運営者 Bitlet 姉妹サービス
8970件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) 次に、請願第74号「幼児教育・保育の無償、待機児童解消、保育士の処遇改善のための必要な措置を求める意見書提出の件」についてです。  請願要旨にもあるように、今年10月から幼児教育・保育の無償が実施されますが、対象は3歳から5歳児が中心で、ゼロ歳、2歳児については住民税非課税世帯のみが対象で、この拡充が求められます。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 100 ◯中井教育長 学校に依頼する調査の縮減につきましては、学校における働き方改革推進プランに基づきまして、実施年度の隔年、対象校の抽出、調査項目の大幅な削減による簡略など、この間、精力的に取り組んできているところでございます。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) まちの安全・安心の確保はもちろんのこと、東京五輪、大阪・関西万博も見据え、インバウンドにも対応するためにも、無電柱の推進は必要不可欠である。  国においては、2016年に無電柱推進法が制定され、それに基づき策定された無電柱推進計画では、2020年度までの3年間で全国の延べ1,400キロの道路で無電柱に着手する目標を盛り込んでいる。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 また、人権尊重条例制定を契機に設置した全庁横断の会議を活用し、庁内における認識の共有に努めております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 福祉保健費については一兆二千二百十四億円を計上し、子供を安心して産み育てられる環境の整備に向け、幼児教育の無償に合わせて、多子世帯に対し都独自の支援を講じるとともに、不妊検査や不妊治療等に対する助成を大幅に拡充してまいります。  また、高齢者が安心して暮らせる社会の実現に向け、認知症の早期発見に向けた検査を推進するなど、より多くの高齢者が活躍できる環境を構築してまいります。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号 平成30年12月末で自主防犯活動団体の数が254団体ありまして、このうち青色回転灯パトロール車については約400台を運用されておりますが、特にその中でも専用車として使われているのが53台、そのうちの50台にはドライブレコーダーを無償貸与して、パトロール中の事件事故遭遇時の記録能力の向上等、防犯活動の活性を図る、さらに見守りの空白地帯はパトロールを強化してもらいます。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 公営や認可外の保育所がありますけれども、今後ずっと無償になって保育士の異動が起こってしまったとき、人手が足りないので何とかしてくれないかという相談はここにできるのですか。そういったことも含めてお願いします。 ◎堀井 子ども・青少年局副局長  保育の現場では、保育人材、保育士の確保が非常に求められております。現在も大津市と一緒にやっている委託事業ですが、保育人材バンクに取り組んでおります。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 記 ┌───────┬──────────────────────────┬────┬─────────┐ │請願・陳情番号│        件          名      │審査結果│経過及び結果の報告│ ├───────┼──────────────────────────┼────┼─────────┤ │ 請願第37号 │幼児教育・保育の無償、待機児童解消、保育士の処遇 │不採択 │          もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 議事日程、本日の会議に付した事件 第60 第120号議案 福井県中小企業者の事業再生のための措置に関する条例の一部改正について 第61 第121号議案 道路改良工事請負契約の締結について 第62 第123号議案 権利の放棄について 第63 第124号議案 権利の放棄について 第64 請願第38号 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の実行を求める意見書提出に関する         請願 第65 請願第37号 幼児教育・保育の無償 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会〔資料〕 請願│学校における教職員の業務改善のため、校長│ │       │             │会長、中体連会長、高体連会長、PTA連合│ │       │             │会、市町教育委員会、教員の代表者で構成す│ │       │             │る「活力ある学校検討委員会」を設置し、こ│ │       │             │の中で、部活動運営や部活動数の適正もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 現在、機構では詳細調査とあわせて、市街、宅地の現状や交差する高速道路などの状況も考慮しながら、環境アセスメントを行うための大まかな駅、ルートの検討を進めており、今月末ごろに公表する見込みとしている。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 エネルギーの多角については、今年度から再生可能エネルギーの導入促進と地域活性の両立を図る再エネ活用地域振興プロジェクトを実施しており、現在、木質バイオマス発電等を検討する越前市の地域協議会に対し、専門家派遣などの支援を行っている。さらに今後は、設備導入に対しても支援を行うことにより、県内企業の参入を促し、地域の活性につながる再生可能エネルギーのさらなる導入を進めていく。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 今月、東京都により、西武新宿線の井荻駅から西武柳沢駅間の連続立体交差計画の都市計画素案説明会が開催されました。  そこで伺います。  西武新宿線の井荻駅から西武柳沢駅間の鉄道立体の取り組みはどのような状況なのか、説明を求めます。  次に、この鉄道立体区間と交差する外環ノ2について伺います。  地域住民の悲願である西武新宿線の連続立体交差事業がいよいよ動き出そうとしております。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 国が現在進める幼児教育無償では、一般的に保育料が高額であるゼロ歳から二歳児の大半がその対象外とされており、子育て世代の経済的負担の軽減は十分ではありません。今般、私たちの要望を受け、予算案には、第一子の年齢にかかわらず、第二子は保育料半額、第三子以降は無償とする都独自の支援策が盛り込まれました。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 先月には、炭素繊維の部材を用いた次世代型の橋梁を工業技術センターにおいて披露したところであり、早期の事業を目指して研究を進めている。  今後は、開発成果の新分野へ転用を支援するなど、福井の産業活性を加速させていく。   もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年警察・商工労働委員会 名簿 海外展開・投資誘致部長、ブラ   ンド推進部長、商工労働総務課長、雇用労働政策課長、働き方改革推進・働く女性応援   課長、職業能力開発課長、イノベーション推進チーム担当課長(中小・ベンチャー企業   支援担当)、イノベーション推進チーム担当課長(ものづくり・新産業支援担当)、イ   ノベーション推進チーム担当課長(イノベーション環境整備担当)、イノベーション推   進チーム担当課長(地域産業デジタル推進担当 もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年警察・商工労働委員会 本文 また、落選したプロジェクトの中には、ひろしまサンドボックスをきっかけに仲間を見つけ、さらにふやし、県が企画したトライアウト──無償で専門家からアドバイスを受けられるという企画にも参加していただき、ブラッシュアップしたプランを生かすために独自で任意補助金を獲得する動きをスタートしていたり、地元の自治体が実証実験をスタートできる支援を検討し始めているという情報もお伺いしております。 もっと読む
2019-02-20 広島県議会 2019-02-20 平成31年生活福祉保健委員会 本文 2 ◯答弁(子育て・少子対策課長) ネウボラにおける市町との連携でございますが、方向性といたしましては、担当者会議の開催や有識者会議への同席などを通じて、取り組みの効果や課題を共有しております。   もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 子育て支援策としては、国は本年10月から0歳児から2歳児までの非課税世帯、また3歳児から5歳児にかかる保育所等の利用者負担を無償とする方針を示しております。また本県ではこれに加えて保育士の業務負担を減らし余裕を持って保育に専念できるよう、さらに離職者を減らすためにも、新年度からでありますが、民間保育園の保育補助者などの確保に対して支援を行い、子育て環境の充実に努めてまいります。   もっと読む
2019-02-13 栃木県議会 平成31年 2月議会運営委員会(平成30年度)-02月13日-01号 また、人口の東京圏への一極集中に歯どめがかからず、地方における労働力不足が深刻しております。  これらの課題に対応するため、国においては、人づくり革命や生産性革命に最優先で取り組むとともに、外国人材の受け入れを拡大し、消費税率引き上げによる影響を緩和するため、あらゆる施策を総動員し、経済の回復基調が持続するよう対応することとしております。   もっと読む