運営者 Bitlet 姉妹サービス
634件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 香川県議会 平成30年[9月定例会]環境建設委員会[土木部] 本文 県管理施設では、坂出王越町の県道高松王越坂出線の道路法面崩壊や、三豊豊中町の財田川の護岸崩壊など、47カ所で、7億1800万円余の採択を受けました。  一方、市町管理施設では、三豊詫間町の市道詫間245号線の路肩崩壊など33カ所で、3億2500万円余の採択を受けました。   もっと読む
2018-06-21 青森県議会 平成30年第294回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-06-21 昨年七月の秋田県での豪雨では、当時の秋田地方気象台長が直接、大仙など十二市町の首長の携帯電話に連絡して避難を促しました。住宅約二千二百棟が浸水しましたが、人的被害は免れています。  また、昨年七月の九州北部豪雨や本年一月の草津白根山の噴火、四月に大分県中津で発生した大規模な山崩れなどにも、気象庁職員が派遣されています。   もっと読む
2018-06-01 香川県議会 平成30年[6月定例会]経済委員会[商工労働部、交流推進部] 本文 先般、本委員会の視察で私の出身の豊中町の「うどんハウス」を視察した時に、「香川県全体を見た場合、創業しようとすると、今はインバウンドの問題でWi-Fi機能などの通信機能が一定以上進んでいないと難しいものがあります。」 もっと読む
2018-06-01 香川県議会 平成30年[6月定例会]環境建設委員会[土木部] 本文 10市町の内訳については、高松、丸亀、坂出、観音寺、さぬき、東かがわ、三豊、土庄町、小豆島町、多度津町となっています。率にすると、59パーセントと、全国平均の45パーセントを14ポイント上回っている状況ですが、今年度策定予定の綾川町を除くと、残り6市町において策定時期は未定となっています。   もっと読む
2018-05-30 大阪府議会 平成30年5月定例会教育常任委員会-05月30日−01号 学校法人森友学園は、今もなお塚本幼稚園を大阪淀川区で運営をしております。その観点から幾つかお聞きをしたいと思います。  この森友学園の民事再生計画というものはことし一月二十日に確定したところでございます。計画では、今申しました塚本幼稚園の事業を継続しながら、府が行った補助金返還請求に係る債務を初め、法人が抱える債務について二〇三〇年まで分割して支払うということになっております。   もっと読む
2018-02-22 京都府議会 2018.02.22 平成30年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 建設交通部 本文 からの助成もたしか1年か2年かということで、これが終わってしまったらもう継続ができないという状況になっていってしまいます。 もっと読む
2018-02-01 鳥取県議会 平成30年2月定例会(第8号) 本文 また、少子化対策にかなり先鋭的にやってきたこともございまして、例えば、米子で言えば、合計特殊出生率1.87というようなかなり高いところに来ておりまして、それぞれの自治体ごとに見てみれば、有効に機能しているというようなところも出てきているかもなというふうに思います。 もっと読む
2017-10-31 大阪府議会 平成29年9月定例会都市住宅常任委員会-10月31日−02号 次に、この府営住宅を大阪へ移管、これ実施をされたのが平成二十七年八月に行われ、今日まで二年以上経過をしておりますが、現在まで具体的に府営住宅の移管、話が進んでいるのが、お聞きをいたしますと大東と池田、大阪を含めて三だけというふうに聞いておりますが、今後、残るや町への移管について、どのような方針を立てて取り組んでいかれるのか、お考えをお聞かせいただきたいと思います。 もっと読む
2017-10-30 大阪府議会 平成29年9月定例会健康福祉常任委員会-10月30日−02号 委員お示しの五つの機能を集約した多機能拠点整備型が豊中、吹田の二カ所、五つの機能をそれぞれ有する事業所が連携して支援する面的整備型が堺で一カ所と富田林、河内長野、大阪狭山の三で一カ所、計四カ所で整備されております。また、現在、ほかの三でもそれぞれ整備中でございます。 もっと読む
2017-10-27 大阪府議会 平成29年9月定例会警察常任委員会-10月27日−01号 大阪府警察においては、本年二月、児童虐待の早期発見と被害の未然防止を図るため、大阪府、大阪及び堺とそれぞれ情報共有に係る協定を締結いたしました。   もっと読む
2017-09-15 熊本県議会 平成29年 9月 定例会-09月15日−04号 また、歩道は恐ろしい、だから車道を走ると、何度も歩道で転倒した電動車椅子を使う方が、歩道の状況がわかる調査を始めて、そのことをきっかけに行政が動いた豊中の話もありますが、これは先日新聞に掲載をされました。当事者からしか得られない情報がたくさんあります。  先日、コンビニ業界で、コンビニもホームページで多目的トイレの設置店舗の検索が可能になったというような、こういううれしいニュースもあります。 もっと読む
