運営者 Bitlet 姉妹サービス
38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 島根県議会 平成30年9月定例会(第8日目) 本文 最近では、4月の大田の周辺で起こった地震、7月の中国、四国、近畿を中心とした豪雨、そして9月に入って台風21号、そして北海道で起こった地震があります。  自然災害において多くの犠牲になられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々へ心よりお見舞いを申し上げます。また、一日も早い復旧復興を願うものでございます。  そんな中で、我々は、災害時に安全で安心のできる避難を学ばなければなりません。 もっと読む
2018-02-01 島根県議会 平成30年2月定例会(第5日目) 本文 平成30年1月の速報値を見ますと、全国で在留外国人は247万人であり、島根県でも着実に外国人労働者が増加しております。るる申し上げたとおり、不足する産業人材の確保を外国人労働者の導入で図ることは必然ですが、現状を見ますと十分な準備がされているとは思えません。属人主義をとる日本では、日系外国人であれば定住できるのであり、不足する地域の担い手や消防団員として活動することも十分可能であります。 もっと読む
2017-11-01 島根県議会 平成29年11月定例会(第6日目) 本文 また、国からは、携帯電話会社を通じまして緊急速報メールやエリアメールにより、情報が各個人の携帯電話やスマートフォンに配信されるほか、放送事業者を通じてテレビやラジオなどでも配信をされます。  県や市町村は、住民の方々に確実に緊急情報が伝達できるよう、今後とも国と連携して取り組んでまいります。 もっと読む
2017-09-21 島根県議会 平成29年_議会運営委員会(9月21日)  本文 北朝鮮からのミサイルの発射時のみならず、地震などの大規模自然災害発生時にもJアラートの情報を即時に認知する必要があります。本会議及び委員会などの会議の開催中に緊急速報メールによりJアラートの情報を受信するため、今後は、書記及び関係執行部職員に、マナーモードにした上で、携帯電話の持ち込みを許可することとしたいと思いますが、いかがですか。               もっと読む
2017-09-01 島根県議会 平成29年9月定例会(第4日目) 本文 また、内閣府が発表したことし4月から6月期の国内総生産GDP速報値は、実質で前期比1%増、年率換算で4%増と大幅に伸び、プラス成長は6四半期連続であります。牽引役は内需の柱の個人消費と設備投資で、ともに小幅な伸びが続いていましたが、今回は消費増税前の2014年1月から3月期以来の高い上昇率を記録をしています。   もっと読む
2017-06-01 島根県議会 平成29年6月定例会(第5日目) 本文 また、昨年4月に発生した熊本地震の際には、被災者支援や復旧活動を迅速に行う上で、高速道路は非常に大きな役割を果たしました。このように、高速道路は、産業振興や地域振興、県民の安全・安心な暮らしの確保などに大きく寄与することが期待されております。  次に、山陰道全線開通に向けた本県の負担見込み額についてでございます。   もっと読む
2017-03-09 島根県議会 平成29年_文教厚生委員会(3月9日)  本文 医療施設の耐震化への支援につきましては、下の参考に記載しておりますけれども、国の医療施設耐震化臨時特例交付金を財源に基金を造成し、大規模地震等の災害時に重要な役割を果たす災害拠点病院等が行う新築や耐震補強工事に対し補助してまいりました。1の廃止する理由に記しておりますが、この基金事業が平成27年度で終了し、本年度基金残額の精算も完了いたしましたので、本条例を廃止しようとするものでございます。   もっと読む
2017-03-08 島根県議会 平成29年_農水商工委員会(3月8日)  本文 今回は、速報という形で人数を中心に御報告をさせていただきましたけども、今後さらに分析をいたしまして、観光消費額などについて、改めて御報告をさせていただく予定にしております。以上です。 もっと読む
2017-03-08 島根県議会 平成29年_総務委員会(3月8日)  本文 そのほか、7番、県政振興調査費のほうでは、緊急に実施する必要のある調査等に対応するための政策企画推進費を枠予算で計上させていただいております。 もっと読む
2016-12-09 島根県議会 平成28年_文教厚生委員会(12月9日)  本文 対象は、火災や地震発生時に自力で避難することが困難な方が入所しておられる施設となっております。実績としては、表にありますように、耐震化整備は12施設で19億9,000万円余、スプリンクラー整備は71施設で3億6,000万円余でした。耐震化整備については、当初予定していた全ての建物ではなく、耐震診断により一部施工となった施設があったため、執行額が低減しております。 もっと読む
