2876件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

神経芽細胞腫は、主に腹部、特に副腎にできる腫瘍で、初期には腹部のふくらみ、貧血、関節部の痛みなどを起こし、病気が進むと肝臓や頭蓋へ骨転移するもので、死亡率はきわめて高いと言われています。沢田淳京都府立大助教授研究例によると、一歳未満のうちに発見し、患部を摘出すれば七二%が二年間以上生存できるが、二歳以上になって発見されると、この率は一二%に下がることが判明しています。

鹿児島県議会 2019-06-19 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文

共感性は痛みを感じる心、自制心は自分を抑える心であり、自立心につながっていくものであります。  なぜ共感性と自立心が育っていないのか。共感性は、全てを包み込む慈愛、母親の愛によって育つものであり、共感性の欠如の根本的な原因は、家庭における愛着や親との一体感の欠落にあると言われております。

鹿児島県議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

その痛みの帰着点が違う。行政改革痛み行政そのものに帰着し、財政改革の痛み国民生活に帰着する」と述べられました。  行政、我々議会に身を置く者にとり、含蓄の深い、重い言葉であると私は思っております。国民のため、県民のために汗することが我々の役割であることを、四月に県民の負託を受けた者の一人として、常にこれからの活動のど真ん中に置くことを誓いつつ、私の一般質問を終わります。

千葉県議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 発議案

しかし、消費者や中小業者など多くの国民にとって、増税の痛みは消えないばかりか、逆に制度を複雑にして負担と混乱をもたらすことは必至である。  最近の世論調査(5月3日付朝日)でも、10月からの増税に「反対」が65%「賛成」が27%で、半年前の調査と比べ「反対」が15%増え賛成が17%減るなど、世論も大きく変化している。  

群馬県議会 2019-03-12 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号

弱者の痛みに寄り添っていない予算であり、賛成できません。  第16号、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法関係手数料条例は、同法が開発側に偏った内容となっており、賛成できません。  第21号ほか6本の議案は、消費税10%に対応して、使用料や手数料などを改定するものですが、群馬県には消費税の申告義務はありません。したがって、一円も納税をしていません。

群馬県議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会厚生文化常任委員会(こども未来部、健康福祉部及び病院局関係)−03月05日-01号

副作用痛みもあり、細菌によって感染を引き起こし、がん治療の妨げになることを聞いている。そこで、現在どのような体制で診療を行っているか。 ◎遠藤 がんセンター事務局長   現在、歯科医師1人、常勤の歯科衛生士人体制である。 ◎今泉 議員   ここ数年の治療実績はどうか。

滋賀県議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会議(第23号~第31号)-02月28日-06号

このため、具体的な事例も含めた啓発や県民向けの講演会などを通じまして、障害の社会モデルの考え方をこれまで以上に広げることで、障害のある方が社会的障壁によって、どんな困りごとや痛みがあるのか、そのことに気づく力を高めていただき、そして、その社会的障壁をできるだけ取り除いていくことにつなげていくことが大切であると考えております。

千葉県議会 2019-02-03 平成31年2月定例会(第3日目) 本文

また、場合によっては股関節の脱臼や、背中が曲がる側弯症を引き起こし、その多くは痛みを伴うとのことです。  このような重度身体障害者の身体機能の悪化の防止や改善には、ストレッチングや動作訓練などのリハビリが大変有効なものとなりますが、現在の施設報酬では、各施設においてリハビリを実施できる理学療法士などの専門職の十分な配置は難しいというのが現状です。

滋賀県議会 2019-01-22 平成31年 1月22日行財政・働き方改革特別委員会-01月22日-01号

◆節木三千代 委員  毎年度、10億円から十数億円の歳出の見直しを行い、かなり痛みを伴う経営方針であり、我々は認めておりません。そういう中で安土城の復元の話が出てきて、そこに予算を使うのかということで、県民の皆さんから批判の声が出ます。そこにどれぐらいの予算がかかるのかわかりませんけれども、厳しい削減を行う方針の中で、どうするのかという不安があります。

千葉県議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第7日目) 本文

経産省が示すのは、第4次産業革命進行する中で痛みを伴う転換をしていくのか、安定したじり貧をとるのかの判断が求められています。また、転換するならスピードが勝負であり、技術革新を生かしたサービス展開による生産性の向上と労働参加率の増加により、労働人口の減少を克服することもできると警鐘を鳴らしています。

熊本県議会 2018-12-06 平成30年11月 定例会-12月06日−03号

以上で私が準備しました質問は終わりになりますけれども、これから、きょう取り上げた課題は、それぞれがやっぱり、障害者水俣病被害者、そして被災者被害者加害者、定通生と、それぞれの痛みを抱えている県民の皆さんの痛みを最小化していくための取り組みについて申し上げてまいりましたので、ぜひ、言葉ではなかなかはっきりした答弁が出ませんでしたけれども、気持ちは、知事も教育長も含めまして、お持ちだというふうに思

千葉県議会 2018-12-02 平成30年12月定例会(第2日目) 本文

世界保健機関によれば、緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族に対して、痛みや身体的な問題、心理社会的な問題、スピリチュアルな問題などを早期に発見して適切に評価し、治療や処置を行うことによって苦しみを予防したり和らげることで生活の質を改善する取り組みとされています。

宮城県議会 2018-11-26 平成30年 11月 定例会(第366回)-11月26日−01号

冒頭の挨拶で土井亨復興副大臣は、ハード面では目に見える形で復興が進んでいる中で、心のケアなど、被災者の癒えない心の痛みを笑顔に変えるための努力をしているが、復興に当たって解決すべき課題は多いと考えており、本日いただく意見をしっかり活かしていきたいと述べ、次の五つのテーマについてそれぞれ意見交換を行った。