413件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2019-10-04 2019.10.04 令和元年第408回定例会(第5号 閉会日) 本文

(1)豚コレラについて     殺処分した豚の埋却による地下水など環境への影響と今後の監視体制についての質問に対    し、「埋める穴は試掘を行い湧水がないことを確認し全てブルーシートで覆い、豚はビニール    コーティングされた袋に入れて埋却をした。今後、県が年2回、定期的に水質検査を行い、そ    の結果を公表していく」との見解が示された。     

福井県議会 2019-10-02 2019.10.02 令和元年予算決算特別委員会 本文

具体的には、その埋める穴については、まず試掘、試し掘りを行って、わき水があるかないか、当然ないということを確認をして、さらにまた地下水への影響も今後あるかもしれないということも考慮しながら、穴の底、それから側面、これらを全てブルーシートで覆った。さらに、豚については、内部をビニールコーティングしてあるフレコンバッグに入れた上で埋却をしたところである。  

愛媛県議会 2019-03-08 平成31年スポーツ文教警察委員会( 3月 8日)

5は、県や国が事業主体となる土木工事予定地における遺跡の試掘確認調査及び国土交通省から受託する発掘調査に要する経費でございます。  6は、県文化財保護審議会の運営に要する経費でございます。  7は、文化財保護指導及び災害対策強化等に要する経費でございます。  8は、文化財保護指導員の巡視活動等に要する経費でございます。  次に、615ページをお願いいたします。  

群馬県議会 2019-02-27 平成31年 第1回 定例会−02月27日-04号

現在までに用地買収、埋蔵文化財試掘調査、地質調査を終了し、本年度から2カ年で基本施設計を行うこととしており、現在、基本設計中であります。今後は来年度から実施する用地造成を経て建設工事に着手し、3年後の2022年当初の完成を予定しております。完成に向け、引き続き地域住民をはじめ、各方面の御理解を賜りながら推進してまいりたいと考えております。 ◆中島篤 議員 今、予定も聞かせていただきました。

島根県議会 2019-02-25 平成31年_建設環境委員会(2月25日)  本文

水道事業も同様に長寿命化、耐震化を進めることとし、斐伊川管路試掘・管体診断業務1,516万円余、江の川の施設管理基本計画として566万円余を計上しております。これら基本計画の策定スケジュールですが、飯梨川はさきに御説明しましたとおり、現在策定し、関係団体の調整中で、31年度当初には計画をまとめる予定。

島根県議会 2019-01-10 平成31年_建設環境委員会(1月10日)  本文

企業局では計画策定に向け、施設台帳や工事履歴を整理するとともに、点検調査記録や埋設管路の試掘調査、現地確認により現状を把握してまいりました。状態監視保全を行う施設は、施設の劣化程度による評価が必要となるため、施設の性能低下についてIからIVの4段階で健全度を定義し、点検、調査により各施設の状態を把握し評価しております。

愛媛県議会 2018-07-02 平成30年第357回定例会(第4号 7月 2日)

このうち、津島道路につきましては、引き続き用地買収が進められているほか、平成28年度に着手した本線工事では、愛南町柏地区で橋梁下部工事等が、また、宇和島市上畑地地区で切り土工事等が行われており、県としても宇和島市や愛南町と連携しながら、地元調整や埋蔵文化財試掘調査等の協力を行っているところでございます。  

群馬県議会 2018-06-01 平成30年 第2回 定例会-06月01日-03号

これまでに用地買収や埋蔵文化財試掘調査、そして、地質調査を終了しておりまして、本年度からは2か年で基本設計や実施設計を行うこととしております。その後、用地造成を経て、建設工事に着手し、平成33年度末の完成を予定しております。  次に、計画規模でありますが、体制につきましては、庁舎内に併設します本部留置施設の要員を含めまして、現時点では135名程度を予定してございます。

愛媛県議会 2018-03-13 平成30年文教警察委員会( 3月13日)

6は、県や国が事業主体となる土木工事予定地における遺跡の試掘、確認調査並びに国土交通省から受託する発掘調査に要する経費でございます。  7は、県文化財保護審議会の運営に要する経費でございます。  8は、文化財保護指導等に要する経費でございます。  595ページを御覧ください。  9は、文化財保護指導員の巡視活動等に要する経費でございます。  

島根県議会 2017-09-26 平成29年_建設環境委員会(9月26日)  本文

施設の健全度や耐震性能を把握するために、既存資料の確認や、試掘調査、現地調査などを実施いたしました。各施設の状況についてですが、機械・電気設備法定耐用年数を超えて使用し、更新した設備もありますが、適切な維持管理により運転に支障はございません。  土木建築施設については、沈砂池や意宇川水管橋、埋設管路の一部で健全度が低下しております。

東京都議会 2017-03-22 2017-03-22 平成29年環境・建設委員会 本文

都はこれまで、現況測量設計を行い、平成二十八年度には、電線管理者など関係機関との調整を得て電線共同溝本体工事に向けた試掘調査を行い、現在、支障となる下水道施設の改良工事を実施しております。  平成二十九年度は、引き続き、ガス管や水道管等の移設工事を実施し、東側の約三百四十メートルの本体工事に着手する予定でございます。  

石川県議会 2017-03-15 平成29年 3月15日総務企画委員会-03月15日-01号

石川森林管理署大聖寺森林事務所跡地で、「地下埋設物に係る試掘調査を行った結果、コンクリート基準等の地下埋設物の存在が確認されています」と書いてありました。こういったデータがちゃんと残っていますので、購入する方も安心して、いわゆるそれを見込んで買えるのだと思います。  

愛媛県議会 2017-03-13 平成29年文教警察委員会( 3月13日)

5は、県や国が事業主体となる土木工事予定地における遺跡の試掘確認調査並びに国土交通省から委託を受けた発掘調査を県埋蔵文化財センターが実施するために要する経費でございます。  6は、県文化財保護審議会の運営に要する経費でございます。  7は、文化財保護指導等に要する経費でございます。  8は、文化財の巡視等を行っている文化財保護指導員の活動経費並びに研修会を実施するための経費でございます。