運営者 Bitlet 姉妹サービス
9510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 まず、執行部から、県道熊本玉名線の福祉会館前から市役所前に至る交通車線の拡幅工事の計画について説明がありましたほか、最近の県内における交通事故の多発にかんがみ、委員から、長距離輸送トラック運転者の労務管理について行政指導の徹底を図ること、またシートベルト着用励行者に対する表彰体制について、さらに自動二輪車の運転免許取得に係る年齢制限の引き上げについてなどの要望が出されたほか、熊本の空の玄関道と言われている もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 当然、住民からは、騒音、落下物や墜落事故、大気汚染、資産価値の低下など、命と暮らしが脅かされることへの不安、そして計画の撤回を求める声が上がっています。  みなとの空を守る会による住民アンケートでも、我が党の品川区議団のアンケートでも、中止や反対は八割を超え、都議会には、延べ七千人以上の都民の方々から、計画の撤回を含めて、都が国に強く迫るよう求める請願、陳情が提出をされています。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 小学校には、警視庁が巡回指導されているのですが、成人層へも指導、啓発が必要で、社会全体に自転車安全利用に向けたルール、マナーを浸透させていくべきと考えます。見解を伺います。  事故の際、自転車が加害者となる場合は、自転車に賠償責任が生じることから、賠償保険の加入促進が必須。近年、賠償金額が高騰する中で、条例により加入を義務づける自治体もふえています。 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十 自転車走行空間の整備については、区市町村により差が出ないよう推進するとともに、関係各機関と検証し、設計段階から事故防止に取り組まれたい。  十一 ラムサール条約湿地の登録に当たり、葛西臨海水族園で得た知見をいかし、三枚洲に生息する貝類の研究を進め、海洋環境の保全に貢献されたい。  十二 葛西臨海公園において、江戸川区等の関係機関と連携した防災訓練を、引き続き実施されたい。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 いずれも、生活環境部職員が起こした公用車による事故に関し、その損害賠償額を専決処分したものです。  公用車の運転については、交通法規を遵守し安全運転に努めるよう、機会があるごとに注意喚起を行っているところですが、改めて職員に対し周知徹底を図り、交通事故の防止に努めてまいります。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 撤去後は、自転車の交通環境整備などを進めている」との答弁がありました。  委員からは、「道路の有効活用を図るため、必要性を検証していただきたい」との要望がありました。  これらの審査の結果、議案第八一号については、取り扱い意見として、「予算の目的に沿った効果的かつ効率的な執行がなされ、一定の成果があったものと認められる。 もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 初めに、教育委員会関係については、第3期群馬県教育振興基本計画について、部活動の運営方針について、県立図書館の書籍の購入方法について、審判員の確保や育成について、大会の平日開催について、専門(実業)高校における進路指導について、県立高校の空調設備整備について、県立高校の学校運営費予算の推移について、自動販売機設置場所の貸付料収入について、母校応援ふるさと納税について、中高校生の自転車事故について、教職員 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 この間、和歌山県で国体のレガシーと一緒に観光課のほうにも行かせてもらって、和歌山県では「ほんまもん体験」ということで、いろいろな体験とあと「サイクリング王国わかやま」というのを去年から始めて、自転車を活用した交流人口の拡大とやっていたが、一つ思ったのが、その職員さんが「サイクリング王国わかやま」のことをすごく楽しそうに僕に説明してくれていたのである。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 唯一、多摩地域で広域的に実施される自転車ロードレースは、東京、武蔵野の森公園をスタートし、都内八市を通り、富士スピードウェイにゴールします。八市の市長が、東京二〇二〇大会における自転車ロードレースについて共同声明を発表し、多摩地域全体の振興につながるよう各市で連携した取り組みを行うとしております。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年経済建設委員会 交通事故防止対策の一環として、交差点付近やカーブなどの危険箇所にカラー舗装がされている道路がふえているが、その効果をどのように捉えているのか、今後の整備方針とあわせて道路課長にお伺いします。 