいたします。  

群馬県議会 2018-12-12 平成30年第3回定例会ぐんまの雇用戦略特別委員会-12月12日-01号

もう一点大事なことは、学生の大企業指向に対して、起業という道もあるということを明確に知ってもらいたい。前橋ではイノベーションアワードということで、民間の皆さんが独自に取組を進めているが、起業に対する支援について、県の取組はどうか。 ◎角田 商政課長   起業支援は、民間・金融機関・市町村等と連携・役割分担して行っている。  

福岡県議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第11日) 本文

このため県におきましては、若者しごとサポートセンターなどの就職支援機関への橋渡し、起業や就農を志す隊員への起業セミナー等を実施しております。これらに加えまして、昨年度から新たに起業を志す隊員を対象に、経営と創業の相談所であります福岡県よろず支援拠点と連携をいたしまして、ゼミ形式の実践的な勉強会を行うなど、ほかの県にはない取り組みも行っているところでございます。