64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨城県議会 2019-03-13 平成31年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2019-03-13

移管道路整備費は,県道つくば真岡外1カ所で旧道を市町村へ移管するための路面修繕などを,道路維持諸費は,道路照明の維持管理や道路交通情報の提供などを行う費用でございます。  次に,道路橋梁改築費は8億8,777万5,000円でございます。  排水整備費は,県道羽鳥停車場江戸線外18カ所で側溝等の整備を,道路災害防除費は,国道118号外16カ所で落石・のり面対策を行う費用でございます。  

茨城県議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-03-07

これまでに,つくば市内では現道から分岐する田中交差点から池田南交差点までの南北方向の約1.4キロメートル区間,さらに池田南交差点から西側,県道つくば真岡バイパスまでの約1.4キロメートル区間を暫定2車線で供用しておりますほか,下妻市内の600メートル区間が4車線で完成してございます。  

茨城県議会 2018-03-13 平成30年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2018-03-13

次に,移管道路整備費は県道つくば真岡外2カ所で,旧道を市町村へ移管するために路面補修などを行います。  次の道路維持諸費は,195ページをごらん願います。道路照明の維持管理や道路情報提供などを行う費用でございます。  次に,道路橋梁改築費9億7,463万3,000円でございます。  

茨城県議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2018-03-09

国道354号につきましては,つくば市内の市街地における交通渋滞の緩和や,つくばエクスプレス沿線開発における交通軸の形成などを目的に,県道つくば真岡の真瀬入り口交差点から学園東大通りの大角豆交差点に至る,延長約10.1キロメートルの区間について,平成11年度に都市計画決定しております。  

茨城県議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2018-03-08

これまでに,県道つくば真岡から県道下妻真壁線までの約1.7キロメートル区間について,暫定2車線で供用しており,その南側の県道下妻真壁線から筑西つくば線の現道までの約2.2キロメートル区間について,今月中に供用する予定と聞いております。  しかし,現在2車線で暫定開通する区間では,交通量が増加し,加えて,県道つくば真岡から先の区間が未整備であるため,周辺道路で慢性的に交通渋滞が発生しております。

茨城県議会 2017-11-09 平成29年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2017-11-09

これまでに南北方向の池田南交差点から田中交差点までの約1.4キロメートル区間と,東西方向のバイパス区間のうち県道つくば真岡バイパスより東側の約1.4キロメートル区間について供用開始をしてございます。また,つくばバイパスの東側,約4.8キロメートル区間につきましては,(仮称)つくば東バイパスとして都市計画決定してございます。  

茨城県議会 2017-10-12 平成29年第3回定例会(第5号) 本文 開催日: 2017-10-12

つくば市内の国道354号につきましては,市街地における交通渋滞の緩和や,つくばエクスプレス沿線開発における交通軸の形成などを目的に,県道つくば真岡の真瀬入口交差点から学園西大通りの稲荷前交差点までの延長約7.6キロメートルの区間を4車線のバイパスとして,平成11年度に都市計画決定しております。  

茨城県議会 2017-03-14 平成29年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2017-03-14

まず,広域交通施設整備促進費3億1,502万1,000円につきましては,右側の備考欄1つ目,地域鉄道設備等整備促進費は,真岡,竜ヶ崎線及び大洗鹿島線における車両検査など,鉄道事業者が行う施設整備に対する補助でございます。  その下,地方バス路線等支援事業費でございますが,広域的な路線バスを維持確保するため,運行経費の赤字部分に対し補助をするものでございます。  

茨城県議会 2016-03-09 平成28年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2016-03-09

県道筑西つくば線については,県では,平成9年度から,筑西市村田地区と中根地区との間約7キロメートルの区間について4車線のバイパスを計画しており,現在,このうちの県道つくば真岡から県道下妻真壁線までの区間約1.7キロメートルについて,暫定2車線で供用が開始されています。  

茨城県議会 2015-06-10 平成27年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2015-06-10

現在,この区間のうち,県道つくば真岡から県道下妻真壁線までの区間約1.7キロメートルについて,暫定2車線ではありますが,供用を開始したところであります。  道路の沿線には,精密機械工業技術で世界的企業であるファナックが立地しているつくば明野北部工業団地があり,立地する企業に対して,道路ネットワークによる支援を行っていくためにも,バイパス全線の速やかな整備が求められております。  

茨城県議会 2015-02-12 平成27年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2015-02-12

国道123号桂常北バイパスにつきましては,城里町石塚から上圷地内の820メートル区間が来月30日に,それから国道125号つくばバイパスにつきましては,つくば市池田地内から明石地内の1.4キロメートル区間が,さらには,県道つくば真岡バイパスにおけるつくば市明石地内から高野原新田地内までの1.0キロメートル区間と同時に来月24日に,また,県道美浦栄線につきましては,龍ケ崎市大徳町地内から利根町惣新田地内

茨城県議会 2014-11-07 平成26年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2014-11-07

今後の対応といたしまして,図面の中ほどに池田と枠取りしておりますところの下の波線のところ,1.4キロメートル,これを優先して進めておりまして,同じく現在整備中の縦線になりますが,県道つくば真岡BPと記載しましたバイパスとの交差点から下,国道125号の現道までの縦の区間,県道バイパス1キロメートルと合わせて,来年3月ごろ同時に開通できるよう,工事を進めております。