運営者 Bitlet 姉妹サービス
906件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 学校でクラッシーを使用しているが、学校によっては毎日のようにこのアプリを開くよう指示されたり、保護者会でも使用することがあるそうですが、校内に無線LANが設置されていないため、個人で契約している通信のためのデータ使用量が多くなり負担が生じてしまうとのことで、校内に無線LANの設置を検討してもらいたいと、ご要望がありました。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 他県を見ると、例えば、山口県は観光スポーツ文化部と、観光も一緒に入れている。秋田も観光文化スポーツ部ということで、観光もセットでやっている。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 まず、東京都防災アプリの普及拡大についてでございますが、東京都防災アプリは、発災時に必要な情報を盛り込み、多くの都民が楽しみながら学べるものとして昨年三月に配信を開始いたしました。  配信に当たっては、広報用動画をSNSで発信するとともに、ポスターやリーフレットの配布等を行い、現在のダウンロード数は約二十万件となっております。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 島しょ地域では、島民生活や産業、観光を支える重要な基盤として、港湾や空港などの整備が進められてきました。一方で、観光客数がほぼ横ばいで推移しており、一層の観光振興が必要です。  私たちが八丈島や大島を視察した際に、地元からプレジャーボートの漁港利用を望む声があり、都に継続して要望を行ってきました。  そこで、多様なアクセス手段の検討について、都の見解を伺います。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 二〇一九大会を成功につなげるため、各国大使館の協力も得ながら、多くの外国人観光客が日本の伝統文化と触れ合い、体験できる場を提供するなど、東京、日本の魅力の効果的な発信に向けた取り組みの推進を強く求めます。  次に、鉄道ネットワークの充実について申し上げます。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 ◎板屋英治 土木部長  2020年の夏に東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されていますが、その際に国内に多くの外国人観光客が訪れることから、本県においてもこの機会を最大限に生かすことが重要と考えています。 もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 このショップにおいては、12月26日までの約3カ月間、香港の人たちに食品や工芸品など約70品目の県産品を販売するほか、県のPR動画により観光地を紹介しており、香港で好まれる商品改良や観光誘客につなげていく。  また先月14日には、タイのバンコクにおいて、県議会や農水産、商工、観光業界の関係者の皆様とともに、福井の食文化提案会・商談会を開催した。   もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 懇談会では、「インターンシップの充実による職員確保」、「スポーツと健康増進、観光が連携する専門部局の新設」、「全国の先進事例を参考にした県の仕事におけるAIの活用検討」などの意見をいただいている。  今後は、本年度内に新たにプランに盛り込む内容の骨子を整理した上で、平成31年度の本格的な予算となる6月補正予算の編成と並行して策定を進めていきたいと考えている。   もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会厚生文化常任委員会(生活文化スポーツ部関係)−12月07日-01号 再来年に群馬DCを控え、東国文化に係る県内の歴史文化遺産については、観光資源として、さらなる磨き上げや活用を図る必要があると思うが、現在の取組状況と今後の予定はどうか。 ◎高原 東国文化推進室長   絹産業遺産群は、世界遺産課が進めており、古墳調査は、専門家集団である文化財保護課が行っているが、関連する群馬県の資産であるので、各部署と連携して人に見せていけるような工夫をしていきたい。 もっと読む
2018-12-07 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月07日-02号 また、訪問したJR九州では平成十六年の九州新幹線の部分開通をきっかけに鉄道を観光目的とする観光列車を積極的に導入し、沿線地域と連携した観光客誘致の取り組みを聞くことができました。九州七県、三千キロメートルを結ぶ最高級観光クルーズ列車「ななつ星」はその象徴として人気を維持拡大をしています。 もっと読む
2018-12-07 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号 また、大津市や草津市など10の市町と3団体において、モバイルスタンプラリーやバーチャルウオークラリー、各種健診の受診や健康に関する目標達成で、健康ポイントをためることのできる健康推進アプリ「BIWA−TEKU(ビワテク)」を行われております。   もっと読む
