運営者 Bitlet 姉妹サービス
8072件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 このため、試験研究機関におきましても、野菜や柑橘などの新しい品目、品種の開発に着手しているところでありますが、今後さらにその開発を急ぐとともに、現地においては地域に密着した振興作目の発掘、育成に努めるなど、新しい品目、品種の開発に努めてまいりたいと考えております。  なお、御質問の中で高収量問題についてお触れになりました。 もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 ある統計調査によりますと、男女児童生徒ともに全国水準を若干下回っており、特に女子が劣っているというのは残念でございます。 そこで、体力向上のためのいろいろな方法が考えられるわけでありますが、その一つに、小学校に体育専門の教師を配置することがよい方法ではなかろうかと思うのであります。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 また、外国人旅行者向けの旅行商品をふやすため、自然の中での新たなアクティビティーなどコンテンツの発掘から受け入れ面での磨き上げ、販売までを一体的に行うことで、東京二〇二〇大会後の西多摩エリアへの旅行者数のさらなる拡大につなげてまいります。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 来年度は、活用する特別支援学校を十五校から二十校に拡大するほか、競技スポーツとの出会いの場として、新たに障害者スポーツ次世代ホープ発掘事業を開始いたします。  さらに、東京二〇二〇大会の経験や都立施設の活用なども視野に入れながら、聴覚障害者など、障害者スポーツの大会の支援に向けた調査検討を実施してまいります。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 それから次に、敦賀−大阪間の駅やルートに関する詳細調査についての内容を伺うとともに、スケジュール的には今どのような進捗状況にあるのか伺う。 ◯新幹線・地域鉄道対策監  駅、ルートの詳細調査については、鉄道・運輸機構が一昨年から進めている地形図の作成や、トンネルや高架橋などの構造検討に必要な地質調査が3府県全て今月中に完了する予定と聞いている。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 それでは、産業常任委員会に付託された平成30年度関係の第120号議案及び平成31年度関係の第25号議案、並びに所管事務の調査を議題とする。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 文教委員会 本文 開催日: 2019-02-18 二百三十三ページの二目社会教育施設費一千三百万円余の減額は、調査に係る国の補助金が見込みを下回ったことによるものでございます。  三目文化財保護費五千万円余の減額は、国等から受託した発掘調査の対象面積の減少に伴う発掘調査受託費の減によるものでございます。  四目九州歴史資料館費一千百万円余の減額は、九州歴史資料館改修工事の入札残などによるものでございます。  二百三十四ページをお願いいたします。 もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 この窯は、昭和三十年に社団法人日本陶磁協会の三上次男博士を団長として、日本における初期の窯業生産の実態を明らかにすることを目的に、発掘調査が実施されました。十日間の発掘調査でありましたが、全長四十メートルを超える登り窯の本体が明らかにされ、多数の陶片が出土しました。その成果は雑誌上にて公表されております。 もっと読む
2019-01-22 福岡県議会 平成31年 スポーツ振興・国際交流推進調査特別委員会 本文 開催日: 2019-01-22 ヒットへ(全 0 ヒット) 1    平成三十一年一月二十二日(火曜日)    午 前 十 時 五 十 九 分 開 会 ◯秋田章二委員長 それでは、定足数に達しておりますので、ただいまから、スポーツ振興・国際交流推進調査特別委員会 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年文教公安委員会 本文 開催日: 2019-01-21 13 ◯吹越交通部長  バイパスなどの新たな道路の開通や小学校などの統廃合、公共施設、大型商業施設などの新設、移転、または閉鎖による交通量や道路環境が変化した場合には、交通実態を調査するとともに、地域住民や道路利用者の方々の意見を踏まえつつ、信号機の設置、移設及び撤去を進めているところであります。   もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-01-21 先ほど伊藤課長が労働力不足は喫緊の課題という御答弁を越前委員にお話ししていましたけれども、知事の記者会見を見ても、切羽詰まっている、外国人に頼らなければならないという感じは受けなくて、むしろ県内の働き手を発掘することに主力を置きたいという意味合いの記者会見であったと記憶しています。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日商工観光公安委員会-12月19日-01号 ─────────┤ │3 出席委員  増江委員長、車副委員長、橋本委員、山口委員、中村委員、    │ │        吉崎委員、下沢委員、稲村委員、盛本委員            │ │        (欠席:なし)                        │ ├───────────────────────────────────────┤ │4 出席職員  東課参事兼課長補佐、関屋調査専門員 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 │ │(4)委員会の所管事務調査事項については、議会閉会中も継続審査する旨、議長に申し出る│ │  こととした。                                   もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 県民生活局関係で、鶴丸城御楼門建設の取り組み状況について、これまでの取り組みについて説明を受けるとともに、文化庁の基準に基づき、可能な限り史実に忠実な復元とする必要があることから、発掘調査等の成果を踏まえ、瓦工事、金物工事、木工事などの内容に見直しが生じたことで、総事業費が約一億八千万円増加する見込みであることなどの説明を受けた後、論議が交わされました。   もっと読む
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_商工労働企業常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 そのネットワークを活用しまして立地候補企業の発掘、それから企業と市町村とのマッチング、それから、既に立地しているんですが、創業に向けた支援、そういうようなことを、そういうネットワークを活用して取り組んでいきたいというふうに考えているところでございます。 ◯委員長(森  岳君) 臼井委員。 ◯臼井正一委員 ありがとうございました。 もっと読む
2018-12-17 福岡県議会 平成30年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2018-12-17 一番、福岡県の人口につきましては、国勢調査では増加を続けておりますが、人口ビジョンによりますと、一の左の図表のとおり、減少局面を迎えることが予想されております。また、生産年齢人口は既に減少に転じていること。 もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 このほか、商工業振興関連では、 O キャッシュレス化の推進について O 山口県産業技術センターの第三期中期目標(案)について O 中小企業の事業承継について O 県内中小企業の景況判断について  雇用・人材育成関連では、 O 山口しごとプランについて O 働き方改革推進実態調査及び女性就業意識調査調査結果について O 入管法改正に係る県の認識について O 外国人技能実習制度について O 山口県内における もっと読む
2018-12-14 福岡県議会 平成30年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2018-12-14 さらに、(四)にございますけれども、この介護事業所の主務官庁、指導官庁は福岡市でございますけれども、福岡市のほうから、七月に、実際に従事したヘルパー業務時間と介護記録とにそごがある可能性があるから、引き続き調査を行うという情報提供がございました。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 国土交通省が本年の3月時点で全国の計画の策定状況を調査したものが公表されておりますけれども、それによりますと、全国では対象の施設が50,400余のうち約9,000施設が策定済みでございます。本県の状況ですけれども、その調査によりますと、対象となる施設は全体で1,008施設、これは社会福祉施設、医療施設、学校も含まれた数でございます。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 地域危険度調査は、東京都震災対策条例に基づき、昭和五十年よりおおむね五年ごとに調査、公表されており、第八回目の調査では、総合危険度の一位が荒川区町屋四丁目、三位は荒川六丁目となったほか、上位五十位のうち、九町丁目が荒川区となっています。   もっと読む