2015-12-11 島根県議会 平成27年_総務委員会(12月11日)  本文 先月の16日ですけども、地震・津波防災対策検討委員会、これ県の主催の会議でございますけど、の第1回会議を開催したところでございまして、これは昨年9月に日本海側の津波断層モデルについて国の新しい調査結果、これが公表されたことを受けまして、従来の津波の浸水想定の見直しを検討しようということでございます。 もっと読む
2013-03-13 島根県議会 平成25年_総務委員会(3月13日)  本文 2点目といたしまして、地震被害想定を見直しまして、新たに減災目標を定めて総合的に防災対策を講じることといたしておりますが、これについて、後ほど別途御説明いたしますが、津波防災戦略ということとしておりまして、後ほどもう一度御説明します。   もっと読む
2013-02-01 島根県議会 平成25年2月定例会(第5日目) 本文 また、地震・津波対策といたしまして89億円を計上しております。補正分が9億円、県庁舎、高等学校、県立体育館等の耐震化が9億円、そして当初分では80億円であります。福祉施設、高等学校等の耐震化、これに41億円、防災情報システムの整備に24億円と、こういうことでございます。 もっと読む
2012-11-01 島根県議会 平成24年11月定例会(第3日目) 本文 また、同事業の一室でも耐震改修の補助については、島根県独自の制度でありますが、大規模地震の際、圧死することなく生存できる空間を確保するために、また改修費用を抑えるために有効な対策ではないかと思われます。  そこで、この制度の周知方法と現時点での補助実績についてお伺いをいたします。  次に、減災の観点から緊急輸送道路の確保についてお伺いをします。   もっと読む
2012-10-05 島根県議会 平成24年度決算特別委員会(第2分科会) 本文 開催日: 2012-10-05 決算額は1億7,700万円余で、財源は介護基盤緊急整備等臨時特例基金でございます。  次に、2の地域福祉セーフティーネット推進事業でございますけれども、この事業は、地域の連帯感を高め、住民相互の助け合いによる地域づくりを進めるもので、実施主体は島根県社会福祉協議会でございます。 もっと読む
2012-10-03 島根県議会 平成24年_農水商工委員会(10月3日)  本文 それから、森林整備課でございますけど、同じく7月の大雨につきまして、出雲市の佐田町で地すべりが起こっておりまして、これにつきまして国の災害関連緊急治山事業の採択が見込まれるということで、5億円の増額補正を行うものでございます。  以上、災害関連公共事業全体では6億8,500万円の増額補正でございます。補正後が21億7,000万円余ということになります。   もっと読む
2012-10-03 島根県議会 平成24年_建設環境委員会(10月3日)  本文 具体的な業務の内容といたしましては、トンネルの施工現場の定期的あるいは緊急事態が発生した場合の調査検討、また、工事の安全性、効率性、品質確保、コスト縮減の観点から最新の知見に基づく助言、提言を受けるものでございます。これは、このトンネルで11回実施しております。こうした検討の結果に基づき対策工を追加したものでございます。   もっと読む
2012-09-01 島根県議会 平成24年9月定例会(第2日目) 本文 こうした中、内閣府の8月速報によれば、個人消費の伸びは鈍化しているものの、このところの日本経済は、震災復興の影響もあり、4・四半期連続してプラス成長を続けているとのことです。 もっと読む
2011-12-13 島根県議会 平成23年_地方分権・行財政改革調査特別委員会(12月13日)  本文 前回、速報ということで粗集計したものを御紹介いたしました。分析を進めておりますので、そのあたりを中心に御説明いたします。  3ページでございます。前回お示ししましたように、県民の皆様方に県の施策について、重要かどうか、満足しているかどうかということをお聞きして、結果を数値化しておりました。 もっと読む
2011-11-01 島根県議会 平成23年11月定例会(第6日目) 本文 58 ◯人事委員会委員長職務代理者(永田伸二) 現在行われている特例条例による給与の減額措置は、県財政が極めて厳しい状況にある中での緊急避難的な措置であると理解しておりますが、このような状態はできるだけ早期に解消すべきであると考えておりまして、昨年の勧告においても、可能な限り早期に本来あるべき給与水準が確保されることを期待するものであると言及してきたところでございます もっと読む
  • 1
  • 2