運営者 Bitlet 姉妹サービス
7614件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 まず、執行部から、県道熊本玉名線の福祉会館前から市役所前に至る交通車線の拡幅工事の計画について説明がありましたほか、最近の県内における交通事故の多発にかんがみ、委員から、長距離輸送トラック運転者の労務管理について行政指導の徹底を図ること、またシートベルト着用励行者に対する表彰体制について、さらに自動二輪車の運転免許取得に係る年齢制限の引き上げについてなどの要望が出されたほか、熊本の空の玄関道と言われている もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 当然、住民からは、騒音、落下物や墜落事故、大気汚染、資産価値の低下など、命と暮らしが脅かされることへの不安、そして計画の撤回を求める声が上がっています。  みなとの空を守る会による住民アンケートでも、我が党の品川区議団のアンケートでも、中止や反対は八割を超え、都議会には、延べ七千人以上の都民の方々から、計画の撤回を含めて、都が国に強く迫るよう求める請願、陳情が提出をされています。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 平成29年12月7日付の警察庁交通局の発出資料によると、平成28年度末までに全国3,105ヵ所でゾーン30が整備され、一定の交通事故抑止効果及びゾーン内における自動車の通過速度の抑制効果が認められたとされている。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日県民生活・土木交通常任委員会-03月07日-01号 5 議第86号 損害賠償の額を定めることにつき議決を求めることについて (1)当局説明  久保道路課道路保全室長 (2)質疑、意見等 ◆川島隆二 委員  事故をされたのは、ビワイチをしていた男性ですか。 ◎久保 道路課道路保全室長  そうです。ビワイチの最中に事故に遭われたものです。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 交通死亡事故の発生状況についてである。  棒グラフと、その下の表にあるように、昨年の交通事故死者数は41人で、前年より5人減少したが、赤の折れ線グラフにあるとおり、人口10万人当たりの死者数は5.26人で、全国ワースト1位となった。  事故の特徴としては、ページ上部の1)から3)で掲げているが、高齢者の死者が多いこと。高齢運転者が第一当事者となる事故が増加していること。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 小学校には、警視庁が巡回指導されているのですが、成人層へも指導、啓発が必要で、社会全体に自転車安全利用に向けたルール、マナーを浸透させていくべきと考えます。見解を伺います。  事故の際、自転車が加害者となる場合は、自転車に賠償責任が生じることから、賠償保険の加入促進が必須。近年、賠償金額が高騰する中で、条例により加入を義務づける自治体もふえています。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 その結果、飲酒運転事故件数は、私の知事就任前の平成二十二年の三百三十七件から平成三十年百四十四件まで減少いたしております。地域別では、福岡が六十五件、北九州が四十四件、両地域で全県の四分の三の事故件数を占めているところであります。   もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 昨年夏の記録的な猛暑で児童生徒の熱中症が相次ぎ、小学生が亡くなるという痛ましい事故がありました。異常気象が原因で子供の命が奪われるようなことを二度と起こさないため、学校における空調の設置を促進すべきです。公明党県議団は、昨年十月、小川知事に来年度本県予算編成の要望を申し入れた折、多様な個性が生かされる教育の実現を目指し、全ての学校施設の環境整備について必要な予算措置を図るよう提案しました。 もっと読む
2019-01-24 広島県議会 2019-01-24 平成31年紙屋町周辺地区活性化推進特別委員会 本文 そうした中で、人が中心となるネットワークということで、誰もがスムーズに回遊できるまちでありますとか、歩いて楽しい、人が中心となるまち、かつ歩きやすい歩行空間、自転車などによりまして誰もが快適に移動できる空間、誰もが利用しやすい交通拠点といった5つのことを念頭に置きながら、回遊ネットワークをつくってまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年文教公安委員会 本文 開催日: 2019-01-21 しかしながら、交通死亡事故につきましては、発生件数は39件で前年より減少したものの、複数の死者を伴う交通事故が3件発生したことにより、死者数は45人と、残念ながら、前年を3人上回る結果となっております。   もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-01-08 平成二十九年五月施行の自転車活用推進法に基づきまして、県は、国の自転車活用推進計画を勘案して、地域の実情に応じて、自転車通行空間や駐輪場の確保、交通ルールの周知、サイクルツーリズムの普及などの取り組みを総合的に推進するため、福岡県自転車活用推進計画を策定するものでございます。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十 自転車走行空間の整備については、区市町村により差が出ないよう推進するとともに、関係各機関と検証し、設計段階から事故防止に取り組まれたい。  十一 ラムサール条約湿地の登録に当たり、葛西臨海水族園で得た知見をいかし、三枚洲に生息する貝類の研究を進め、海洋環境の保全に貢献されたい。  十二 葛西臨海公園において、江戸川区等の関係機関と連携した防災訓練を、引き続き実施されたい。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 いずれも、生活環境部職員が起こした公用車による事故に関し、その損害賠償額を専決処分したものです。  公用車の運転については、交通法規を遵守し安全運転に努めるよう、機会があるごとに注意喚起を行っているところですが、改めて職員に対し周知徹底を図り、交通事故の防止に努めてまいります。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 撤去後は、自転車の交通環境整備などを進めている」との答弁がありました。  委員からは、「道路の有効活用を図るため、必要性を検証していただきたい」との要望がありました。  これらの審査の結果、議案第八一号については、取り扱い意見として、「予算の目的に沿った効果的かつ効率的な執行がなされ、一定の成果があったものと認められる。 もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 初めに、教育委員会関係については、第3期群馬県教育振興基本計画について、部活動の運営方針について、県立図書館の書籍の購入方法について、審判員の確保や育成について、大会の平日開催について、専門(実業)高校における進路指導について、県立高校の空調設備整備について、県立高校の学校運営費予算の推移について、自動販売機設置場所の貸付料収入について、母校応援ふるさと納税について、中高校生の自転車事故について、教職員 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 この間、和歌山県で国体のレガシーと一緒に観光課のほうにも行かせてもらって、和歌山県では「ほんまもん体験」ということで、いろいろな体験とあと「サイクリング王国わかやま」というのを去年から始めて、自転車を活用した交流人口の拡大とやっていたが、一つ思ったのが、その職員さんが「サイクリング王国わかやま」のことをすごく楽しそうに僕に説明してくれていたのである。 もっと読む
2018-12-14 福岡県議会 平成30年 警察委員会 本文 開催日: 2018-12-14 他方で、県内には、御案内のとおり、いまだ全国最多の五つの指定暴力団が主たる事務所を置いているほか、飲酒運転事故の発生件数、あるいは性犯罪認知件数の高水準での推移、さらに、ニセ電話詐欺手口の多様化、巧妙化、あるいはサイバー空間の脅威の現実化など山積みする治安課題がございますので、こうしたものへ対応していくという課題がございます。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 唯一、多摩地域で広域的に実施される自転車ロードレースは、東京、武蔵野の森公園をスタートし、都内八市を通り、富士スピードウェイにゴールします。八市の市長が、東京二〇二〇大会における自転車ロードレースについて共同声明を発表し、多摩地域全体の振興につながるよう各市で連携した取り組みを行うとしております。   もっと読む
2018-12-12 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月12日-06号 続いて、本県が力を入れて取り組んでいるビワイチですが、その充実を図るためには、琵琶湖の周囲を走れる自転車道の整備であり、湖岸に沿った専用道を延伸することであると思います。  その調査として、ことし5月の連休明けに、自転車議連で台湾の湖、日月潭に行き、レンタサイクルで湖の周りを走ってきました。 もっと読む
2018-12-11 福岡県議会 平成30年12月定例会(第11日) 本文 原子力災害対策指針で、三十キロ圏の自治体は、福島第一原発事故が起こる前の十キロ圏の自治体と同様の位置づけがされたわけです。福島第一原発の事故の反省と教訓を踏まえた、国の原子力災害対策指針の見直し結果を、全く無視して平然としておられる知事の答弁は受け入れがたいものです。玄海原発問題に対する小川知事の姿勢は、原発に隣接している福岡県のリーダーとしては全く不十分だと言わざるを得ません。 もっと読む