運営者 Bitlet 姉妹サービス
204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 京都府議会 2018.09.19 平成30年9月定例会(第2号)  本文 先ほど質問された当地の兎本和久議員と私は同期当選であり、府議になってからは木津川の右岸と左岸でさまざまな違いがあるとよく聞かせていただくようになりました。「府の北部・南部の格差が木津川の右岸・左岸にもある。北部と南部の課題には共通点があるので、お互いに連携してこの課題に取り組んでいこう」と言っていただいております。 もっと読む
2018-09-01 鳥取県議会 平成30年9月定例会(第8号) 本文 また、資料5、東京都荒川区は、高齢者や障害者、子供のいる世帯に5万円のエアコン設置を助成、荒川区は11万世帯で、予算1,500万円。鳥取県は21万世帯で、予算3,000万円程度と試算できます。命が失われる前に、猛暑から命を守る。鳥取県も制度創設を。どうでしょう。  次に、小中学校のエアコン設置支援。 もっと読む
2018-03-13 佐賀県議会 平成30年県土整備・警察常任委員会 本文 開催日:2018年03月13日 横田川のJR橋上流の左岸側に、唐津市が管理されております浜玉排水機場があります。これは今言いましたように、牟田川は調整池と同じですから、それをくみ上げるということで、昔からずっと排水機場があったんですけれども、平成十五年ぐらいに、小さいということで更新したわけですね。だけども、その更新した機械の機能をフル稼働させて一遍に出したら、護岸がうっぽげたわけですよね。 もっと読む
2018-02-28 埼玉県議会 平成30年  2月 定例会-02月28日−04号 一つは、県土に占める河川面積が三・九パーセントで日本一、もう一つは川幅で、荒川の鴻巣市と吉見町の間が二千五百三十七メートルで日本一となっています。上田知事の就任以来、これらの他県に勝る資産を生かす「川の再生」の取組が進められてきました。 もっと読む
2017-12-14 埼玉県議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−06号 維持管理負担金の改定に当たって、多額の累積赤字を抱える地元の「利根川右岸」や「荒川上流」については、過年度分の赤字算入の先送り、算定期間の五年から十年への延長、値上げを二段階に行う激変緩和措置など様々な配慮をいただいております。 もっと読む
2017-09-29 埼玉県議会 平成29年  9月 定例会-09月29日−03号 高橋政雄議員      七十二番  田村琢実議員      七十三番  須賀敬史議員      七十四番  諸井真英議員      七十五番  塩野正行議員      七十六番  石渡 豊議員      七十七番  浅野目義英議員      七十八番  畠山 稔議員      七十九番  小林哲也議員       八十番  本木 茂議員      八十一番  宮崎栄治郎議員      八十二番  荒川岩雄議員 もっと読む
2016-10-04 埼玉県議会 平成28年  9月 定例会-10月04日−05号 高橋政雄議員      七十一番  田村琢実議員      七十二番  小林哲也議員      七十三番  伊藤雅俊議員      七十四番  神尾高善議員      七十五番  石渡 豊議員      七十六番  蒲生徳明議員      七十七番  浅野目義英議員      七十八番  畠山 稔議員      七十九番  本木 茂議員       八十番  宮崎栄治郎議員      八十一番  荒川岩雄議員 もっと読む
2016-09-29 埼玉県議会 平成28年  9月 定例会-09月29日−02号 八十一番 荒川岩雄議員から常任委員の所属変更の申出がありましたので、総務県民生活委員会から警察危機管理防災委員会へ所属変更することに御異議ありませんか。        〔「異議なし」と言う人あり〕 ○宮崎栄治郎議長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。            もっと読む
2016-09-26 群馬県議会 平成28年 第3回 定例会−09月26日-02号 例えば、国においては、大きな河川に対してタイムライン――〔資料(1)提示〕ここに荒川のタイムラインというのを例示してありますけれども――を設定し、事前の避難準備を促しており、利根川の国直轄部分も同じようにタイムラインの対象となっています。 もっと読む
2016-03-22 東京都議会 2016-03-22 平成28年予算特別委員会(第5号) 本文 綾瀬川の左岸側は、首都高速六号線の下の堤防であり、耐震補強工事が既に進められておりますけれども、右岸の堤防は、経年劣化もあり、表面の傷みも進み、以前は時折、水がにじみ出る状況もありました。右岸につきましても、耐震性に支障がないことはわかっておりますけれども、特に東日本大震災を受けた最大級の地震への対応という点で、新たな視点に立ち、堤防について早期の耐震対策を進めるべきと考えます。 もっと読む
