3607件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2019-09-30 令和元年第299回定例会(第5号)  本文 開催日: 2019-09-30

県は事業者とともに、利用者のみならず、県民、特に交通弱者に対し、ローカル路線のニーズに応じるだけではなく、ニーズを掘り起こす、生み出す責務があります。  そこで、人口減少社会における地域公共交通の維持、構築について。  一点目は、持続可能な地域公共交通ネットワークの維持、構築が重要と考えますが、県はどのように取り組んでいくのか。  

富山県議会 2019-09-20 令和元年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

続きまして、九十九ページ、地籍調査なんですが、毎年度、一定、ある程度の規模の地籍調査が順次行われているんですが、この報告の中にもあるとおり、万が一災害等が発生した場合の復元というような課題もあると思うんですが、現在、平成三十年度末で未調査になっている地域というのはどれぐらい残っているのかというのはわかりますでしょうか。

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会危機管理建設委員会-07月03日-01号

ですから、そういう皆さんに対する、弱者に対する対応というのは、その地域ぐるみでやらなければ間に合わないと思うんですね。  ですから、これは要望ですけれども、もっと掘り下げて、市町村地域の皆さんと綿密な計画を立てて対応に備えるということをやっていただきたいと思います。

滋賀県議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会議(第2号~第8号)-06月25日-06号

一方で、近年、相次いでいる台風等の自然災害により緊急に保存修理が必要となるなど、突発的な事態にも柔軟に対応する必要があると考えております。  御質問いただきました年次的な計画につきましては、その必要性は私も十分認識をしておりますことから、大綱策定と並行して、今後、検討してまいりたいと考えております。  

福岡県議会 2019-06-14 令和元年6月定例会(第14日) 本文

そしてまた、公明党の新開議員が言われた弱者の立場でのお話。どうも私は、議場で聞いていても、温かみのある、あるいは弱い立場にある方々を、そういった、知事が再三発言をされている割には、温かみがないんじゃないかなというふうに思います。どうか知事、私、選挙期間中に聞かれたことがあるんです。小川さんは何をされてきたの。私は言葉に詰まりました。

広島県議会 2019-06-03 令和元年6月定例会(第3日) 本文

こうした時代、こうした世界だからこそ、せめて日本だけでも個人の生き方を大事にするとか多様性とか、あるいは弱者に対する優しさといったものを大切にできる国であってほしいと心から願っています。  令和の時代、新しい時代はどんな時代になるのか。人口減少時代、人生百年時代、いろいろなことが言われていますが、ぜひ新しい時代に向けても、今の日本の活力、この心安らぐ社会の雰囲気を大事にしていきたいと思います。

京都府議会 2019-06-01 令和元年6月定例会[巻末掲載文書(目次)]

      ├──────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┼───────┤ │      │      │      │       │       │       │       │       │       │       │       │       │ │      │      │文化財災害

鳥取県議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

改めて平成の30年間を振り返ると、日本全体がそうであったように、鳥取県にとっても鳥取県西部地震、中部地震台風、豪雨、豪雪と、災害の時代であったと言わざるを得ません。世界は気候変動の周期に入っているとされ、今後日本、そして鳥取県は、過去に経験したことのないような大規模自然災害に向き合う必要があると覚悟せねばなりません。  

栃木県議会 2019-05-29 令和 元年 5月文教警察委員会(令和元年度)-05月29日-01号

また、昨日は神奈川県内において、子供が被害となる痛ましい事件が発生しており、お年寄りなど弱者を狙った卑劣な犯罪情報通信技術を悪用した犯罪なども後を絶ちません。さらに、昨年は交通事故死者数が前年に比べ減少したものの、いまだとうとい命が犠牲となっている状況にあります。  安全で安心な地域社会の実現は、全ての県民の共通した願いであり、文教警察委員会に課せられた重要な課題と考えております。  

滋賀県議会 2019-05-27 令和 元年 5月27日厚生・産業常任委員会−05月27日-01号

理由は、去年いろいろ災害が起こったときに、迅速にその状況がつかめないこともあったので、数は網羅できないのですが、アンケートに協力していただける100社から200社程度の企業に対して、自分の会社、あるいはその関係の業界の状況が聞けるような仕組みで、アンケートをとっていこうと考えております。この間も外国人の問題があったので、2月には外国人の状況について聞かせていただいたところです。

京都府議会 2019-05-01 令和元年5月臨時会[巻末掲載文書(目次)]

(調査) 第2条 委員会は、地域コミュニティの維持及び再生の推進、就業  の機会の創出、移住の促進、交流人口の拡大並びに外国人住民等  の生活支援(大規模災害等への対応を含む。)による多文化が共  生する持続可能な地域社会の推進に関する施策(日常生活の支援  策及び交通弱者対策を含む。)について調査し、及び研究する。 (構成) 第3条 委員会は、委員12人をもって構成する。

京都府議会 2019-05-01 令和元年世話人会5月臨時会[ 別紙 ]

(調査) 第2条 委員会は、地域コミュニティの維持及び再生の推進、就業  の機会の創出、移住の促進、交流人口の拡大並びに外国人住民等  の生活支援(大規模災害等への対応を含む。)による多文化が共  生する持続可能な地域社会の推進に関する施策(日常生活の支援  策及び交通弱者対策を含む。)について調査し、及び研究する。 (構成) 第3条 委員会は、委員12人をもって構成する。