運営者 Bitlet 姉妹サービス
34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 その内容は、憲法9条に自衛隊を書き込み、緊急事態条項を設けることなどとなっています。もしもこのまま実施されれば、自衛隊は現在の9条が定めている戦力不保持の例外として、軍隊として動くことになります。緊急事態条項も、政府が緊急事態を宣言すれば総理大臣と内閣に権限が集約され、国会を通さなくても法律と同じ効果を持つ政令がつくれるようになります。 もっと読む
2017-06-01 千葉県議会 平成29年6月定例会  予算委員会会議録 ◯説明者(飯田健康福祉部長) 小規模保育事業の箇所数は、平成27年4月は53カ所、平成28年4月は130カ所、また本年4月には速報値で186カ所に増加をしております。定員も平成27年は840名、平成28年は2,130名、本年は速報値で3,093名へと増加しております。小規模保育事業は、特に都市部において、待機児童の多いゼロから2歳児の保育の受け皿拡大に寄与しているところでございます。 もっと読む
2016-06-01 千葉県議会 平成28年6月定例会(第2日目) 本文 国においては、昨年3月に人材確保や規制の弾力化などの5本の柱から成る待機児童解消に向けた緊急対策が発表され、先月、政府の中長期施策ニッポン一億総活躍プランが取りまとめられたところです。この中では、保育士の処遇改善や保育の受け皿の拡充について新たな施策が打ち出されています。 もっと読む
2015-12-01 千葉県議会 平成27年12月定例会(第2日目) 本文 今回の訓練は総務省消防庁主催の全国訓練であり、直下型地震及び海溝型地震が連続して発生し、本県で最大震度7を観測し、インフラの損傷やコンビナート火災、津波浸水などの被害が発生した想定のもと実施され、全国各地から本県に参集した緊急消防援助隊と県内消防本部を合わせ、約600隊が参加するという大がかりなものとなりました。 もっと読む
2015-10-14 千葉県議会 平成27年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2015.10.14 中でも、鬼怒川の堤防が決壊するなどの被害のございました茨城県の被災地に対しましては、本県から緊急消防援助隊千葉県大隊として193名が派遣されたほか、災害派遣医療チームや保健師のチーム、警察本部の広域緊急援助隊が派遣されております。なお、今回の大雨による大きな被害のございました茨城県、栃木県及び宮城県の3県に対しましては、本県から見舞金を贈呈することといたしました。 もっと読む
2014-09-01 千葉県議会 平成26年9月定例会(第5日目) 本文 県が4市1組合から緊急要望を受け、森田知事の御英断により私の地元にある手賀沼終末処理場内に一時保管場所を設置し、松戸市、柏市、流山市のごみ焼却灰の保管を開始してから1年9カ月が経過いたしました。 もっと読む
2014-09-01 千葉県議会 平成26年9月定例会(第6日目) 本文 市町村の伝達手段は防災行政無線だけではなく、緊急速報メールによる伝達等も行われているとはいえ、より多くの手段により住民に情報を伝達することが重要であり、県としても取り組むべき課題であると考えています。  そこで伺います。災害時の住民への情報提供をどう行っていくのか。   もっと読む
2010-12-01 千葉県議会 平成22年12月定例会(第6日目) 本文 浦安2期地区、新町地区は海に面した行きどまり地域であり、埋立地であることから、地震時の液状化も懸念されており、避難路である道路の安全確保は重要であると考えます。そして、その道路に埋設されている下水管渠等の耐震化も必要不可欠であると言えます。  そこで2点お伺いいたします。  浦安2期地区の避難路となる主要幹線の地盤改良はどのように行われてきたのか。 もっと読む
2010-12-01 千葉県議会 平成22年12月定例会(第2日目) 本文 体育及びスポーツ活動を通じて、次代を担う子供たちの体力の向上を図っていくことが緊急の課題であります。  第2に、県民の健康意識の高まりが挙げられます。レジャー白書2010によれば、余暇の楽しみ、目的として健康や体力の向上を目指す、これを求める者の割合が平成22年は48.7%を占め、平成9年の40.2%から大きく増加しています。 もっと読む
2009-12-15 千葉県議会 平成21年_総務常任委員会(第2号) 本文 2009.12.15 繰入金につきましては、市町村における緊急雇用創出事業の前倒し実施に係る補助金の財源として基金から繰り入れるものでございます。  以上で歳入について御説明いたしました。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 ◯委員長(木下敬二君) 岩崎消防地震防災課長。 ◯説明者(岩崎消防地震防災課長) 消防地震防災課に係る歳出補正予算について御説明いたします。   もっと読む