2017-09-15 熊本県議会 平成29年 9月 定例会-09月15日−04号 また、歩道は恐ろしい、だから車道を走ると、何度も歩道で転倒した電動車椅子を使う方が、歩道の状況がわかる調査を始めて、そのことをきっかけに行政が動いた豊中の話もありますが、これは先日新聞に掲載をされました。当事者からしか得られない情報がたくさんあります。  先日、コンビニ業界で、コンビニもホームページで多目的トイレの設置店舗の検索が可能になったというような、こういううれしいニュースもあります。 もっと読む
2017-09-14 福井県議会 2017.09.14 平成29年第398回定例会(第4号 一般質問) 本文 (資料提示)まず、年間積算線量が50ミリシーベルトを超える帰宅困難地域の面積は、現在約3万3,700ヘクタール、越前と鯖江を足しても足りません。おおい町と小浜半分くらいでしょうか。図でいう赤いところです。年間積算線量が20ミリシーベルト以下になったからと避難指示を解除された地域では、住民の帰還率が1割、2割と低い自治体が多く、復興にほど遠い状況です。図の緑のところです。   もっと読む
2017-09-01 香川県議会 平成29年[9月定例会]環境建設委員会[土木部] 本文 また、県においては、市町の人材不足、技術力不足を補うため、市町管理橋梁等の点検、診断を県が受託して行う地域一括発注を行っており、平成26年度は1で16橋、平成27年度は42町で149橋、平成28年度は1で132橋について行っております。   もっと読む
2017-06-08 福岡県議会 平成29年6月定例会(第8日) 本文 大阪府豊中では、小学校校区ごとに福祉なんでも相談窓口を設置し、総合相談窓口として活動している事例もあります。国は、制度や分野ごとの縦割りや支え手、受け手という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が我が事として参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えて丸ごとつながることで、住民一人一人の暮らしと生きがい、地域をともにつくっていく社会、すなわち地域共生社会の実現に取り組むこととしています。 もっと読む
2017-06-01 香川県議会 平成29年[6月定例会]文教厚生委員会[教育委員会] 本文 森委員  私の出身の旧豊中町は、非常に小さな町ですが、小学校が5つあり、一番近いところでは500メーターくらい、遠いところでも1.何キロくらいしか離れておらず、そのような中で子供の数が少なくなり、統廃合の問題が生じたことがあります。しかしながら、いっときは大分減ったのですが、その後、人口がふえているわけではないのですが、子供の数がふえております。 もっと読む
2017-03-21 滋賀県議会 平成29年 2月定例会議(第23号〜第31号)−03月21日-09号 わかりやすい数字モデルで説明すると、彦根北部土地改良区に県が支出した残土処分料は合計約5億9,000万円です。それが全ての土地改良事業に使われたとすると、全体の土地改良面積18.4ヘクタールのうち当該農地2.2ヘクタールには約7,000万円のお金が、県費が投入されたことになります。 もっと読む
2017-02-28 滋賀県議会 平成29年 2月定例会議(第23号〜第31号)−02月28日-06号 しかも、この体育館は、彦根が3年前に6,400万円をかけて耐震工事を行ったばかりで、まだ起債の償還もされていません。彦根は南彦根に60億円をかけて新しい体育館を建てる計画だそうですが、税金の無駄遣いそのものです。この無駄遣い、不合理についてどう考えるか。彦根の新体育館建設に対する県の費用負担とあわせて、答弁を求めます。 もっと読む
2017-02-28 愛媛県議会 平成29年第351回定例会(第3号 2月28日) そして、福島第一原発の究明が行われず事故の終息のめども立たない中での原発の再稼働や国外への輸出、さらに、その中身が国民へ明らかにされず、国民生活への影響を推しはかることが困難なTPP、高齢者の生活を危うくする年金カット法、ブラック企業、ブラックバイトを合法化させようとする労働法の改悪、沖縄県民に危険を強要する基地問題やいわゆる共謀罪、そして、連日、国会で質疑が行われている大阪豊中の森友学園問題など、 もっと読む
2016-12-08 大阪府議会 平成28年度会計決算特別委員会-12月08日−07号 これは、決算年度は高野台の府営住宅や豊中の施設の建設などに間伐材を使って、一桁間伐材の使う量がふえております。今公共施設の更新時期ですから、こういうことをやれば、間伐というのは単にお金を食うことだというようなことが、がらっと発想が変わります。  それから、府営住宅の整備基金を使えば、高槻や東大阪や枚方などを中心に、今の大阪府の土地に一千戸から一千五百戸ぐらいの府営住宅の建設は着手できたと思います。 もっと読む