運営者 Bitlet 姉妹サービス
537件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 大分県議会 平成30年 第4回定例会(12月)-12月04日−03号 まず、陸上養殖のヒラメ等については、赤潮の影響を受けない地下海水の利用に向け、海水井戸を試掘しており、この効果を踏まえ、漁業者への普及に取り組みたいと考えています。  また、養殖ブリの主要な産地である入津湾では、湾口部、湾の出入口が浅くなっておりますので、この海底部分を掘削すれば海水交換が促進され、赤潮対策として有効であるといった調査結果も得ています。 もっと読む
2018-09-25 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-09月25日-03号 今、議員からお話がありましたとおり、現在、2020年4月の開所に向けまして、埋蔵文化財の試掘調査ですとか、設計業務を終えたところでございます。建設する建物の規模は、周りに配慮いたしまして、鉄筋コンクリート造2階建て、延べ床面積は2,747.62平米、今年12月中の工事着工を予定しております。 もっと読む
2018-07-02 愛媛県議会 平成30年第357回定例会(第4号 7月 2日) このうち、津島道路につきましては、引き続き用地買収が進められているほか、平成28年度に着手した本線工事では、愛南町柏地区で橋梁下部工事等が、また、宇和島市上畑地地区で切り土工事等が行われており、県としても宇和島市や愛南町と連携しながら、地元調整や埋蔵文化財の試掘調査等の協力を行っているところでございます。   もっと読む
2018-06-04 富山県議会 2018.06.04 平成30年経済建設委員会 それで帰り道には、今県が大きなお金をかけながら地熱発電の試掘をしている、そういうところも場所的にちょっと拝見できれば、またいい視察になるのではなかろうかと思っております。1時間以上入り口からかかりますので、物見遊山というような形よりも、長靴をはいて、ヘルメットをかぶって、しっかりと富山県の遺産を見ていただける、そういう仕組みを考えていただきたいと要望します。 井加田委員長 ほかにありませんか。 もっと読む
2018-06-01 群馬県議会 平成30年 第2回 定例会-06月01日-03号 これまでに用地買収や埋蔵文化財の試掘調査、そして、地質調査を終了しておりまして、本年度からは2か年で基本設計や実施設計を行うこととしております。その後、用地造成を経て、建設工事に着手し、平成33年度末の完成を予定しております。  次に、計画規模でありますが、体制につきましては、庁舎内に併設します本部留置施設の要員を含めまして、現時点では135名程度を予定してございます。 もっと読む
2018-03-13 愛媛県議会 平成30年文教警察委員会( 3月13日) 6は、県や国が事業主体となる土木工事予定地における遺跡の試掘、確認調査並びに国土交通省から受託する発掘調査に要する経費でございます。  7は、県文化財保護審議会の運営に要する経費でございます。  8は、文化財の保護指導等に要する経費でございます。  595ページを御覧ください。  9は、文化財保護指導員の巡視活動等に要する経費でございます。   もっと読む
2018-03-01 群馬県議会 平成30年 第1回 定例会-03月01日-05号 また、国道17号上武道路と交差します今井町交差点の西側につきましても、今月から試掘調査を行う予定であります。 もっと読む
2018-02-26 埼玉県議会 平成30年  2月 定例会-02月26日−02号 また、水道管に関しましては、道路の地下に埋設されていることから状態の把握が困難なため、平成二十二年度に試掘調査を行い、埋設管の劣化の状況を確認いたしました。その結果、水道管は、法定耐用年数四十年の一・五倍から二倍程度の使用が可能であることが判明いたしました。 もっと読む
2017-12-20 秋田県議会 平成29年 第2回定例会《12月議会》 予算特別委員会 第6日 、あるいは「試掘の結果、保存しなければならない遺構ではないと考えられる。」と答えていますが、これは掘ってみなければ分からないのではないですか。その点は断言できますか。 ○観光文化スポーツ部長(草彅作博)  絶対出ないとは断言できないと思いますが、周辺の地形や何に使われてきたか等を考えれば、恐らくは生活遺構のようなものが中心になるのではないかと思います。 もっと読む
2017-12-19 秋田県議会 平成29年 第2回定例会《12月議会》 予算特別委員会 第5日 ○沼谷委員(沼谷純)  11月に試掘していると思います。このときは幾らぐらいの見積もりが出ていますか。埋文調査をやるのに、どのぐらいという見積もりが出ているものですか。 ○観光文化スポーツ部長(草彅作博)  当初我々が想定している金額よりは少なくて済むのではないかと聞いています。 もっと読む