2016-03-17 埼玉県議会 平成28年  2月 予算特別委員会-03月17日−08号 そうした中で、今回の区域の見直し、再編ということで、今、大久保は、荒川左岸にありますけれども、さいたま市、川口市の一部、戸田市、蕨市のほかに荒川の下を水管橋を通して、地下を通して県西部のほうにも、川越市や、あるいは東上線沿線の市町村、所沢市、入間市などに今送っているような現状でございます。   もっと読む
2016-03-16 埼玉県議会 平成28年  2月 予算特別委員会-03月16日−07号 県南地域は御案内のとおり、新荒川大橋や戸田橋、笹目橋があります。この道路啓開、特に八方向の絡みで、多分、国の管轄になるんだと思いますけれども、県はどういうふうに関与していくんでしょうか。 ○長峰宏芳委員長   浅井義明県土整備部長。 もっと読む
2016-03-08 東京都議会 2016-03-08 平成28年予算特別委員会(第3号) 本文 先日、我が党の教育政策推進プロジェクトチームで、荒川区にある、外国人の子供たちに日本語や学習を教え、日本の学校に送り出しているNPOを視察いたしました。  そのNPOは、限られた財源で、できる限り多くの子供たちを助けるため、退職された教師を中心に、基本的にはボランティアで大変な努力をしていました。しかし、こうした団体の存在を知らないで支援を受けられない外国人も多いのも事実です。   もっと読む
2016-03-01 福井県議会 2016.03.01 平成28年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 一般県道福井森田丸岡線、(仮称)新九頭竜橋については、現在、鉄道・運輸機構が、8基の下部工のうち、左岸側の4基を施工しているところである。引き続き、鉄道・運輸機構と調整を図り、円滑な工事促進に努めていく。  次に、都市づくりについて申し上げる。   もっと読む
2016-02-29 埼玉県議会 平成28年  2月 定例会-02月29日−04号 本日は、地元蓮田市から、手をつなぐ親の会の方々、そして元荒川をこよなく愛し、ボランティア活動をしています、よみがえれ元荒川の会の皆様が傍聴にいらしていただいております。御礼申し上げます。  今年はうるう年で、一年間三百六十六日あります。地球の公転と暦のずれを調整する、本日は貴重な一日と思います。 もっと読む
2016-02-26 宮城県議会 平成28年  2月 定例会(第355回)-02月26日−05号 第二点、栗原市築館を流れ、伊豆沼に流入する荒川は河道が狭隘で長年地域住民は水害に悩まされており、私も機会をとらえて取り上げてまいりました。荒川の改修はまさに地域住民の悲願でもあります。特に、照越川合流点より県北高規格道路までの間の右岸堤防は、左岸堤防より低く農地に流入しやすくなっております。 もっと読む
2015-10-14 千葉県議会 平成27年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2015.10.14 以前から言ってるように、東京都と千葉県側、特に江戸川を挟んで左岸と右岸の人口比率と災害拠点病院の指定数を見ますと、圧倒的に東京のほうが充実してますよね。だけど、首都直下地震はどこでも平等に起こると、千葉県側と。そこで、この行徳中央病院の災害拠点病院の指定化っていうのは防災上どう考えてるのか。もし進展があるようだったらお答え願いたいと思います。  あともう1点は後でいいですか。 もっと読む
2015-09-24 栃木県議会 平成27年度栃木県議会第331回通常会議-09月24日-02号 宇都宮市と芳賀町が導入を進めているLRTは、誰もが安心で快適に移動できる社会の実現に重要な役割を果たし、さらには、本県の経済を牽引する鬼怒川左岸地域の産業振興やそれに伴う雇用の創出など、地域活性化にも寄与するものと考えております。   もっと読む
2015-09-24 福井県議会 2015.09.24 平成27年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 主要地方道丸岡川西線、布施田橋については、左岸側の上部工工事を昨年12月に発注し、現在、橋げたの製作を行っているところである。残る右岸側の上部工工事については、今議会で契約締結議案を提出しており、承認いただければ直ちに着手する。平成30年の福井国体までの供用を目指し、引き続き円滑な工事促進に努めていく。   もっと読む
2015-06-17 栃木県議会 平成27年度栃木県議会第330回臨時会議-06月17日-04号 ○岩崎信 議長 荒川政利産業労働観光部長。   (荒川政利産業労働観光部長登壇) ◎荒川政利 産業労働観光部長 ただいまのご質問にお答えいたします。県では、首都圏を中心とした企業訪問活動や知事によるトップセミナーの開催などを通じて、多様な就業機会の創出等に資する企業誘致に積極的に取り組んでまいりました。   もっと読む