478件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2021-03-26 2021-03-26 令和3年第1回定例会(第7号)(速報版) 本文

また、令和三年度当初予算案は、コロナ禍により大きな影響を受けた社会経済早期回復に向けた取り組みのほか、我が党が求めたことし一月にさかのぼっての出産応援事業や、地域を元気にするプレミアムつき生活応援商品券高齢者への肺炎球菌ワクチン接種自己負担軽減都認可以外の通信制高校授業料実質無償化など重要な施策が盛り込まれ、前年度比で約七百億円増となる七兆四千二百五十億円となっています。  

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

次に、高齢者肺炎球菌ワクチンについて質問します。  コロナ禍で都民の命を肺炎から守るため、都は、都議会公明党の一貫した提案に応じ、令和三年度予算案高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種補助を打ち出しました。新型コロナウイルスは、肺に大きな影響を及ぼすため、重症化リスクが高い高齢者の命を守る上でも重要な政策です。  

北海道議会 2020-11-09 令和2年決算特別委員会第1分科会-11月09日-03号

◎(古川地域保健課長) 感染症発生状況についてでございますが、感染症法に基づく全数把握対象となる感染症のうち、昨年、道内で発生の届出が最も多かったのは、結核で667件、次いで百日せきが554件、梅毒が135件、侵襲性肺炎球菌感染症が134件などとなっており、近年、結核減少傾向にございますが、梅毒及び侵襲性肺炎球菌感染症増加傾向にございます。  

香川県議会 2020-11-05 令和2年11月定例会(第5日) 本文

このほか、インフルエンザ肺炎球菌ワクチン接種状況コロナ第三波への対応子育て家庭への支援、小学校におけるプログラミング教育、色覚に困難を抱える子供たちへの配慮、学校における働き方改革に係る一年単位の変形労働時間制、新県立体育館、小・中学校における問題行動等対策等々についても、意見、要望を交えながら理事者の見解をただしたのであります。  

福島県議会 2020-09-24 09月24日-一般質問及び質疑(代表)-02号

感染リスクが高い高齢者基礎疾患のある子供などを優先してインフルエンザワクチン肺炎球菌ワクチンを十分確保し、接種費用を公費で負担すべきと思いますが、県の考えを伺います。 県の検査医療体制は、現在1日当たり600体の検査を可能とし、病床確保は469床、軽症者向けのホテル、宿泊療養施設は160室を確保しました。 

千葉県議会 2020-09-04 令和2年9月定例会(第4日目) 本文

子供定期予防接種には、肺炎球菌B型肝炎、はしか、結核など13疾病に対するワクチンがあります。しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、これらの予防接種を控える動きがあります。自粛に加え、通院による新型コロナ感染への不安が背景にあるようです。しかし、適切な接種時期からおくれれば、それだけ子供が病気にかかるリスクも大きくなるのです。時期を逃した子供に対し、救済が必要です。  

香川県議会 2020-09-03 令和2年9月定例会(第3日) 本文

定期接種対象は、ヒブ、小児肺炎球菌、風疹などがあり、市町実施主体となり、その費用は今現状では無料となっております。なお、市町の財源の約九割を国が交付税措置しております。  しかしながら、小児白血病小児がんなどにより骨髄移植や抗がん剤治療を受けると、それまでに予防接種で得た抗体がなくなり、その効果が期待できなくなります。

香川県議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第1日) 本文

医療提供体制整備につきましては、帰国者接触者相談コールセンター運営期間延長警察施設幼稚園等における衛生用品衛生環境確保環境保健研究センター民間検査機関等検査機能と各保健所対応能力の強化、帰国者接触者外来整備支援入院医療機関空床等の補償と設備の整備支援の拡充、医療機関等感染拡大防止対策及び医療従事者慰労金対象拡大、新たな軽症者等受入れ施設確保インフルエンザ及び肺炎球菌感染症

香川県議会 2020-09-01 令和2年[9月定例会]文教厚生委員会[健康福祉部、病院局] 本文

そういった中で、その方は、肺炎球菌の助成はどうなるのだろうかと言っていました。私自身、まだまだ勉強不足で、それに対して十分には答えられなかったのですが、今定例会補正予算案の中で、委員会説明資料の21ページにもありますが、インフルエンザ等感染症対策についてお話がありました。これから先、インフルエンザワクチン接種や、肺炎球菌などについても心配される御高齢の方がいると思います。

石川県議会 2020-06-18 令和 2年 6月第 3回定例会−06月18日-03号

特に生後三か月までに受けるとされている小児用肺炎球菌ワクチン接種率は、二〇一九年十二月の九一%から二〇二〇年四月では七四%まで落ちています。石川県内での予防接種率はどのようになっているのか、お聞きします。また、予防接種重要性の啓発はどのようにするのかも併せてお聞きします。  

長野県議会 2020-03-05 令和 2年 2月定例会県民文化健康福祉委員会-03月05日-01号

少し前の話になるんですけれども、その他に挙げられた質問としては、役場で行った専門対策会議保健所に連絡すべきかという、地元役所からの問合せがあったりですとか、中国から帰省をして、特に症状はないのだけれども、会社から保健所に連絡するように言われたから連絡しましたといったもの、インフルエンザ肺炎球菌ワクチン予防接種は効くのかという相談だとか、あと、オリンピックは開催しても大丈夫かとこういった相談で、

栃木県議会 2020-02-28 令和 2年 2月生活保健福祉委員会(令和元年度)-02月28日-01号

◎柏瀬 健康増進課長 検査目安につきましては、国のほうで、委員ご指摘のとおり、発熱が4日以上とか、強いだるさとかの方が一つの目安になっているところでございますが、医師の診断によりまして新型コロナウイルス感染症感染が疑われる方、それ以外のインフルエンザですとか、肺炎球菌ですとか、そういったほかの肺炎になるような要因が否定されたような方につきましては、これまでもPCR検査をやっていますし、これからも

長野県議会 2020-02-21 令和 2年 2月定例会本会議-02月21日-04号

4年前の熊本地震や一昨年の西日本豪雨の際にも発表されましたが、その中では、避難所での過密状態が継続すれば肺炎リスクが高まることが指摘されており、災害時の感染予防の観点からも、接種していない方への対策は重要であります。  肺炎予防に有効なワクチン接種率を高めるためには、日頃からの丁寧な周知が必要です。

宮城県議会 2020-02-01 02月27日-05号

憂慮すべきは、現時点で感染拡大の一途をたどる新型肺炎との関係です。水際対策という段階を超え、国内どこにいても感染する市中感染が指摘されるようになってまいりました。実際既にインバウンドはもちろん国内旅行客のキャンセルもふえ、日本人の旅行マインドはかなり冷え込んでいます。終息の時期によっては、その後の風評被害も含め、宿泊税どころではなくなる可能性もあります。

佐賀県議会 2019-11-02 令和元年11月定例会(第2日) 本文

また、定期接種であるHibワクチン──小児用肺炎球菌ワクチンB型肝炎ワクチン、四種混合ワクチン風疹ワクチン麻疹ワクチン水痘ワクチンなどは、一回の接種費用が約一万円前後であり、定期接種で一般的に行われている数種類のワクチン同時接種を行うと、一日で数万円が必要となります。そして、その必要な再接種を全て受けるとなると、二十万円前後の費用がかかり、経済的な負担はかなり大きいものになります。