2009-12-01 千葉県議会 平成21年12月定例会(第8日目) 本文 なお、審査の過程において当局から詳細な説明があり、質疑が行われたのでありますが、その主なものを要約して申し上げますと、議案第8号に関して、「下水道管を予備的なものとして2本敷設し、処理場につなげるとしているが、その根拠となる考えを示した文書はあるのか」との質問に対して、「国が示す下水道の地震対策マニュアルでは、下水道管渠のネットワーク化を図り、地震などの非常時における安全性の向上のため、処理場への流入 もっと読む
2001-02-01 千葉県議会 平成13年2月定例会(第2日目) 本文 また、個に応じたきめ細かな指導体制づくりのため、ティーム・ティーチングのための教員や緊急地域雇用特別基金による非常勤講師等を活用して学習集団の小人数化を推進してきたことは評価できるものと考えます。国では、十三年度から基礎学力の向上ときめ細かな指導体制づくりを目指した第七次公立義務教育諸学校教職員定数改善計画をスタートさせようとしています。 もっと読む
2000-09-01 千葉県議会 平成12年9月定例会(第3日目) 本文 しかし、北海道の有珠山、三宅島の噴火、伊豆諸島の群発地震、また東海地方の豪雨の方々には、いまだに避難、自宅にも戻れず、心配、御心痛は非常なものがあろうと思います。心からお見舞いを申し上げたいと思います。  それでは通告に従いまして、民主・未来を代表いたしまして県政の諸課題について御質問を申し上げます。  まず、財政問題についてお伺いをいたします。   もっと読む
2000-09-01 千葉県議会 平成12年9月定例会(第5日目) 本文 本年三月下旬から北海道の有珠山の火山活動、また六月下旬からは東京都三宅島の火山活動と、それに伴う伊豆諸島近辺における地震の頻発など、大規模な、また長期にわたる噴火・地震災害が発生しております。 もっと読む
2000-09-01 千葉県議会 平成12年9月定例会(第6日目) 本文 こんな状況では、いざ地震や有事の際に千葉県に情報が入らず、千葉県の高度な、そして高価なネットワークシステムが生かされないのではないでしょうか。本県の危機管理能力は大丈夫か大変に不安であります。  そこでお伺いいたします。市町村レベルの防災課が消防局とオンラインで結ばれ、その情報が即、県の防災課に伝わるシステムが絶対に必要であります。 もっと読む
2000-06-01 千葉県議会 平成12年6月定例会(第7日目) 本文 南極上空では、オゾン層が破壊された結果、毎年オゾンホールが出現しており、気象庁の観測速報によれば、平成十一年度のオゾンホールは、過去最大であった平成十年より若干小さいものの、大規模なものもあり、北極域においては、本年一月から三月にかけて、北極域の高度十八キロメートル付近では過去最大のオゾン層の破壊が観測されたとのことであります。 もっと読む
1999-06-01 千葉県議会 平成11年6月定例会(第2日目) 本文 また、今月十日に発表された国民所得統計速報によれば、今年一月から三月までのGDP(国内総生産)の伸びは前期比プラス一・九%となり、平成九年の第三・四半期以来、五期連続のマイナス成長からプラスに転じたものとなりました。 もっと読む
1998-09-01 千葉県議会 平成10年9月定例会(第5日目) 本文 現在の農業は国際化の進展や産地間競争の激化等により、足腰の強い経営体の育成が緊急の課題となっております。我が君津地域では稲作を中心に、バラエティーに富んだ農業が展開されています。 もっと読む
1998-09-01 千葉県議会 平成10年9月定例会(第2日目) 本文 被災時におけるライフライン施設である水道の一日も早い復旧や緊急時における円滑な対応は県民にとって極めて重要なことであり、県水道局に寄せる期待は非常に高いものとなっております。  県は平成八年五月に都市直下型地震も加えた被害想定を行うとともに、より具体的な応急対策及び復旧対策などを盛り込んだ千葉県地域防災計画の修正をしております。  そこでお伺いいたします。   もっと読む
1998-06-01 千葉県議会 平成10年6月定例会(第3日目) 本文 このときの司会は外からの方でなく、地震対策課長がなさいました。松戸市に県のよい施設ができたこととあわせて大変喜ばしいことと思います。  以下、質問通告に従い展開させていただきますので、御答弁よろしくお願い申し上げます。  一、財政問題についてであります。  きのう登壇された方たちからも御指摘のとおり、国も県も景気の低迷、雇用の不安等、脱出のめどがつかないまま、六、七年になります。 もっと読む
  • 1
  • 2