2018-12-05 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月05日-10号 これらの動きを研修会などにより、他の構成町村にも周知するとともに、食や宿泊、絹関連の体験施設などの観光インフラとの連携を図ることで、日本遺産の魅力をさらに高めてまいりたいと考えております。 ◆荒木恵司 議員 ありがとうございました。しっかり検証して、今後に結び付けていただくようによろしくお願い申し上げます。  次に、県公式アプリ「きぬめぐり」についてお伺いします。   もっと読む
2018-12-05 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月05日−04号 また、そうした公共交通のネットワークは、観光振興においても重要で、国内一般の観光客のみならず、インバウンドの訪日外国人にとっても利用しやすい仕組みにしていくことが望まれます。  さらには、公共交通機関としてのバスの運行等において定時性を確保されるよう、道路の整備を県に期待する声もあります。 もっと読む
2018-12-05 福井県議会 2018.12.05 平成30年第404回定例会(第3号 一般質問) 本文 政府は、訪日観光客の受け入れを今後もさらにふやし、2020年には4,000万人とし2015年の2倍を見込んでいます。外国人旅行者消費額は8兆円として観光立国の施策を展開、訪日外国人に人気の高い観光地はいずれも外国人が大変目立ってきております。いかに観光消費を促すかがポイントになりますが、そこで重要になるのは、外国人観光客はキャッシュレスで現金を持ち歩かないということでございます。 もっと読む
2018-12-05 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第353回通常会議-12月05日-04号 宿泊者増への取り組みの一つには、より多くの地域や観光施設を訪れてもらえるよう、県内での広域周遊観光を促進することが重要と考えます。  そこで、県は、プレDCからこれまでの取り組み状況等を踏まえ、今後、県内広域周遊観光の促進にどのように取り組んでいくのか、産業労働観光部長にお伺いいたします。 ○阿部寿一 副議長 茂呂和巳産業労働観光部長。     もっと読む
2018-12-04 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月04日-04号 次に、観光振興についてであります。  平成29年度の北海道の観光入り込み客は5610万人と、過去最高を記録したところでありますが、その約55%は、札幌、小樽などの道央圏に集中したところです。  人口減少や高齢化に伴い、地域のボトムが下がりつつある中、観光による地域の活性化を考えた場合、道央圏ばかりではなく、道東や道北といった全道各地でも、観光客による交流人口を拡大していくことが重要と考えます。   もっと読む
2018-12-04 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月04日−03号 まず、観光振興についてです。  観光の振興は、活力ある県づくりを進める上で極めて重要であり、県では、平成二十六年度から五年間にわたり観光キャンペーン、やまぐち幕末ISHIN祭を強力に展開してきました。  その結果、昨年は、観光客数が過去最高となる三千三百万人を上回るなど、大きな成果を上げたところであり、ことしも山口ゆめ花博では、大変多くのお客様をお迎えしたところです。   もっと読む
2018-12-03 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月03日-03号 一方、道内観光客に向けた取り組みはほとんど見受けられず、道外・海外観光客へのプロモーションに比べると、非常に少ないと言わざるを得ません。  しかしながら、平成29年度の観光入り込み客数の、道内観光客、道外観光客、外国人観光客の内訳を見ますと、道内客は4725万人で、全体の84%を占めております。   もっと読む
2018-12-03 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月03日-09号 さらに、県民の皆さんが身近な地域で楽しく歩くことができるよう、現在、「ぐんま元気アプリ」の制作や、このアプリの効果的な活用を図るための実践マニュアルを作成しているところでございます。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 周辺には、袖ケ浦市の中心的な観光施設である袖ケ浦公園や東京ドイツ村などがあり、また、分譲が進められてきた袖ケ浦椎の森工業団地などがあります。県道千葉鴨川線は、このような観光施設や工業団地などと館山自動車道の姉崎袖ケ浦インターチェンジや圏央道の木更津東インターチェンジとを結ぶことから、観光振興や地域経済の活性化を図るためにも積極的に整備を進めていく必要があると考えています。 もっと読む