2017-12-13 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成29年 第 6 回 定例会第 2 号 その調査結果を踏まえまして、平成24年度から平成26年度にかけて那覇市、南城市、宮古島市において、試掘調査等を実施しております。これらの一連の事業費、予算額でございますが、約17億7300万円となってございます。○山川典二委員 17億円余りの予算をかけて調査が済んでいるわけですよね。それで、その後の取り組みとして、どういう状況にありますか。あるいはその調査結果を公表していますか。 もっと読む
2017-12-13 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成29年 第 6 回 定例会第 2 号 その調査結果を踏まえまして、平成24年度から平成26年度にかけて那覇市、南城市、宮古島市において、試掘調査等を実施しております。これらの一連の事業費、予算額でございますが、約17億7300万円となってございます。○山川典二委員 17億円余りの予算をかけて調査が済んでいるわけですよね。それで、その後の取り組みとして、どういう状況にありますか。あるいはその調査結果を公表していますか。 もっと読む
2017-12-08 秋田県議会 平成29年 第2回定例会《12月議会》 産業観光委員会 第2日 具体的には、江戸時代の1層を調べる分の経費を予算化していたのですが、ここを掘り返すに当たって試掘調査を行った結果、江戸時代に2回土盛りした跡があったということです。原状を保存する必要はないのですが、4層分について法に基づく記録をとらなければいけないので、今回増額になったものです。 もっと読む
2017-11-09 東京都議会 2017-11-09 平成29年環境・建設委員会 本文 小石川後楽園ではこれまでも、古い文献や試掘調査等を行い、池の護岸修復や白糸の滝の石積みの復元に取り組んでまいりました。さらに、平成二十六年度に着手した唐門の復元事業につきましては、現在、文化庁等と協議を進めております。   もっと読む
2017-10-25 長崎県議会 平成29年  予算決算委員会環境生活分科会-10月25日−02号 それはやってみて、いろいろ試掘なんかもやりますよ。調査測量の中でいろいろやる。それでもやっぱりかなわんというものが実際のところ出てきたといった時に、どうしても変更しないといかんという話だったら、それはわかります。それは言ってみれば、やってみなければわからなかったという予測不能の話です。想定内の話であれば、そこは綿密な準備をしておかなきゃいけないけれども。  例えば、こういう話がありますよ。 もっと読む
2017-10-05 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成29年 第 5 回 定例会第 2 号 県では、平成24年度から平成26年度にかけて実施した天然ガス資源活用促進に向けた試掘調査事業において、天然ガスや地質の組成など各種データを取得したところです。天然ガス試掘井の利活用については、試掘井の所在する市町村も参加した天然ガス試掘井の利活用に係る検討委員会において、それぞれの地域に適した利活用方法及び今後の方向性の検討を行っております。 もっと読む
2017-10-05 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成29年 第 5 回 定例会第 2 号 県では、平成24年度から平成26年度にかけて実施した天然ガス資源活用促進に向けた試掘調査事業において、天然ガスや地質の組成など各種データを取得したところです。天然ガス試掘井の利活用については、試掘井の所在する市町村も参加した天然ガス試掘井の利活用に係る検討委員会において、それぞれの地域に適した利活用方法及び今後の方向性の検討を行っております。 もっと読む
2017-09-26 長崎県議会 平成29年  9月定例会 環境生活委員会-09月26日−02号 では、その中身を教えてくださいということで確認をしたところ、補強盛土の一部地域の試掘というか、岩が出てきたことによって1億5,000万円ぐらいのプラスになりました。 もっと読む
2017-09-08 神奈川県議会 平成29年 第三回 定例会-09月08日−01号 また、津久井合同庁舎新築工事予定地において、試掘調査を実施したところ、埋蔵文化財が発見されたため、文化財保護法に基づく発掘調査を実施します。   このほか、民間活力の活用により再整備を行う高津合同庁舎の借り上げ事業や、県が管理する大船フラワーセンターの指定管理について、それぞれ債務負担行為の設定をお願いしています。    もっと読む
2017-07-05 長崎県議会 平成29年  6月定例会 農水経済委員会-07月05日−05号 その中で試掘調査、事前調査、本調査という形で行っていくわけですが、確かに、委員がおっしゃるように、本調査等になりますと、教育委員会に在籍している学芸員がいらっしゃいますが、市町に1名とか2名とか、そういうことで少人数しかいない状況で、概略言いますと、1人頭、年間で最大でも3,000㎡とか、そういうオーダーでの調査しかできないという状況でございます。 もっと読む