上坂道路課長 県内においては、これまで、国、県、市町村の各道路管理者が交通事故の防止のため、交差点付近や通学路などにおいて路面のカラー化を実施し、ドライバーに注意を促す交通安全対策を行っております。   もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 交通安全対策ですが、飲酒運転、重大事故につながる悪質、危険な行為でございますが、本県の飲酒運転による事故の発生状況はいかがでしょうか、警察本部にお伺いいたしますとともに、もう一つは飲酒運転常習者の中にはアルコール依存症や予備軍が隠れていることが多いとも指摘されておりますが、県警の飲酒運転根絶対策についてお伺いをし、全ての質問を終わります。  大変に超過になりまして申しわけありません。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 また、このような状況の中で、29年度の児童・生徒の交通事故の発生状況を見ますと、中学生の死傷、死亡者はいないんですけれども、負傷者数は62人、高校生は285人で、高校生の交通事故が大変ふえているという状況でございます。   もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 7の交通事故から県民を守る対策についてである。まず、(1)の交通事故の発生状況であるが、10月末現在の交通事故死者数は28人で、前年より8人減少をしている。   もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月10日-01号 お持ちの自転車事故を起こしてしまった場合の、賠償についてのお尋ねということでございます。  自転車をお持ちの方が、もし万が一自転車の利用によって他人にけがをさせてしまったり、最悪の場合亡くなったりするケースがございますけれども、その際には、あくまで個人と個人の方の間での損害賠償ということで、今現在も民事の請求という行為がございます。   もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会文教警察常任委員会(警察本部関係)−12月07日-01号 ◆角倉邦良 委員   道路標示は、交通事故防止上、最も重要な交通安全施設であり、必要性も高いと思うが、県警察の見解について伺いたい。 ◎星野 交通部長   委員ご指摘のとおり、道路標示は、信号機、道路標識同様に交通事故防止上、重要な交通安全施設である。来年度以降も、増額要求していきたい。 もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会文教警察常任委員会(教育委員会関係)−12月07日-01号 最後に、中高生の自転車の安全対策についてお聞きしたい。中高校生の自転車事故については、5月〜7月に事故が多いと聞くがその理由について伺いたい。 ◎小林 健康体育課長   はっきりとした原因は不明であるが、生徒が新学年を迎え、慣れが発生する時期であり、そこから油断が生じ、安全確認等が疎かになることが原因の1つと推測している。 もっと読む
2018-12-07 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月07日-02号 昨年十二月、川崎市では女子大生がスマホを操作しながら電動アシストつき自転車を運転し、歩行中の女性に衝突して脳挫傷などにより死亡させる事故が発生しました。この女子大生は八月に執行猶予つきの有罪判決を言い渡されています。このようなスマホ等を操作しながら自転車を運転した人が歩行者を死傷させる事件が全国では四十五件も発生しており、到底看過できない状況になっております。 もっと読む
2018-12-05 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月05日-10号 しかし、その後、進捗が報じられず、開発元のJR北海道でも脱線・火災事故をはじめとする不祥事が相次ぎ、さらには、北海道新幹線に資金を集中する方針により、計画が頓挫した経緯があります。  しかし、2017年、徳島県の阿佐海岸鉄道におきまして、2020年東京オリンピック・パラリンピックの年を目指して、導入が決定されました。 もっと読む
2018-12-03 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月03日-09号 中高生の自転車事故率がワースト1という民間会社の調査ですけれども、自転車の安全利用促進委員会というところの調査で、不名誉ですけれども、事故率が3年連続で1位が群馬県ということであります。いかにしてこれを脱却するかということが非常に大切なのかなと思いますけれども、その利用促進委員会が考える群馬県の情報についてちょっと読ませていただきます。   もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 残念ながら、答弁はいずれも事案の真相究明に向け、拉致の可能性を含め、事件、事故等、あらゆる可能性を念頭に捜査・調査をしているとのことであります。この3名については、北朝鮮による拉致と断定することができないものか、お伺いをいたします。 もっと読む